年収・給与

退職のタイミングがボーナスに影響する?気になる疑問を解決

退職 ボーナス



「できれば、ボーナスをもらってから辞めたい」退職前にそう感じる人は多いはずです。本記事では、退職のタイミングでボーナスに影響があるならどう対応すべきか、気になる疑問点をまとめて紹介します。
損をせずにボーナスをもらって退職するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

退職予定の場合、ボーナスはもらえる?

まず、ボーナス支給前に退職を申し出た場合、ボーナスがもらえるかどうかを確認していきましょう。有給消化などの関係で、退職日と最終出社日が異なるケースも多くあります。ここで注意したいのは、ボーナス支給日に会社に在籍しているかどうかです。

最終出社日ではなく、退職日より前にボーナス支給日があれば、ボーナスを受け取れる場合が多いです。ただ、職務の状態によってボーナスの算定結果が異なってくる場合もあります。

例として、ボーナスの算定に営業手当などが含まれている場合で考えます。
退職直前に営業行為をしない職種に配置転換があり、その期間がボーナス算定期間に含まれていると、営業手当を抜いた額での支給となるなどの変化があります。

そのため、退職の申し出をする前にまず就業規則の確認が重要になってきます。ボーナス支給額の変化によって退職日を調整しようと考えている人は、ボーナスの算出期間や条件をよく確認してから退職意思を伝えましょう。

退職後にボーナスはもらえる?

では、退職したあとにボーナスを受け取ることは可能なのでしょうか。

ボーナスの支給日当日に会社に籍がない、もしくは退職している場合は支給されないと判断するのが一般的です。
ただし、あくまでも会社の就業規則によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

退職の影響でボーナスが減額されることはある?返還の義務は?

ボーナス支給の有無だけでなく、退職によってボーナス減額や返却義務があるかを解説します。

減額されるかは就業規則を確認する

会社によっては、ボーナス支給日前に退職の意思表示をすると減額される場合があります。退職予定者に対する減額率などが明記されていないか、就業規則やボーナスの算定、支給条件などを確認しておきましょう。

退職しても返還の義務はない

また、退職するからといって、支給されたボーナスを返還する義務はありません。減額に関する規則を設けているところがあっても、不正がない限りは返還する義務はないため、安心してください。

ボーナスを受け取るためのベストな退職のタイミングとは

ボーナスをもらうための、ベストな退職のタイミングを紹介します。

ボーナス支給後に退職を申し出る

確実なのが、ボーナス支給後に退職を申し出ることです。多くの企業が6~7月と12月の年2回支給しているので、支給日後に申し出るといいでしょう。

12月よりあとであれば、1~3月は求人数が多い時期であるため、転職先の選択肢は豊富にあります。ただし、1月決算を迎える情報通信業、2月に決算を迎える小売業、3月決算に向けて動く経理関連業務、会計業種などはかなり忙しくなる可能性があります。
その時期に退職を申し出ると、ひんしゅくを買う可能性が高いことは頭にいれておきましょう。

6~7月も同じく9月の半期決算に向けて忙しくなるシーズンなので、決算に関連する業種、職種や、夏がかきいれ時の業種以外は問題なく退職、転職活動ができるでしょう。

ボーナス支給日には会社に在籍している状態にする

あるいは、ボーナスの支給日に会社に在籍している状態にする方法もあります。

たとえば、7月10日にボーナスの支給があるなら、6月末ではなく7月末を退職日にして、最終出社を7月中のどこかに設定する方法があります。
最終出社日が仮に7月9日になったとしても7月末まで会社に在籍はしているので、ボーナスは問題なく支給されます。在籍している状態になるかどうか、算定条件や期間を確認しておくとより安心できます。

まとめ

退職するときに多くの人が気になるボーナスの支給。せっかくならボーナスをもらってから辞めたい、と思う方も多いのではないでしょうか。
何を確認し、計算しておけば損がないのか、もらえるはずのボーナスがもらえなかったという状態にならないように、就業規則を確認し、退職のタイミングを考えてみてください。

関連情報

すべて表示 

給与の手取りはどう計算する?額面給与から引かれるものは何?

手取り額は、従業員の給与から、各種控除額が差し引かれた金額のことです。税金や社会保険の控除額は収入によってあがるため、年齢によって介護保険などの控除項目が増えて手取り額が減ることもあります。

希望年収はどう伝える?金額の決め方と面接で聞かれたときの答え方

転職活動で希望年収を聞かれた場合、どのように答えれば良いのでしょうか?本記事では、企業が希望年収を聞く理由や面接で聞かれたときの答え方のポイントをお伝えします。