履歴書・職務経歴書

履歴書に「退職予定」と書いたほうがいい?在職中の履歴書の書き方

履歴書 退職予定



転職活動中、退職予定と履歴書に記載すべきか、それとも何も書かないほうがいいのかと、迷ったことはありませんか?
「どう書いたらいいかわからない」方のために、本記事では在職中の履歴書の書き方をご紹介するので、参考にしてみてください。

履歴書の職歴欄の記載方法

履歴書の職歴欄を書くときは「◯◯株式会社 入社」「◯◯株式会社 一身上の都合により退職」と、これまでに勤務した会社を書き連ねていくのが一般的です。

最後は「現在就業中」、または直近の勤務歴を書き、「以上」や「現在に至る」で締めくくります。退職予定日は、基本的に明記しなくて問題ありません。

その他、職歴が多い場合は詳細を職務経歴書にまとめて「詳細は職務経歴書に記載」と書くと良いでしょう。職歴が少ない場合は、部署名や役職、役割なども書いておくとアピールになります。自分の経歴に合わせて職歴欄の書き方を選んでみてください。

退職予定日を書いたほうがいい場合もある

基本的に書く必要がない退職予定日ですが、書いたほうがいい場合もあります。

退職予定日が1か月以内でブランクを空けたくない場合

退職予定日が1か月以内に迫っていて職歴にブランクを空けたくない場合は、選考を早めたり、入社日の調整などが可能かどうかを聞きやすくしたりするため、退職予定日を書いておきましょう。

退職予定日を書く場合は「現職の会社名 入社」と書いた下の欄に、「退職予定日(◯年◯月末、もしくは◯年◯月◯日)」と明記しましょう。

転職活動を始めた時期によっては「長期間転職活動をしても内定がもらえていない人」と見なされる可能性もあるので、注意が必要です。

非正規社員の場合

現在、非正規社員(派遣、契約社員など)で働いており、次の勤務先を探している場合は、退職予定日が明確に決まっていることも多いかと思います。また、契約を更新されないとわかった段階で転職活動に十分な時間がないこともあり得るでしょう。
そのため、退職予定日を書いてもあまりマイナスに捉えられない可能性が高いと考えられます。

非正規社員の方が退職予定日を書く場合は、「契約期間満了により◯年◯月◯日退職予定」と書いておきましょう。

勤務開始日が近い求人に応募する場合

希望勤務開始日が近い求人に応募する場合は、すぐに働けるとわかってもらえるように、退職予定日を書いておくことをおすすめします。
企業が提示している希望勤務開始日は、予算の関係や業務の都合上ずらせないことが多いため、希望勤務開始日に働きだせる人の優先順位が高くなる傾向にあります。アピールにもつながるので、ぜひ記載しておきましょう。

退職予定日に退職ができなくなったときの対処法

退職交渉が難航したり、引き継ぎでトラブルが発生したりなどで退職予定日に退職できなくなることもあるでしょう。その場合はどのような対処法を取ればいいのかご紹介します。

今の職場と相談する

まずは当初の退職予定日に退職させてもらえないかを、今の職場と相談しましょう。退職予定日に退職ができなくなった原因はさまざまでしょう。まずは原因を確認し、問題の解決に当たってください。

引き継ぎに日数が足りない、あるいは引き継ぎ中のトラブルが原因の場合は、退職までに引き継ぎが完了する方法を考え、実行しましょう。
たとえば、引き継ぐことを資料にまとめ、その資料をもとに引き継ぎ相手に実際の作業をしてもらうことで、作業習得を促進できます。また、顧客が絡むトラブルが発生した場合は、上司も含めて謝罪に行くことでスムーズにトラブルが解消する可能性が上がります。

上記以外にも、上司が慰留交渉として退職予定日をずらそうとしている場合があります。もしも上司の慰留交渉が原因であれば、上司を説得する材料を探すとともに、人事に交渉を行ってください。

退職予定日がずれ込む場合は早急に内定先に連絡する

さまざまな手を尽くしても退職予定日がずれ込むとわかった場合は、早急に内定先へ連絡しましょう。
人員計画を基に採用を行っている会社にとって、入社日のズレは経営計画のズレにもつながります。そのため、内定が取り消しになる可能性もあります。できる限り現職と交渉をし、当初の予定どおりに退職できるようにしましょう。

まとめ

履歴書の退職予定日の書き方から、退職予定日に退職できなくなった場合の対処法までご紹介しました。
置かれている状況によって、退職予定日を書いたほうがメリットになる場合とそうでない場合があります。現状をよく把握した上で書き方を判断してください。

また、慰留交渉は早めに決着をつけ、就業規則に記載された退職申し出の期日までに人事に退職の意向が伝わるように段取りをしておくことが重要です。本記事のポイントを押さえ、新たな生活を気持ちよくスタートできるよう、準備をしてみてください。

関連情報

すべて表示 

未経験の業種や職種へ応募するときの志望動機は何を書けばいい?

未経験の業種や職種に応募する際、志望動機はどのように書けば良いのでしょうか。本記事では、志望動機を書くときのポイントや志望動機の例文を紹介します。

職務経歴書はどれくらいの枚数にまとめるべき?書き方のポイントも紹介

転職活動に重要な職務経歴書は、どのくらいの枚数にまとめればいいのでしょうか。本記事では、職務経歴書の最適な枚数と、企業に自分をアピールするために注意するポイントを解説します。