応募・面接対策

【面接対策】よくある質問「あなたのモチベーションは何ですか?」(回答例付)

面接では、率直な質問と自由回答形式の質問の両方を受けることがよくあります。自由回答形式の質問は通常、候補者の人柄や仕事のスタイル、資質への理解を深め、職務やチーム、社風にふさわしいかどうかを判断するために用いられます。「あなたのモチベーションは何ですか?」といった質問は、自由回答形式の質問の中でもよく聞かれるため、しっかりと回答できるよう予め準備しておきましょう。

モチベーションは複数の場合もあるため、今回応募した職種に最も関連性が高いものを選びましょう。この記事では、回答を準備するにあたって心に留めておくべきポイントや、参考となる回答例をご紹介します。

面接官がモチベーションについて聞く理由

面接官がこの質問をするのには、主に以下の2つの理由があります。

1. 候補者のモチベーションの源泉が役割と合致しているかどうかを知りたい。
募集職種に関連した役目や経験が、候補者にとって自然にやる気を起こさせるものであるなら、その人は採用企業の求める候補者といえるでしょう。例えば、新聞記者の採用面接で、締め切りに追われる環境やスピード感のある職場にやる気を感じると答えた場合、面接官は、募集職種と候補者が求める職場環境に類似点を見出すことができます。

2. 候補者が自らのやる気を起こすポイントを十分自覚しているかどうかを把握したい。
強みと弱みについて質問する場合と同様に、面接官はモチベーションについて聞くことで、候補者の自己理解度を判断しようとしています。仕事で何をモチベーションにしてきたかについて、よく考えられた自然な説明をとっさにできるような人であれば、仕事にも自発的で、物事を順調に進めていくことができる可能性が高いと見られるでしょう。

この質問には以下のようなバリエーションがあります。

  • ベストを尽くすために自分を駆り立てるものは何ですか?
  • どんなものに影響を受けますか?
  • 何に情熱を注いでいますか?
  • 仕事に行くことが楽しみになる気持ちの源になっているものは何ですか?

「あなたのモチベーションは何ですか?」の答え方

他の面接のよくある質問でもそうですが、好印象を与えるのに一番良い方法は、話の要点を事前に組み立てておくことです。回答を準備する際に役立つ、自分自身を振り返る質問を以下に集めました。

  • これまでの仕事で、素晴らしい一日だったと思えたのはどんな日だったか?
    自分の職歴の中で、充実していたと思う出来事を思い返し、その中から傾向を探します。例えば、困難な目標を達成した、複雑な問題を解決したという共通点があることに気付くかもしれません。この事例では、居心地の良い場所を飛び出して挑戦することや、困難を克服する機会にモチベーションを感じていると言えるでしょう。社会人としての経験がない場合は、インターンやボランティア、学生としての経験から、ベストを尽くした時のやる気の源について考えてみてください。
  • 今の職業や業界を選んだ理由は何か?
    今の職種に魅力を感じた理由について、報酬以外の面で考えてみましょう。他人を助ける力を持っていたり、発想力を発揮することに喜びを感じているのかもしれません。例えば、教員なら、生徒の学びを支え、彼らが素晴らしい成果を出した時に満足感を得る人もいるでしょう。報酬が最大のモチベーションという人もいるかもしれませんが、面接でモチベーションとして持ち出すのは、避けた方が良いでしょう。
  • 求人内容を見て応募しようと思った動機は何か?
    求人内容を詳しく見て、どの部分に惹かれて応募しようと思ったかを考えてみます。例えば、スタートアップ企業で新しいアプリケーションソフトウェアを構築することに魅力を感じた場合、創造的なもの作りの機会や、努力に対する結果として形あるものを手にすることが、モチベーションと言えるでしょう。

「あなたのモチベーションは何ですか?」の回答例

この質問へは、可能な限り具体的に答えるのが良いでしょう。実際に体験したことを例に出し、募集職種の仕事内容に結びつけて回答します。よく練られた回答例を以下に挙げます。

「マーケターとして、クリエイティブなプロジェクトやチームワークの他、自分の取り組みや、事業の成果が明確に結びつけられる点に、いつもモチベーションを感じてきました。直近の仕事で魅力を感じていたのは、チームのキャンペーンの結果に立ち会えたことと、自分たちが育んだリードが顧客になる過程を見られたことです。このポジションに関しては、発案から導入までキャンペーンを率いる機会を得られる点が、応募するにあたってまず惹かれたところです。」

「難局を乗り越えることで得られる満足感が一番のモチベーションです。数学は一番の得意科目というわけではありませんでしたが、大学では微分積分学を選択していました。専攻に必須ではなかったものの、できるということを自分で証明したかったのです。授業は簡単ではなく、夜遅くまで勉強することも多かったのですが、成績は A を取ることができました。困難な目標を大幅に上回る達成感が、営業でのキャリアに魅力を感じる理由です。」

「患者さんとそのご家族の人生を、良い方向に変えるお手伝いができたと思えることに、モチベーションを感じます。患者さんの笑顔や回復した様子が、毎日の仕事の糧となっています。それが看護師となった理由でもあり、小児科でのキャリアを追求している理由です。」

モチベーションに関する質問は、その仕事に対して、候補者が情熱とやる気を感じているのかどうか、良い仕事をするために自分に何を課しているのかを、別の角度から評価するためのものと言えるでしょう。
モチベーションの源泉を把握し、詳しく説明することで、面接官はあなたに好印象を持ち、実際に働くあなたの姿を明確にイメージできるようになるはずです。

関連情報

すべて表示 

事前準備で解決! 面接で困った質問とその対応

応募書類を元に行われる面接では、聞かれたくない質問や、答えにくい質問をされることもあります。あらかじめ事前準備をしておくことで、スムーズに面接を乗り越えることができます。ここでは具体的な質問を例に効果的な答え方を紹介していきます。

【オンライン面接対策】スマホでバイト・パートの面接を受けるときのポイント

バイトやパートのオンライン面接。パソコンが準備できずにスマホで受ける人は、何に注意したらよいのでしょうか?スマホでオンライン面接を受けるときの注意点や準備についてお伝えします。