国立研究開発法人理化学研究所
更新情報、新着求人、クチコミの通知を毎週受け取る
国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ

障害者の能力にみあった業務

3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
2018年3月31日
身体障害や精神障害を考慮してくださり、どの様な障害者にも働き易い職場です。
年次有給休暇(初年度20日間)もとりやすいです。
カテゴリー別評価
1.0
ワークライフバランス
3.0
待遇・福利厚生
1.0
定着率・昇進
2.0
経営陣
2.0
企業文化
良い点
超勤がない
悪い点
日々、業務が違うので、達成感がない。
このクチコミは役に立ちましたか?
Similar reviews
1.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
2018年5月08日
Same roleSame location
任期制研究員は5年で退職(退職金なし)しなければならない(参照:https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/19/labor2018_a_23337901/)。最近は研究以外にも論文にならない業務(とくに創薬関連)が多く、任期中に論文が一本もなく、次のポストが決まらないまま退職になった同僚もいます。
このクチコミは役に立ちましたか?
3.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
2014年3月03日
Same role
完全裁量労働制なので、朝10時過ぎに出社して6時くらいに帰る人が多い。また、研究員は自分で仕事をする人は少なく、技術員やパートさんと連携して出来る限り効率よく進めていた様に感じる。
待遇がとても良い。
このクチコミは役に立ちましたか?
5.0
ワークライフバランス
待遇・福利厚生
定着率・昇進
経営陣
社風
2019年7月19日
始めは派遣社員として理研に来たのですが、2年目から直接雇用として理化学研究所のテクニカルスタッフとして勤務をしてきました。
私は最終学歴は高卒で更に元が文系だったのですが、ここで従事することになり研究職において実験動物の有用性等多く学ばせていただきました。

私はバイオリソースセンターの実験動物開発室の一員として業務を行って参りました。

その中にも幾つかグループがあり、私は系統維持グループと清浄操作グループの二つを掛け持ちさせていただいてました。

主に行っていた業務の一つはマウスの系統維持業務とよばれるもので数多くの系統の飼育管理は勿論、その系統毎の繁殖、DNA解析の為のサンプルの採材、表現系の解析、凍結胚及び精子の確保、多機関からの提供対応等をおこなってきました。

二つ目は清浄操作業務として各機関から委託された凍結胚及び精子から生体をおこし、そこからのクリーン化作業を行ってきました。少しだけ説明をしますと、移植動物から帝王切開や、それに使う里親の作成、そして帝切仔の里親つけ、清浄度を検査するための微生物検査等、勿論生殖工学業務等も行います。

その他にも標準作業手順書の作成や定期的なブレーンストーミング等も行ってきました。


他にも多くのグループがあり、時には業務以外でレクリエーション等もおこなっていました。


研究所として固く思われるかもしれませんが、職員、派遣、委託等そこまで厳密にセパレートされてることはありませんでした。

事実上司の先生や会社の枠を越えた多くの先輩方から教えを頂き確実にここにいたことで実験動物の知識、技術を身につけることができ、それに加え各機関にも知り合いや業界の先生方とも和を広げることができました。


理化学研究所の職員だった事は、人生の中で一番の誇りであり、業界でいきる上での知識や技術を身に付けさせてくれた恩人の施設とも言えます。

そしてグローバルな視野で実験動物業界を見れる機会をくださったこと、すべてに感謝しています。
良い点
実験動物の広い知識や技術を身に付けられる
悪い点
業務が忙しい為、人によっては大変かもしれない
このクチコミは役に立ちましたか?
申請されたプロフィール
この企業について質問する
国立研究開発法人理化学研究所 での働き方や面接についてコミュニティで質問しましょう。
総合評価
3.6
12 件のクチコミに基づく
5
3
4
3
3
5
2
0
1
1
カテゴリー別評価
3.2
ワークライフバランス
4.1
待遇・福利厚生
2.1
定着率・昇進
2.6
経営陣
3.0
企業文化
職種別の国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ
勤務地別の国立研究開発法人理化学研究所のクチコミ