応募・面接対策

面接時間が短いと不採用……?面接時間と合否に関係はある?

面接時間 短い



就職活動で避けては通れない面接試験。おおむね30分から1時間程度で実施されることが多いです。
そのため、「事前の案内では面接は1時間と聞いていたのに、実際は30分で終わってしまった。これはもう不合格?」と不安になっている方はいないでしょうか。

そこで今回は、面接時間と合否の関係について解説していきます。

面接時間が短くても合否には関係ない

面接の実施時間は合否に関係ありません。確かに、案内されていた時間より短く終わってしまうと、ダメだったのではないかと不安を感じるかもしれません。
しかし、面接は「何時間行わなければならない」という規則があるわけではありません。さまざまな事情で面接が予定された時間よりも早く終了する場合は十分あり得ることです。

では、短くなる理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。

面接時間が短くなる理由とは?

次に、面接時間が短くなる理由を具体的にあげていきます。

面接官の質問に的確に答えられている

面接では、応募者が自社の仕事をこなすことができ、採用してメリットがあるかどうかを判断するために、確認事項がいくつかあります。
面接官の質問に端的に的確に返答ができており、面接官が「この人ならやっていける」と十分に判断できれば、時間が残っていても終了する可能性があります。

応募書類で十分に伝わっている

多くの場合、履歴書や職務経歴書などの応募書類をもとに面接は進められます。その応募書類に書かれている経験や実績から、ぜひ採用したいと面接官が考えることはよくあること。
そのため、面接では入社意思の確認や応募者の質問への返答など短時間で終わることがあります。

選考プロセスなど企業側の都合

採用側の人的資源や応募者の数など、さまざまな事柄を考慮して選考の予定は決められます。企業の状況によっては、最初から短時間での面接を設定している可能性も十分に考えられます。
また、応募者の入れ替えや事務処理の時間を含めて枠を設けている場合もあります。

第一印象で合わないと判断された

面接官と対面した際に第一印象があまりよくないと、その時点で自社に合わないと思われる事があります。
身だしなみや挨拶など、基本的なビジネスマナーが疎かになっていると、早々に不採用の判断がなされ、面接が短時間で終わる場合もあります。

面接時間以外にも気になる!合格、不合格フラグ

面接時間の長短以外に、面接官の立ち振る舞いなどで合否のサインが見え隠れする場合があります。一般的に合格フラグ、不合格フラグと呼ばれるものです。

合格フラグ

いわゆる合格フラグと言われる面接官の立ち振る舞い、言動としては以下の点が例としてあげられます。

  • 面接官が会社や仕事の話を熱心に語ってくれる
  • 入社日、通勤時間、制服がある場合はサイズなど、入社準備に向けた具体的な確認がある
  • 入社後の仕事の話題が多い

面接官が一緒に働きたいと思っている場合、入社後のイメージを共有し志望意欲を高めてもらうために、今後の話題が多くなる事が予想されます。

事前準備として、十分に応募先の情報を調べておき、入社後の姿を語れるようにしておきましょう。

不合格フラグ

一方で、不合格フラグと言われる面接官の立ち振る舞い、言動としては以下の点が例としてあげられます。

  • 返答に対する追加質問がない、または少ない
  • 質疑の時間がない、または少ない
  • PRポイント、志望動機を受け入れてもらえない

不合格フラグは、面接官が応募者に関心がないサイン。そのため、質問が定型的なことや、深掘りをされず表面的に終わってしまうこともあります。
また、自己PRがその企業が求めるものでない場合や、志望動機が他社でもいいのではと感じられると、率直にズレを指摘される可能性があります。

結果は通知が出るまでわからない

これらの合否フラグはあくまでも予想に過ぎません。特に、不合格フラグが感じられたからといって、そこで意気消沈してしまっては合格の可能性はさらに遠のいてしまいます。
面接は最後まで諦めずにやり切る事が合格への最低必要条件。フラグばかりに意識を向けて一喜一憂するのではなく、目の前の面接官に自分を正確に伝えることに集中しましょう。

大切なのは面接時間ではなく、自分を相手に伝えることができたかどうか

面接で重要なことは、いかに自分が応募先に貢献できる人材であるかを理解してもらうことです。面接の時間が長ければ理解されるものでもありません。

自分自身の経歴や実績、そこで培ってきた知識やスキルなど、しっかりと整理できていれば、短時間であっても伝えられえることがあります。
そして、入社後に自分が活躍する姿を面接官と共有できるかどうかが勝負です。面接官の質問に対して、仕事と自分を結びつけて具体的に語る事ができれば、面接官を納得させる事ができます。

まとめ

面接では、時間が短かったからといって必ずしも不採用になるわけではありません。時間よりも自分のことを十分に伝えられるかどうかが大切です。
面接の場では語る姿そのものが一番の自己PR。事前の準備を入念にしたら、本番では、面接官の振る舞いに流されず、堂々と自信を持って臨み内定を勝ち取りましょう。

関連記事:面接でいい雰囲気になれば合格?面接の合格、不合格フラグについて

関連情報

すべて表示 

グループ面接(集団面接)とは?聞かれる質問や対策

グループ面接は他の就活生の目が気になって何となく苦手…。どうすればうまく対策できるの?とお困りの方へ。本記事では、グループ面接の目的や個人面接との違いを踏まえ、対策すべきポイントを紹介します。

志望業界を面接で聞かれたらどうする?質問の意図や答え方を解説

就職活動や転職活動で応募する企業を選定する際、業界を意識することは欠かせません。企業が志望業界を聞く意図をお伝えするとともに、面接準備の段階で考えておくべき答え方のポイントを解説します。