内定・退職・入社

【4コマ漫画で分かる】面接における結果通知の方法

面接の結果通知はどうやって届く?

面接の結果通知は今後の行動を決めるため、どのような方法で送られるのか知りたい人も多いです。結果通知がなかなか届かないと、次の行動をとりづらくなるため精神衛生的にも良くありません。面接の結果通知はどのようにして届くのでしょうか。

4コマ漫画でわかる面接における結果通知の方法
画像の説明

4コマ漫画
漫画1コマ目
面接の終わり
面接官「それでは結果は後日ご連絡いたします!」
求職者「はい!」

漫画2コマ目
矢文が目の前の木に刺さる

漫画3コマ目
矢文に付けられていた紙を広げる

漫画4コマ目
矢文が結果通知だとわかる
求職者「斬新だな」

結果通知の方法は、面接先の企業ごとにやり方が異なります。中には明確に決めていない企業もあるため、事前にしっかりと確認しましょう。

結果通知の方法はメール・電話が一般的

最終面接から3~7日が結果通知の目安

結果通知は面接日から3~7日以内に、メールや電話で行われるのが一般的です。ほとんどの企業が、遅くても10日までに結果通知を行います。細かな方法は企業によって異なるため、事前に確認しましょう。

合格の場合は電話の可能性が高い

合格の場合は、メールより電話で結果通知を受ける可能性が高いです。メールだと求職者がメッセージを見落とし、不着になる可能性があります。また、電話の方がその場でスケジュールの調整などを行えるため実用的です。

結果通知が遅くなるケースもある

結果通知は、さまざまな理由で予定より遅れることがあります。結果通知が遅い場合でも、選考に時間がかかっているだけのケースもあるため、過度に不安がる必要はありません。特に最終面接だったり、応募人数が多かったりした場合は、選考のプロセスが増えるため、結果通知も遅れる可能性があります。結果通知が遅れても、7~10日目までは焦らず待ちましょう。7~10日以降はトラブルの可能性があるため、面接先企業の邪魔にならないよう、始業後30分以降に連絡してください。

内定通知後は必ずメッセージを送ろう

合格だった場合は、結果通知後、かならずお礼や自分の意志、今後の対応法などを確認します。ノートや筆記用具を手元に置くと重要事項をメモしやすくなるのでおすすめです。どうしても電話に出られない場合は、雑音が入らない場所に移動し、すぐに電話を折り返してください。

関連記事:内定通知にはどう返事をする?

関連情報

すべて表示 

企業の基本となる重要な役職20選

企業を支える重要な役職を取り上げ、主な仕事内容や、企業の成長と発展にどのように貢献しているかを解説します。

新しい仕事で成功するには:1週間、1ケ月、3ケ月を目安にした目標

このガイドでは、1週間、1ケ月、3ケ月を目安に、新しい就職先で成功するためのヒントをご紹介します。