応募・面接対策

【オンライン面接対策】スマホでWeb面接を受けるときのポイント

正社員に限らず、バイトやパートの採用活動もオンラインで行う会社が増えつつあります。

面接官の表情が読みやすくカメラが固定されるため、オンライン面接を受けるデバイスはパソコンが最適です。しかし、なかにはパソコンが準備できなかったり操作に不安があったりする人もいるかと思います。
面接を受ける会社がデバイスを指定しない限り、スマホでオンライン面接を受けても問題はありませんので安心してください。

今回はスマホを利用してオンライン面接を受けるときの、注意点や準備についてお伝えします。使い慣れたスマホだからこそ、うっかりミスを避けるために事前の準備が大切です。

使用アプリをインストールする

面接日が決まったら、まずはオンライン面接で使用するツールを確認してください。

ZoomやTeams、Skypeあたりがよく使われている面接ツールですが、いずれもパコソンであればWebブラウザから参加することができます。しかしスマホを使う場合は、アプリのインストールをしておかないと使えないツールがほとんどです。
当日あわてることがないように、必ず面接前日までには面接ツールのアプリをインストールし、動作確認を行いましょう。

アプリのプロフィールは、面接に適したものを設定しましょう。
アカウント名は本名をフルネームで登録し、プロフィール画像は履歴書と揃えましょう。本人確認をスムーズに行えるため、面接官に好印象を与えることができます。

すでにアプリを使用している人も、面接に適したプロフィールかを確認してください。ニックネームや本人でない画像を設定している人は要注意です。

使用アプリ以外は終了、通知音はオフにする

気が散って面接に集中ができなくなるため、雑音を入れないようにする必要があります。
面接で使用するアプリ以外は全て終了し、通知音やポップアップは設定をオフにしましょう。

面接時に着信が入ると、カメラが自動的に停止され面接が中断されます。面接官に対して失礼なだけでなく、あなたの集中力やる気も削がれてしまいますので着信も制限しましょう。

iPhoneの場合は、「おやすみモード」を設定します。

  • 設定>おやすみモード を開く
  • 通知:常に知らせない を選択
  • 着信を許可:だれも許可しない を選択
  • 繰り返しの着信:オフを選択

Androidの場合、「通知の鳴動制限」を設定します。

  • 設定>通知の振動制限 を開く
  • 今すぐ有効にする:オン(有効)を選択

イヤホンタイプを確認した上で、スマホの充電切れに備える

予想以上に面接が長引き、スマホの充電が途中でなくなるといったアクシデントを避けるためにも、面接前にしっかり充電しておきましょう。念のために、モバイルバッテリーも準備しておくと安心です。

充電しながら面接を受ける人は、コンセントの位置を確認し、適した場所にない場合は延長コードを活用しましょう。映り込む背景も重要なため、コンセントの位置に合わせて面接場所を決めることはおすすめしません。

また、会話がより聞き取りやすくなるため、オンライン面接ではイヤホンを使用した方がいいでしょう。
イヤホンジャックが搭載されてない機種は、有線のイヤホンを使いながらスマホの充電を同時にすることはできません。

スマホを充電しながら有線のイヤホンを使って面接を受ける場合は、二股のアダプタを活用する。もしくは無線イヤホンを利用することになります。
どのタイプのイヤホンを使用するかを決めて準備に臨みましょう。

スマホスタンドで固定する

オンライン面接を受ける際には、スマホは必ずスタンドに固定してください。
スマホを手で持って受けることだけは絶対に避けましょう。手ぶれが起きて見えにくくなるだけでなく、片手が塞がってしまうため、メモを取ることができなくなります。壁や本に立てかけると、何かの拍子で倒れてしまうことも。

スマホスタンドは今、100均などを利用して安価で手に入れることができます。おすすめは、角度が調整できるタイプです。
画面の向こうの面接官と目線を合わせるために、カメラの位置と目線の高さを合わせましょう。スタンドの高さが足りない場合は下に本などを敷いて高さを出し、スタンドで角度を調整しましょう。

また、スマホは横向きにセッティングしましょう。あなたの姿がしっかり大きく映るだけでなく、差し込み口が使えるので充電ケーブルや有線イヤホンの活用時に便利です。

面接担当者の連絡先を控えておく

面接中の予期せぬトラブルを想定して、面接担当者の連絡先を事前に控えておきましょう。トラブルがあった際の対応方法を、面接前に先方に確認しておくとより安心です。

トラブル対応において大切なのは、スピードです。
まずは電話して面接が中断してしまったことをお詫びし、事情を説明しましょう。アプリの不具合や通信障害、充電切れの場合はすぐに担当者に架電してください。もし、スマホ自体が使えなくなった場合は、家の固定電話もしくは家族のスマホを借りましょう。
それができない場合は、他のデバイスから取り急ぎメールを送ってください。

何らかの方法で早急に連絡を取ってお詫びし、次の指示を仰ぎましょう。トラブルそのものよりも、あなたの咄嗟の対応とそのときの判断が合否に影響するかもしれません。

関連情報

すべて表示 

面接時間が短いと不採用……?面接時間と合否に関係はある?

面説時間が短いと、不採用なのではと不安に思ってしまうかもしれません。面接の実施時間と採用の合否は必ずしも一致しません。面接時間よりも、自分のことを正確に面接官に伝えることを意識することが重要です。

転職の二次面接で聞かれることとは?面接官が見ているポイントと対策方法を紹介

転職活動では二次面接が特に重要とされています。本記事ではその二次面接にフォーカスし、一次面接や最終面接との違いや特徴、面接官が見ているポイントなどから対策方法を紹介します。