内定・退職・入社

退職の相談はいつ、誰に、どのように伝える?ポイントを解説

退職 相談



働く日々のなかで退職を考えた時、いつ、誰に、どんな風に伝えたら良いのか悩みませんか?相談する相手を間違えて、居づらくなるような噂が広まったらどうしよう、伝え方が悪かったために、相談した相手が冷たくなったらどうしようなど、心配ですよね。

本記事では、退職の相談に関するさまざまなポイントを解説していきます。

退職の相談をする前にチェックしておきたいこと

頭のなかに「退職」の2文字が浮かんだら、次のことを具体的に決めておくと、退職意思が固まりやすくなります。

  • 誰に話すのかを決める
  • 退職希望日を決める
  • 理由を聞かれた時に答える内容を決める
  • 引き止められた時の返し方を決める

これらを決めておくことで、自分の意思をしっかり伝えられるようになります。

退職の意思をいつ、誰に、どのように伝える?

いつ、誰に、どのように伝えるのが良いか、ここで悩む人が一番多いのではないでしょうか。
具体的な内容を見ていきましょう。

  • いつ…退職希望日の1~3か月前
  • 誰に…直属の上司
  • どこで…会社内の1対1で話せる場所
  • どのように…「相談したいことがあるので、お時間をいただけませんか」と切り出す

相談する時期は、退職希望日より早い方が会社側も対応を考える余裕ができるため、話を進めやすくなります。繁忙期や退職希望日に近くなると、業務の引き継ぎができなくなるなど迷惑をかけるため、希望日に退職できない場合があります。就業規則にも書かれているので確認しておきましょう。

他の人に聞かれる環境で話すと、聞こえた人が社内に退職することを広めてしまうかもしれません。どんな影響が出るかわからないため、必ず上司と二人きりで話せる場所にしましょう。

相談をする際に伝えるべきこと

上司に伝えるべきことはたくさんあります。順に見ていきましょう。

退職の意思を伝える

まずは、「退職を考えている」ことを伝えます。その時の上司のリアクションはさまざまですが、感情的にならないよう、自分のペースで話すよう心がけましょう。

当然ですが、それを聞いた上司は理由を聞いてきます。

退職の理由を伝える

次に退職の理由です。できるだけポジティブな理由を伝えるのがポイントです。
たとえば、「スキルアップしたいが、ここでは限界を感じるので転職を考えている」「取得したい資格があるが、この会社には取得援助がない」または、「以前から興味がある仕事に就きたい」といった内容がよいでしょう。

なぜポジティブな理由が良いかというと、ただ「業務量が多くて体力が続かない」「人間関係に疲れた」などの本音のような理由を伝えると、「給与をアップする」「部署を異動してやる」「昇格させてやる」と上司や会社の引き止められる場合があるからです。

必ず引き止められると予測できるなら、「家業を継ぐ」「起業する」「個人的な事情で他県に引っ越す」「海外留学する」など、どうしても継続できないことを理由にするのも1つの方法です。

退職する理由は本当のことを言う必要はありませんが、あからさまな嘘では上司に見抜かれる恐れがあるので、取りたい資格や興味がある仕事を聞かれた時に、答えられるようにしておきましょう。

退職日や今後の予定を確認する

上司に退職を承諾してもらったら、次は退職に向けての予定を確認しましょう。

退職日の決定、有給消化の期間、業務の引き継ぎなど、今後の流れを確認します。
その際、退職願(退職届)についても上司に確認するようにしましょう。会社の規定によって、提出の仕方などはさまざまです。上司にもわからないと言われた場合は、人事部や、就業規則を確認しましょう。

退職願(退職届、辞表)を提出する方法

上司への相談後、退職願(退職届)を提出するように指示されます。提出方法を詳しく見ていきましょう。

退職願と退職届、辞表の違い

退職願は字のごとく、「この日に退職したいので、承諾してもらえませんか?」というお願いを記したものです。

それに対して退職届は「この日に退職します」という届け出なので、会社に退職を承認してもらった際に作成します。
また、辞表は、公務員や会社役員が書く退職届のことです。

退職願(退職届)の書き方

書く内容は次のとおりです。

  • 「退職願」「退職届」「辞表」の内、該当するもの
  • 「私事」「私儀」(わたくしごとですが、の意)
  • 退職理由 →「一身上の都合」でOK
  • 退職日 → 退職願は退職希望日、退職届、辞表は退職する日
  • 退職書類の提出日
  • 所属部署名、自分の名前、捺印
  • 宛名 → 会社の正式名称、最高執行責任者の役職、氏名

上記を書いた便箋、または用紙(B5サイズが妥当)を三つ折りにして封筒に入れ、封筒にも「退職願」「退職届」「辞表」の該当するものを書きます。それを上司、または人事部に提出します。

パソコンで作成し、印刷したものを提出する際は、自分の名前だけは自筆で書くことをお勧めします。

まとめ

上司の反応を考えると退職したいとは言えない、と同僚に相談したら、その同僚が先に退職してしまい、辞めるタイミングを失ってしまったという話もよく聞きます。
退職を決心したあとは、社内の人には話さない方が得策かもしれません。

少しでも迷惑をかけることなくスムーズに退職するためにも、話す相手やタイミングなど、慎重に行動するように心がけましょう。

関連情報

すべて表示 

退職後の住民税の納付方法は?退職後にやるべきことや注意点を解説

住民税は企業に勤めている間は給与から天引きされますが、退職すると自身で支払う必要があります。本記事では、住民税の納付方法や注意点を解説します。

退職後の健康保険証の手続きとは?切り替える方法を紹介

退職後の健康保険証の手続きはどのような流れで進めるのでしょうか。会社を退職する際に必要になり、さまざまな手続きのなかに「健康保険証の切り替え」があります。退職前に、方法を確認しておきましょう。