国立研究開発法人理化学研究所
更新情報、新着求人、クチコミの通知を毎週受け取る

国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ

職種名
すべて
勤務地
日本12 のクチコミ
12 件のクチコミを表示
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
事務業務は幅広い
研究者のアシスタントは、いろいろなことに対応しなくてはならないので、勉強になりますが事務方との対応や所属長へのフォローなどかなり大変なことがあります。
良い点
幅広い仕事の経験が出来る
悪い点
任期満了で終わる
このクチコミは役に立ちましたか?
5.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
世界を担う研究機関で実験動物を通して学びながら仕事を出来た
始めは派遣社員として理研に来たのですが、2年目から直接雇用として理化学研究所のテクニカルスタッフとして勤務をしてきました。
私は最終学歴は高卒で更に元が文系だったのですが、ここで従事することになり研究職において実験動物の有用性等多く学ばせていただきました。

私はバイオリソースセンターの実験動物開発室の一員として業務を行って参りました。

その中にも幾つかグループがあり、私は系統維持グループと清浄操作グループの二つを掛け持ちさせていただいてました。

主に行っていた業務の一つはマウスの系統維持業務とよばれるもので数多くの系統の飼育管理は勿論、その系統毎の繁殖、DNA解析の為のサンプルの採材、表現系の解析、凍結胚及び精子の確保、多機関からの提供対応等をおこなってきました。

二つ目は清浄操作業務として各機関から委託された凍結胚及び精子から生体をおこし、そこからのクリーン化作業を行ってきました。少しだけ説明をしますと、移植動物から帝王切開や、それに使う里親の作成、そして帝切仔の里親つけ、清浄度を検査するための微生物検査等、勿論生殖工学業務等も行います。

その他にも標準作業手順書の作成や定期的なブレーンストーミング等も行ってきました。


他にも多くのグループがあり、時には業務以外でレクリエーション等もおこなっていました。


研究所として固く思われるかもしれませんが、職員、派遣、委託等そこまで厳密にセパレートされてることはありませんでした。

事実上司の先生や会社の枠を越えた多くの先輩方から教えを頂き確実にここにいたことで実験動物の知識、技術を身につけることができ、それに加え各機関にも知り合いや業界の先生方とも和を広げることができました。


理化学研究所の職員だった事は、人生の中で一番の誇りであり、業界でいきる上での知識や技術を身に付けさせてくれた恩人の施設とも言えます。

そしてグローバルな視野で実験動物業界を見れる機会をくださったこと、すべてに感謝しています。
良い点
実験動物の広い知識や技術を身に付けられる
悪い点
業務が忙しい為、人によっては大変かもしれない
このクチコミは役に立ちましたか?
5.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
国際的な研究所
理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ、英語名:RIKEN)は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。

当研究所は、1917年(大正6年)に財団法人として創設されました。戦後、株式会社科学研究所、特殊法人時代を経て、2003年(平成15年)10月に文部科学省所轄の独立行政法人理化学研究所として再発足し、2015年(平成27年)4月には国立研究開発法人理化学研究所になりました。


研究成果を社会に普及させるため、大学や企業との連携による共同研究、受託研究等を実施しているほか、知的財産等の産業界への技術移転を積極的に進めています。
良い点
自由な社風
悪い点
職種によっては残業が多い
このクチコミは役に立ちましたか?
4.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
仕事とプライベートの両立がしやすい。
ネットワーク環境の整った職場でPCスキルが向上する。
ある程度、責任のある仕事を任される。

ただし、責任感や熱意のある職員と、責任感がない職員の評価が給与に反映されない。
良い点
福利厚生がしっかりしている
悪い点
仕事の頑張りが評価されにくい。
このクチコミは役に立ちましたか?
1.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
任期制ポスト
任期制研究員は5年で退職(退職金なし)しなければならない(参照:https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/19/labor2018_a_23337901/)。最近は研究以外にも論文にならない業務(とくに創薬関連)が多く、任期中に論文が一本もなく、次のポストが決まらないまま退職になった同僚もいます。
このクチコミは役に立ちましたか?
あなたの勤務先について教えてください
あなたの経験談をIndeedで共有しよう
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
障害者の能力にみあった業務
身体障害や精神障害を考慮してくださり、どの様な障害者にも働き易い職場です。
年次有給休暇(初年度20日間)もとりやすいです。
良い点
超勤がない
悪い点
日々、業務が違うので、達成感がない。
このクチコミは役に立ちましたか?
4.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
働きやすい環境
福利厚生等恵まれている環境で、ワークライフバランスがとりやすそうだと思いました。長く働ければベストなのですが、勤続5年までという上限ができてしまったので、残念でした。
このクチコミは役に立ちましたか?
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
任期制が8割なので、終了時期がある。
雇用形態が正社員を望みます。
年齢は高いですが、いつもハツラツと冷静に仕事を処理しています。本部長秘書に従事しています。
良い点
社員食堂
悪い点
契約社員なので、1年3ヶ月後に終了
このクチコミは役に立ちましたか?
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
研究所の自由な雰囲気
研究者をバックアップする!という考えの下に動く課に所属していたので、研究者のことを第一に考えて、あまり規定にこだわらず、臨機応変に対応できる会社です。
このクチコミは役に立ちましたか?
4.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
温かな雰囲気。
どちらも切羽詰ったお仕事はなかったので自分のペースでゆったりできました。

働きながら資格をとることも可能。
このクチコミは役に立ちましたか?
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
自由な職場
完全裁量労働制なので、朝10時過ぎに出社して6時くらいに帰る人が多い。また、研究員は自分で仕事をする人は少なく、技術員やパートさんと連携して出来る限り効率よく進めていた様に感じる。
待遇がとても良い。
このクチコミは役に立ちましたか?
5.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
最高の翻訳チームと働くことができたが、ストレスはかなり高かった
2012年10月から2013年3月の半年間はWordの1100ページ分のマニュアルの英訳に2人で取り組むことになり、ほぼ毎日和文英訳に追われることになった。
良い点
食堂は昼夜利用でき美味で安価
悪い点
多忙すぎて人的交流に時間がとれない
このクチコミは役に立ちましたか?
申請されたプロフィール
この企業について質問する
国立研究開発法人理化学研究所 での働き方や面接についてコミュニティで質問しましょう。
総合評価
3.6
12 件のクチコミに基づく
5
3
4
3
3
5
2
0
1
1
カテゴリー別評価
3.2
ワークライフバランス
4.1
待遇・福利厚生
2.1
定着率・昇進
2.6
経営陣
3.0
企業文化
職種別の国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ
勤務地別の国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ