応募・面接対策

事前準備で解決! 面接で困った質問とその対応

面接には決まった流れがあり、応募者はある程度質問内容を予想して挑むことができます。志望動機や将来のビジョンなど、各企業が応募者について知りたい情報が似通っているからです。そこで、予想していない質問や答えにくい内容など、実際に転職経験者が聞かれた困った質問をピックアップ。どう乗り越えたのかも合わせてチェックしていきましょう。

質問から見えてくる本当に聞きたいこと

面接官はただ意味もなく質問をしているのではありません。そこから見えてくる本当に知りたい情報は何なのでしょうか。それがわかれば、おのずと答える内容も見えてきます。

聞かれたくないことを聞いてくるのが面接官

応募書類や履歴書を見ればわかることは面接官にあまり聞かれません。書かれている内容をもとに、さらに気になる点を中心に確認のために質問をするというケースがよくあります。

職歴を見ると何も書かれていない空白期間がある、志望動機がはっきりしない、前職の在籍期間が極端に短い……など、応募書類をみたときに気になった箇所を次々と聞かれると「答えにくいな」、「聞かれたくなかったな」と思ってしまうかもしれません。しかし、自分が聞かれたくないと思う項目こそ、面接官が応募書類を見たときに気になる項目として浮かび上がる可能性が高く、最初から聞かれる前提で挑むのがよいでしょう。面接官は粗を探したいわけではなく、応募書類から見えてこなかった内容を確認したいだけなので、変に隠したり取り繕ったりせず誠実に答えることが大切です。

困った質問と不利にならない回答とは

それでは、さっそく具体的な質問とその回答例を見ていきましょう。

質問1

「過去の職場において在籍期間が短いのはなぜですか」

これは採用してもすぐに離職するのではないか、という疑問から出てくる質問です。嘘をつかずに正直に答えることが大切ですが、「職場の雰囲気があわなかった」「人間関係でトラブルがあった」などはたとえ退職の理由であっても伝えてはいけません。同じような状況が起こりうるのでは、と思われるかもしれません。
「配属されていた部署や担当プロジェクトが、組織変更で変更になってしまった。やりがいを感じていた業務だったため、違う場所でチャレンジをしようと思った」など、ただ理由を伝えるだけではなく前向きな気持ちを伝えるのがポイントです。

質問2

「空白期間は何をしていましたか」

職歴にブランクがある場合に聞かれることが多い質問です。ここでは、その期間に取り組んでいたことを伝えるだけでなく、そこから何を得たのかも話せるとベターです。また、ブランク期間中も「資格を取る勉強をしていた」など前向きに過ごし、その経験も活かしていたと伝えられると、マイナスに捉えられることはないでしょう。

質問3

「希望の給与や年収はいくらですか」

こちらも転職の場合、聞かれることが多い質問です。この質問に答える際は金額が低い方が企業に取って喜ばれる、と思ってはいけません。希望する金額があればきちんと伝える必要がありますが、はっきり言いにくい人は前職の金額を伝えた上で「御社の規定に合わせます」と答えるのもいいでしょう。仕事内容や応募する仕事のポジションによっても給与は変わってくるので、面接までにリサーチしておきましょう。

関連記事:【面接対策】よくある質問「希望年収を教えてください」

質問4

「この経歴であれば今回の募集より向いているポジションがあるのではないでしょうか」

これは他業種に応募した際に聞かれることが多い質問です。ここでは経歴があっていないから否定的に指摘されている、と思ってはいけません。「なぜ未経験の業種や業界に挑戦したいと思っているか」、また「仕事内容は違っても今までの経験をどう活かせると考えているか」を答えるようにしましょう。前向きにやる気をアピールするのがポイントです。

関連記事:【面接対策】志望動機の答え方

質問5

「夢や将来のビジョンはなんですか?」

これもよく聞かれる質問です。気をつけたいのは、どういった答えが求められているのかわからず焦って答えてしまうことです。ここでは仕事を通して実現したいことを答えるのがいいでしょう。仕事に対してやる気やモチベーションがあるかを確認したい質問で、決して個人的な夢について聞かれているわけではありません。

焦らずに堂々と答えれば面接は怖くない

答えにくい質問であっても、堂々と自信を持って話すことで説得力が生まれます。慌てて話したり、焦ってしまったりすると面接官にも不安な気持ちが伝わってしまいます。面接に挑む前には「面接官ならどこが気になるか」という視点で応募書類を見直すのがいいでしょう。不利に見える内容もしっかりアピールすることであなたの利点になることもありますよ。

関連情報

すべて表示 

面接時間が短いと不採用……?面接時間と合否に関係はある?

面説時間が短いと、不採用なのではと不安に思ってしまうかもしれません。面接の実施時間と採用の合否は必ずしも一致しません。面接時間よりも、自分のことを正確に面接官に伝えることを意識することが重要です。

転職の二次面接で聞かれることとは?面接官が見ているポイントと対策方法を紹介

転職活動では二次面接が特に重要とされています。本記事ではその二次面接にフォーカスし、一次面接や最終面接との違いや特徴、面接官が見ているポイントなどから対策方法を紹介します。