履歴書・職務経歴書

未経験の業種や職種へ応募するときの志望動機は何を書けばいい?

志望動機 未経験



未経験の業種や職種への転職では、志望動機に何を書くべきか、迷うことでしょう。
そもそも、未経験でも志望動機の内容で挽回できるものなのでしょうか?
本記事では、未経験の業種や職種への転職で志望動機を書くときのポイント、注意すべきポイント、志望動機の例文を解説します。

未経験でも志望動機の内容で挽回できる?

未経験の業種や職種でも、採用されて活躍している人は世の中にたくさんいます。
成功の鍵は、「スキルは不足しているけど、採用要件にマッチしている」と、志望動機できちんと説明することです。

企業が未経験者を募集するのには理由があります。
それは、入社後でも身に付けられるスキルより、応募者の考え方や行動特性などを重要視して採用活動を行うことで、応募者の幅を広げ、より自社にマッチする人材を採用したいと考えているからです。
そのため、未経験からの転職でも、志望動機の内容で挽回できる可能性はあります。

【未経験】志望動機を書く時のポイント

それでは、未経験の業種や職種に応募するにあたって、志望動機を書く時のポイントを解説します。

興味を持った理由を具体的に書こう

なぜ、その業種、職種、企業に興味を持ったのか、きっかけや理由を明確にすることが重要です。

「社会でその業種がどのような役割を果たしていると思うか」「その職種に就くことで自身がどのようなキャリアを歩みたいと考えているのか」「その企業のどういう点を魅力的だと感じているのか」などを具体的なエピソードも交えて説明することで、企業が求めている人材であることをアピールします。

経験やスキルの共通項をアピールしよう

未経験の分野でも、これまで培った経験やスキルのなかから、生かせるものがたくさんあるはずです。
コミュニケーションスキルやロジカルシンキングなど、どの業種や職種でも共通して必要となるスキルをしっかりと身に付けていることを伝えましょう。
これは「ポータブルスキル(持ち運びできる汎用的なスキルのこと)」と呼ばれ、どの企業でも重要視する項目です。

また、これまでの経験分野と未経験の業種や職種の共通項を見つけ出し、スキルや経験、人脈などを転用して早期に新たな領域でも活躍できることをアピールすることで、応募の説得力が増すはずです。

未経験分野を勉強中であることを伝えよう

職務としては未経験でも、早期にキャッチアップできることを目指し、学んでいることがあれば具体的に書きましょう。
たとえば、応募する職種に関連する資格を取得したことや、○か月勉強中でいつ資格試験を受験する予定があるなどです。

業界研究に関しても、希望する業界に関連するセミナーを受講する、展示会やイベントに参加するなど、具体的に行動したエピソードと、そのなかであなたが着眼した点などを伝えれば、「経験者との差分はすぐに埋まる可能性がある」と好評価につながりやすいでしょう。

キャリアビジョンに沿った前向きな姿勢

未経験者としてのチャレンジが、今後のあなたのキャリアビジョンのなかで、いかに重要であるかを具体的に説明して、前向きな姿勢を伝えることで、「自らの目標に向かって、自己成長力を発揮するだろう」と信頼を得られます。

【未経験】こんな志望動機はNG

また、NGな志望動機とはどのようなものでしょうか。

よくあるのは、やる気と情熱しかアピールしていない志望動機です。
企業が採用コストをかけて新たな人材を獲得するからには、未経験であっても「伸びしろがある」と見込める応募者を選びたいと考えています。
そのため、入社後の成長や活躍の可能性を予測できる具体的なエピソードがなければ、「頑張ります」とだけ言われても困ってしまうでしょう。

また、下記のような志望動機も避けるべきです。

  • 企業が求めている人材要件にマッチしていることを伝えられていない
  • あなたが保有するスキルを整理して書けていない

企業が求める要件にマッチしていないと判断されたら採用される可能性は低くなりますし、活かせるスキルが正確に採用担当者に伝わらないと、アピールに繋がりません。

【未経験】参考にしたい志望動機の例

未経験の業種や職種に応募する際の志望動機の例文をご紹介します。

(例文1)
子育てをするなかで長期的な資産形成に関心を持ち、業界情報を収集するうちに仕事として関わりたいと考えるようになりました。御社のXXXという商品の開発背景を知り大変共感し、応募いたしました。業務知識を早く習得できるよう、××年△月に○○という資格を取得しました。

興味を持った理由や、新たなキャリアのために前向きに努力していることを具体的に記します。

(例文2)
人事部門は未経験ですが、グループリーダーを○年務めた経験と、ウェブマーケティング領域で培った専門スキルを生かして、御社が標榜する経営戦略と一体となったHRを体現していきたいと考えています。

ポータブルスキルとして活かせるこれまでの経験を明確にします。

(例文3)
エンジニアとしての職歴はありませんが、プライベートでホームページ制作を請け負う、●言語のコミュニティに参加するなどして、経験とスキルを身につけてきました。これまで培った○○業界の業務知識とプライベートでの経験を生かして、御社のXXという新規事業プロダクト開発に貢献したいと思います。

未経験分野ではあるものの、プライベートでしっかりと実務経験を積み、必要な人脈を構築しているという安心感を訴求します。

まとめ

未経験からの転職は、新たなチャレンジをするからこそ、あなた自身が納得感を持つことがとても大切です。

志望動機を書くことをきっかけに、これまでのキャリアを振り返り、「なぜ、この業界、職種、企業で働きたいのか」をしっかりと考えましょう。
そして同時に、「これまでの、こういう経験が生かせそうだ」とあなたの強みを見つけて、応募企業が求める人材にマッチしていると、しっかり伝えていくことが重要です。

関連情報

すべて表示 

履歴書に「退職予定」と書いたほうがいい?在職中の履歴書の書き方

転職活動中、退職予定と履歴書に記載すべきか、何も書かないほうがいいのかと、迷ったことはありませんか?「どう書いたらいいかわからない」方のために、本記事では在職中の履歴書の書き方をご紹介します。

職務経歴書はどれくらいの枚数にまとめるべき?書き方のポイントも紹介

転職活動に重要な職務経歴書は、どのくらいの枚数にまとめればいいのでしょうか。本記事では、職務経歴書の最適な枚数と、企業に自分をアピールするために注意するポイントを解説します。