公共職業安定所
5つ星のうち3.7
更新情報、新着求人、クチコミの通知を毎週受け取る

公共職業安定所ではどのようなときに仕事のやりがい・厳しさを感じますか?

4 件の回答

  • 職業相談員です。担当してる方が就職が決まるのが、何よりのやりがい。それ以外のやりがいはないと思うので、そういう精神的なことに意義を見いだせない人は難しいと思います。成績によってどうこう…というのがないので(ある程度長く勤めれば目標は与えられますが)金銭面でやりがいを見出すのは無理かも。

  • 失業者と求人事業主の手助けをする仕事である。ここの求人のほとんどは時給制または日給制であり月20日勤務の契約社員である。正規職員に比べ契約社員は有期雇用(1年単位)であり、毎年2月ごろになると翌年度の採用が不安定で、自身が失業者になる可能性がある。

  • 非正規の相談員は、成績によって給与が上がる制度ではないから、やりがいや目的意識を維持するのが難しいです。

  • 書類作成や、データ収集などの仕事を頼まれることもあるため、PCのスキルは多少必要

求職者が企業のことをよく知れるよう、客観的で率直な回答をしましょう。

回答は一般公開されます。個人情報は送信しないでください。

このコンテンツはすべてユーザーにより作成されたものであり、Indeed または当該企業がその正確性を保証するものではありません。
  1. 公共職業安定所ではどのようなときに仕事のやりがい・厳しさを感じますか?