株式会社ビケンテクノ
更新情報、新着求人、クチコミの通知を毎週受け取る

お客様の期待に応えるために。

最近では、増産のため食品工場の稼動時間が長くなり、機械を深夜しか止められなくなりました。 ビケンテクノの強みは、深夜帯でも対応できる人員体制です。 しかしながら深夜の人の確保は難しいです。ですから私たちは、働きやすい職場環境を整えました。 アルバイト・パートには、できるだけ希望に合わせた時間で働けるようにし、マニュアルを映像化して業務を覚えやすいようにしました。 今後は、今までのノウハウを活かし、洗浄殺菌の資格制度をつくりたいと考えています。 そして、取得者には給与アップなどのモチベーションにつながる待遇を設けたいです。 将来的には、サニテーション事業本部のノウハウを世界の工場に広く伝えていきたいと考えております。

自分の声が会社に届く――だからヤリガイも大きい。

サニテーション事業本部には、現場の声を大切にしてくれる風土があると思います。 私が営業職だった頃の話ですが、お客様に案内するパンフレットが見づらいからイラスト付きにできないか? と課長に相談したところ、要望を受け入れてイラスト付きのパンフレットの刷新を任せてくれました。 ほかにも、食品工場長という業界誌に役員のインタビューを掲載して、当社のことを宣伝してみませんか? と提案して、役員の方が快く引き受けてくれたこともあります。 今は採用関係や新規事業の立ち上げに携わっていますが、これまでのことは自信になっており、 新しいことを始めるモチベーションになっています。 この先も本部のメンバーと一緒に、色んなことを実現させていきたいです。

現場主体だからささいなことでも相談しやすい。

サニテーション事業本部の役員や役職者は現場を経験している人たちばかり。 だから何でも話しやすいんです。 私の事業所には外国人アルバイトがいるのですが、指示や注意事項がうまく伝わらないことがありました。 そこで、日本語が上手なスタッフを通訳役として正社員に登用できないか?と相談すると、 本部がビザのことなどを調べてくれて、正社員にすることができました。それからは業務をスムーズに進めることができています。 相談しやすい環境だから、とても心強いですね。

ソーシャルメディア

Facebook

会社の詳細

本社

大阪府吹田市南金田2-12-1

売上高

100億~500億円

従業員数

1,001~5,000人