履歴書・職務経歴書

履歴書の職歴欄にアルバイト経験は書くべき?書いたほうがよいケースを解説

就職や転職などの際に、履歴書を提出するのが一般的です。履歴書にもさまざまな項目がありますが、中でも、職歴欄にアルバイトの経験を記載するべきかどうかという疑問を持つ人は多いようです。

そこで今回は、履歴書の職歴欄にアルバイトの経験を書くべきかどうか、職歴欄にアルバイト経験を書く際のポイントや注意点などについて、詳しく説明します。

職歴欄にアルバイトの経験は書くべきか

履歴書の職歴欄に適切な情報を記載するためには、アルバイト経験を書くべきかどうかを知っておく必要があります。

アルバイト経験を記載するかどうかによって、企業の採用担当者に与える影響が変わる可能性があるため、状況に応じてうまく作成できるようにしておきましょう。

基本的には書く必要がない

結論からいうと、基本的には履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書く必要はありません。正社員から正社員へ転職する場合は、前職で正社員としてどのような仕事をしていたのか、仕事を通してどのような能力を身につけたのかを把握できればよいと考える採用担当者が多いからです。

また、新卒で就職活動を行う場合も、履歴書に学生時代のアルバイト経験を記載する必要はないとされています。学生時代にどのような学問を専攻していたのか、サークル活動などでどのような経験をしたのか、企業に就職することで将来どのようになりたいのかといった情報のほうが優先されやすいため、わざわざ履歴書に記載するようなアルバイト経験をしていない場合は、無理に書く必要はないでしょう。

アピールになりそうなら書いたほうが良い

基本的には履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書く必要はありませんが、場合によってはアルバイト経験を書いたほうが有利に選考が進む場合もあります。

たとえば、前職の雇用形態がアルバイトであった場合、応募先の企業でアルバイト経験を活かせるような能力を身につけたのであれば、そのことを記載しておいたほうが採用担当者に良い印象を与えやすくなるでしょう。また、正社員ではなく、派遣社員やアルバイトとして応募する場合も、これまでのアルバイト経験や勤務年数によっては、その経験を記載することで長期的な戦力とみなされる可能性が高いでしょう。

職歴欄にアルバイト経験を書いたほうがよいケース

これまでのアルバイト経験や就職後の保険の関係によっては、履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書いたほうがよいケースもあります。アルバイト経験によっては、応募する企業で高い能力を発揮できる人物だと判断してもらえる可能性が高くなるからです。

職歴欄にアルバイト経験を書いたほうがよいケースとして、以下の3つが考えられます。

  • アルバイト経験を強みとしてアピールしたい場合
  • 雇用保険に加入していた場合
  • アルバイトとして働いた期間が長い場合

これらに該当する項目があれば、職歴欄にアルバイト経験を詳しく記載することで採用率を高められる可能性があります。ここからは、職歴欄にアルバイト経験を書いたほうがよいケースについて、詳しく説明します。

アルバイト経験を強みとしてアピールしたい場合

1つ目は、アルバイト経験を強みとしてアピールしたい場合です。応募者の強みが伝わる履歴書になっていれば、それだけ採用担当者に与える印象が強くなりやすいからです。

たとえば、飲食店を経営する企業に応募する場合、「飲食店での接客業務を〇年間行った経験がある」のように記載していれば、即戦力として働いてくれる人材であると考えてもらいやすくなるでしょう。採用することによって企業にメリットをもたらす人物であることをアピールできるのであれば、積極的にアルバイト経験を記載したほうがよいかもしれません。

雇用保険に加入していた場合

2つ目は、雇用保険に加入していた場合です。以前のアルバイト先で雇用保険に加入していたのであれば、アルバイト先を正しく記載していないと職歴を詐称していると判断される危険性があるからです。

応募先の企業に採用されて雇用保険を引き継ぐ場合、企業の担当者は、あなたのこれまでの雇用保険への加入状況を把握する必要がある場合もあります。「これまでアルバイトをした経験がない」と記載していたり、実在しないアルバイト先を記載していたりすると、雇用保険を引き継ぐ手続きをする際に虚偽であることが判明してしまい、トラブルにつながる危険性があるので注意しておきましょう。

アルバイトとして働いた期間が長い場合

3つ目は、アルバイトとして働いた期間が長い場合です。前職のアルバイト期間が長いと、「就職してから長く働き続けてくれる人物だ」という印象を持ってもらえる可能性があります。

また、勤務年数が長かったことを記載しておけば、「与えられた仕事を地道にこなす力が備わっている」と感じてもらえるかもしれません。ただ勤務年数が長いだけでなく、それによって身につけた能力もアピールできるのであれば、積極的に記載し、有益な人材であるというアピールをしましょう。

職歴欄にアルバイト経験を書くときのポイント

職歴欄にアルバイト経験を書く場合、以下の3つのポイントを意識しておくと魅力的な履歴書をつくりやすくなります。

  • 実務経験として経験年数に加える
  • 社名の後にアルバイトとして勤務した旨を記載する
  • 職歴欄が埋まらない場合は仕事内容も記載する

これらのポイントを意識しておけば、採用担当者の印象に残りやすい履歴書をつくり、採用率を高められるでしょう。ここからは、職歴欄にアルバイト経験を書くときのポイントについて、詳しく説明します。

実務経験として経験年数に加える

1つ目は、アルバイト経験を実務経験として経験年数に加えることです。

たとえ実務経験がアルバイトであったとしても、経験年数が長く実務に精通している印象が伝われば採用担当者への評価が高くなると考えられます。実際に職歴欄にアルバイト経験を記載するときは、実働何時間の仕事を1ヵ月あたりどれくらい行い、何年間働き続けたのかという情報を詳細に記載するのがおすすめです。実務経験を数値として客観的に評価できるようにしておけば、採用担当者に説得力のある情報を伝えられるでしょう。

社名の後にアルバイトとして勤務した旨を記載する

2つ目は、社名の後にアルバイトとして勤務した旨を記載することです。

人によって履歴書の書き方は違いますが、「令和〇年〇月 株式会社〇〇 アルバイトとして勤務開始」のような記載方法にしておけば、いつからいつまでアルバイトとして働いたのかを把握しやすくなります。
ただし、アルバイト先が飲食店のような店舗であった場合、「レストラン〇〇 △△支店 アルバイトとして勤務開始」のように、具体的な店舗名を記載したほうが採用担当者に伝わりやすいケースもあります。事業規模や事業形態などによって、適切な記載方法を選べるようにしておきましょう。

職歴欄が埋まらない場合は仕事内容も記載する

3つ目は、職歴欄が埋まらない場合は仕事内容も記載することです。履歴書の職歴欄に記載してある内容が少なく空欄が目立ってしまうと、社会経験が少ない人物であるという印象を与えてしまいかねないからです。

これまでのアルバイト経験が1社や2社だったとしても、「居酒屋での接客業務」や「工場でのライン作業」といった内容を加えるだけで職歴欄に記載する内容を増やすことができます。ほかにアピールできそうな経験があれば、そのことを追記することで採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

職歴欄のアルバイトの書き方に関するQ&A

職歴欄を書く際に頻出する疑問点として、以下の5つが挙げられます。

  • アルバイトの経験しかない場合は?
  • アルバイトから社員になったことがある場合は?
  • 離職期間中にアルバイトをしていた場合は?
  • アルバイトを複数経験してきた場合は?
  • アルバイトを掛け持ちしていた場合は?

多くの人が持ちやすい疑問点を知っておけば、スムーズに履歴書を作成できるようになるでしょう。ここからは、職歴欄のアルバイトの書き方に関する疑問点ごとに、具体的な対処方法を説明します。

アルバイトの経験しかない場合は?

これまでの職歴でアルバイトの経験しかなければ、なぜ正社員ではなくアルバイトという雇用形態で働いていたのかを答えられるように準備しておくことが大切です。事情があってアルバイトという雇用形態を選んでいたのか、正社員として就職できなくてアルバイトをしていたのかがはっきりしていれば、採用担当者に応募者の人物像をよく理解してもらいやすくなるからです。

たとえば、「資格を取得するための勉強時間を確保しつつ生活費を得るために、やむなくアルバイトをしていた」と記載していれば、目的をもって計画的に物事を進められる人物だという印象を与えやすくなるでしょう。「学生時代のアルバイト先に魅力を感じたため、卒業してからも働き続けることを選んだ」と記載していれば、正社員になっても企業に貢献し続けてくれる人物であると感じてもらいやすくなると考えられます。

アルバイトから社員になったことがある場合は?

これまでに、アルバイトから正社員になったことがある場合、アルバイトとして働いた期間と正社員として働いた期間が分かるように職歴欄に記載しましょう。雇用形態ごとに職歴を記載することで、総合的な実務経験を把握できるだけでなく、雇用形態ごとにどれくらいの経験を重ねてきたかといった情報を理解しやすくなるからです。

実際に職歴欄に記載する際は、以下のように並べて記載すると、採用担当者にとって分かりやすい履歴書に仕上げられるでしょう。

  • 「〇〇株式会社 令和〇年〇月〇日~令和〇年〇月〇日 アルバイトとして勤務」
  • 「〇〇株式会社 令和〇年〇月〇日~令和〇年〇月〇日 正社員として勤務」

離職期間中にアルバイトをしていた場合は?

前の職場で正社員として働いた後の離職期間にアルバイトをしていた場合、アルバイト期間が3ヵ月以上であれば職歴欄に記載したほうがよいとされています。離職期間が3ヵ月以上空いていると、採用担当者に「ブランクの長い人材だ」いう印象を与えてしまいかねないからです。

前職を退職してからアルバイトをしていたのであれば、職歴欄に「資格を取得するため」といった理由を添えて記載しておくと、ブランクが長い理由を納得してもらいやすくなるでしょう。

アルバイトを複数経験してきた場合は?

これまでアルバイト複数経験しており職歴欄に記載しきれない場合、「短期アルバイトとして〇社勤務」のように、複数のアルバイト経験をまとめて記載してもよいとされています。

力を入れていたアルバイトや、応募先の企業へのアピールとなるアルバイト経験があれば、特に伝えたいアルバイト経験を具体的に記載して、そのほかのアルバイト経験をまとめて書いてもよいでしょう。ただし、アルバイト経験を分けて書いた理由をしっかりと伝えられるように記載しなければ、「バランスの悪い履歴書」という印象を与えかねないので注意が必要です。

アルバイトを掛け持ちしていた場合は?

人によっては、複数のアルバイトを掛け持ちした経験を持っているかもしれません。 アルバイトを掛け持ちしていた場合であっても、ほかの職歴と同様に「〇〇株式会社 令和〇年〇月〇日~令和〇年〇月〇日 アルバイトとして勤務」といった書き方をしても問題ないとされています。ただし、入社日が早いアルバイトから順に書かなければ前後関係が分かりづらくなってしまうので注意が必要です。

また、アルバイトを掛け持ちしていた場合、採用担当者によっては掛け持ちしていた理由を気にする人もいるかもしれません。「生活費を補填するため」や「学費を得るため」といった明確な理由が記載されていれば、採用担当者に与える印象がさらによくなるでしょう。

職歴欄にアルバイトの経験を書くときの注意点

職歴欄に過去のアルバイトの経験を書く場合、注意点を理解しておかなければ採用者に与えるイメージが悪化しかねないので注意が必要です。具体的な注意点として、以下の2つが挙げられます。

  • アルバイトの期間が短い場合は書かないほうがよい
  • 業務概要だけを書かない

これらの注意点に気をつけながら職歴欄を記載することで、充実した履歴書をつくれるようになるでしょう。

アルバイトの期間が短い場合は書かないほうがよい

アルバイトとして働いた期間が短い場合、特別アピールすることがなければ書かないほうが良いでしょう。短期間で退職していることが伝わると、「せっかく採用しても長続きしないのではないか」と感じられる危険性があるからです。

特に、3カ月未満でアルバイトを退職している場合、応募先の企業に役立つ能力がなければ、あえて記載する必要はないでしょう。ただし、短期間のアルバイトであっても、強みとなる情報があれば採用担当者によい印象を与えられる可能性があるため、内容によっては記載したほうがよいかもしれません。

業務概要だけを書かない

職歴欄にアルバイト経験を記載する場合、従事していた業務概要だけを書いてしまわないよう注意する必要があります。これまで経験した業務概要のみ記載していると、意欲や責任感をもって働いていたのかどうかを採用担当者が判断しにくくなるからです。

実際に職歴欄を記載する際は、「大人数の宴会が多い居酒屋で接客業をしていました。たくさんのお客さんに必要なサービスを提供できるよう、広い視野を持って行動するだけでなく、ほかのスタッフと密接にコミュニケーションをとりながら仕事を進めていました」のように、働いていたときの様子や考え方がイメージできるような文章を心がけるとよいでしょう。

まとめ

職歴欄にアルバイトの経験を書いて応募企業へアピールしよう。

ここでは、履歴書の職歴欄にアルバイトの経験を書く必要性や、職歴欄にアルバイト経験を書く際に意識すべきポイント、職歴欄を記載するときの注意点などについて説明しました。

採用担当者の印象に残る履歴書を記載するためには、アルバイト経験を記載する必要性を考えたうえで適切な書き方を意識しておくことが大切です。ここで説明した内容を参考にしながら、これまでの経験に応じて柔軟に履歴書を作成できるようにしておきましょう。

また、Indeedの履歴書テンプレートを利用すれば簡単に履歴書を作ることが出来ます。パソコンがない方でも、コンビニのネットプリントを利用して印刷することが出来るので利用しましょう。

関連情報

すべて表示 

【ビジネス英語】英文レジュメの校正に役立つ27のヒント

英文レジュメ(英文履歴書)を作成するための、編集と校正のコツを紹介します。第一印象の決め手となる、クオリティの高い英文レジュメを作成しましょう。

【ビジネス英語】CV(英文履歴書)の書き方ガイド

CV(英文履歴書)を作成するさい、より具体的、かつ専門的で読みやすいくするために、3つのCVフォーマットとコツを紹介します。基本をしっかり押さえて説得力のあるCVを作成しましょう。