応募・面接対策

面接での好印象な見た目とは?成功に導く服装の心得

どのような服装で面接に臨むかは、面接が成功するかどうかに大きく影響します。第一印象は非常に重要ですので、しっかり身だしなみを整えていくことが大切です。見た目にもきちんと気を使えば、発言に信頼性や安心感を与える事ができます。

この記事では、面接での服装の注意点や、ビジネスカジュアルの服装についてご紹介します。

企業のドレスコードをリサーチ

面接の服装を選ぶ前に、選考を受ける会社の職場がどのくらいフォーマルなのか企業研究をしておくと良いでしょう。会社のウェブサイトやソーシャルメディアのページをチェックしてもドレスコードが分からない場合は、会社の人事部に、面接の適切なドレスコードを知りたいと直接確認してみましょう。

また、ポジションや業界も考慮した方が良いでしょう。金融や法律関係の企業の面接を受ける場合は、フォーマルなビジネスの服装にしてください。男性の場合は、スーツとネクタイを着用し、女性の場合は、パンツスーツやスカートスーツを着用します。一方、そこまでフォーマルではない職場では、ほとんどの場合、ビジネスカジュアルが最良の選択肢です。

ビジネスカジュアルとは?

厳密な定義はありませんが、ビジネスカジュアルとは、スーツほど過度にフォーマルにならず、ジーンズとTシャツのようにラフ過ぎないカジュアルなスタイルを指します。多くの企業での一般的なドレスコードであり、ほぼすべての業界で就職面接をする際にスマートなオプションとなります。

ビジネスカジュアルの着こなし方(女性編)

女性のビジネスカジュアルの服装は以下のガイドラインを参考にしてみてください。

シンプルなトップス
トップスは、着心地が良く派手すぎないものを着用しましょう。組み合わせの基本は、ジャケットとシャツに、パンツやスカートです。
黒、ベージュ、白などのベーシックな色とシンプルな柄にするのが無難でしょう。オーバーサイズのセーターや体にフィットしない服、露出度の高いものやシワになりやすい生地は避けてください。

ドレスパンツやスカート
ボトムスには、シンプルなパンツやスカートを合わせましょう。タックが入っていると洗練された印象になります。スカートは膝丈より長いものにし、しわが目立たないようアイロンがけするようにしましょう。面接できちんとした印象を出す場合には、シャツはパンツやスカートにインするのがお薦めです。

履き心地のいい靴
足元は、つま先の閉じたフラットシューズやパンプス、ローヒールなど、黒か茶色の落ち着いた色を選びましょう。靴が擦れたり、傷がついたり、汚れたりしていないことを確認してください。サンダル、ビーチサンダル、スニーカー、派手な色の靴は避けましょう。

控えめなアクセサリー
アクセサリーは出来る限りシンプルで控えめなものを身に着けましょう。ネックレスやブレスレット、ピアス、イヤリングなど、いずれも大ぶりで悪目立ちするものは避けましょう。ネイルをする場合は、落ち着いた色のものを選ぶようにしてください。華やかな業界を志望している場合は、志望する企業の雰囲気に合わせ、出来るだけ派手になりすぎないよう注意が必要です。

ビジネスカジュアルの着こなし方(男性編)

男性のビジネスカジュアルの服装は以下のガイドラインを参考にしてみてください。

長袖の襟付きシャツ
シャツは基本的には長袖を着用し、ベーシックカラーのものを選びましょう。ノーネクタイの場合はボタンダウンシャツがおすすめです。形状記憶のものにするかアイロンをして、しわやよれがないように注意します。シャツはタックインするようにしてください。ネクタイは無地のものやシンプルなものを選ぶのが良いでしょう。ニットネクタイはカジュアル感が強すぎるので、面接では避けた方がいいでしょう。

ドレスパンツやスラックス
ボトムスは、控えめな色のスラックスを合わせるようにしましょう。カジュアル感が強くなりすぎるコットンパンツやチノパンツは避けた方が無難です。シャツの色と合ったボトムスを選びましょう。職場によっては、濃い色のジーンズを履いて良い場合もありますが、面接の場合は基本的には避けましょう。

濃い色の靴とマッチした靴下
濃い色の、磨きたての革靴を履きましょう。黒や茶色のローファー、レースアップシューズ、オックスフォードシューズなどを選ぶと良いでしょう。傷、擦り切れ、すり減っていないかよく確認してください。靴下は、パンツや靴の色に合わせ、長さがふくらはぎまであるビジネス用靴下を選びましょう。

シンプルな小物
腕時計は革製またはメタル製のバンドが付いたシンプルなものが適切です。ネックレス、ブレスレット、指輪など、アクセサリー類は外してください。但し、結婚指輪や婚約指輪は身に着けていても構いません。ベルトを着用する場合は、靴の色に合わせるようにし、出来るだけ黒で統一するのが良いでしょう。

面接ではNGの服装

最後に、フォーマルかインフォーマルかに関わらず、面接で着てはいけない服装についておさらいしておきましょう。面接での目標は、第一印象を良くすることであり、どのような服装をするかは、他人にどのように認識されたいかという重要な部分です。自分のベストな状態を見せるために、以下のような装いは避けてください。

  • タンクトップやキャミソール
  • ネックラインが低すぎたり、肌が露出してしまうようなシャツ
  • 短すぎるスカートやドレス
  • ショートパンツ
  • 運動用シューズ
  • ビーチサンダルなどのオープントゥサンダル
  • 強い香水やコロン(清潔感のある香りであれば可)

自由な服装で来てくださいと言われた場合

採用企業側から「自由な服装で面接に来てください」と指定があった場合は、スーツを着用しないようにし、自分に合ったビジネスカジュアルの服装で臨むようにします。

カジュアルとはいえ、面接はあなたの資格、スキル、社会人経験が評価される正式な場であることを覚えておいてください。面接官に、会社にふさわしくない人材であると思われないように身なりをしっかりと整えておく必要があります。良い第一印象を残すには、その会社で働いている社員よりも、やや硬めを意識した服装をしていきましょう。

まとめ

面接に何を着ていくかは予め決めておくことをおすすめします。前日に面接当日着ていく服を試着して鏡の前で確認してみましょう。清潔感があり、良い印象を与える服装になっているでしょうか。

面接での第一印象はその後の面接フローにも大きな影響をもたらします。自分に合ったビジネスカジュアルを見つけて面接に臨むようにしましょう。

関連記事:【4コマ漫画で分かる】面接で服装自由はどこまでOK?

関連記事:好印象を与える自己紹介の仕方(回答例付)

関連情報

すべて表示 

面接につながりやすいWebエントリーシートの書き方

就職活動で、面接の前のステップアップとなるのが履歴書、職務経歴書の提出です。本記事では、採用担当者に「面接してみたい」と思わせるようなポイントを押さえた履歴書、職務経歴書の書き方をご紹介します。

採用候補者向けの性格診断テストとは?

この記事では、性格診断テストの特徴、採用企業が選考プロセスで性格診断を実施する理由、そして具体的なテストの種類をご紹介します。