Indeed ではプライバシーをどのように考えていますか?

Indeed では、ユーザーのプライバシーを非常に尊重しており、個人情報を保護するための努力の一環として多くのリソースを投じ、日頃より該当するプライバシー規則に準拠するべく努めております。Indeed では、求人検索支援に関して求職者から寄せられる信頼と、優秀な人材の獲得を支援することに関して採用企業から寄せられる信頼を重く受け止めています。Indeed のプライバシー規約では、そのような信頼を守り、ユーザーの個人情報の保護を目指した Indeed の業務のあり方ついて説明しています。

Indeed ではユーザーの個人情報をどのように取り扱っていますか?

Indeed のプライバシー規約の第 3 条と第 4 条では、Indeed 事業体による個人情報の取り扱い方法とその目的を詳述しています。これには、Indeed 製品の向上、ユーザー設定の識別、不正行為の検出、および特定のマーケティング目的でのデータの使用が含まれますが、これらに限りません。

GDPR とは何ですか?

GDPR は欧州連合 (EU) が定めた規則であり、2018 年 5 月 25 日に施行されました。個人情報 (氏名、メールアドレス、電話番号、識別番号など) の保護に関する規則です。この規則では、個人に対してより多くの権利と保護を与えています。また、企業に対しては、個人情報の取り扱いにおける透明性、セキュリティ、説明責任に関してより多くの義務を課しています。

Indeed では GDPR に準拠するためにどのような取り組みを行っていますか?

GDPR は欧州の規則ですが、Indeed では、規則に詳述されている権利を日本人およびその他の非欧州圏ユーザーにも適用することを決定いたしました。これには、より強力な権利、保護、コントロールをユーザーに提供するという取り組みも含まれます。Indeed はユーザーにとって最善なことを行うことに奮励努力しており、そのための変更を加えてきました。

Indeed のプライバシー規約は、すべてのユーザーが容易にアクセスすることができ、Indeed が収集する個人情報および予定されているさまざまな情報処理活動について明記しています。

Indeed はさらに、適用されるプライバシー原則も採用しており、ユーザーのさらなる権利を支援し、あらゆる企業義務を果たすために、いくつかの変更を導入しました。以下に、変更の例を一部ご紹介します。

  • Indeed は引き続き、透明性およびユーザーへの連絡体制を強化し、個人情報の取り扱い方法を可能な限り明確にご理解いただけるよう努めてまいります。
  • Indeed は今後、GDPR に定められている個人の権利を世界規模で促進していく予定です。これには、個人情報へのアクセスやその削除に関する要請を個人が行い、それが受け入れられる権利も含まれます。
  • Indeed は、「プライバシーバイデザインとプライバシーバイデフォルト」のアプローチ遵守に引き続き尽力し、そのために、GDPR におけるプライバシー原則を一貫して適用するとともに、Indeed の製品やサービスの構築および運用においてもプライバシーに配慮したアプローチを採用しています。

Indeed では個人情報の転送をどのように管理していますか?

Indeed では、米国で設計、開発されたシステムを使用して、求職者の活動を支援しています。そのため、ユーザーが望む仕事に就けるよう支援するためには、個人情報を他国へ転送しなければなりません。Indeed は、義務化されているさまざまな法的メカニズムを使用して、個人情報が転送時に適切に保護されるよう保証しています。保護方法については、プライバシー規約の 4.11 項および 4.12 項で詳しく説明しています。個人情報へのアクセスを要請するにはどうすればよいですか? また、正当な要請を行った場合、どのような情報が提供されますか?

Indeed のユーザーは、本サイト上で Indeed により保持される個人情報の大部分にアクセスできます。質問や苦情がある場合は、こちらからお問い合わせください。または、Indeed が保持する個人情報へのアクセスを正式に要請することもできます。この手続きについては、プライバシー規約の 10.4 項で詳しく説明しています。

Indeed はどのような情報を第三者に転送しますか?

Indeed は、本サイトおよび弊社のサービス、製品、機能の改善や、ユーザー保護およびユーザーニーズの把握、サービスおよびユーザーエクスペリエンスの最適化を目的として、Indeed の運営に第三者を使用する場合があります。サービスを提供する過程で、これらのサービスプロバイダーが個人情報にアクセスし、これにより当該個人情報が海外に転送されることがあります。このような転送は、本プライバシー規約の第 4 条、第 5 条、第 9 条に記載されている目的のために適用され、必要な場合にのみ行われます。また、これらの会社は本プライバシー規約に従って個人情報を取り扱うことを要求されます。また、このような個人情報の転送ならびに当該第三者によって行われる処理に関しては、すべての適用法に従う必要もあります。

こうした処置を行う理由には、Indeed のサービス向上、クオリティの維持とユーザーの保護、支払いの円滑化 (当てはまる場合)、第三者のアカウントによるユーザーのログインの許可、ユーザーのカスタマージャーニーの把握と最適化など、さまざまなものがあります。

Indeed アプリをインストールすると、どのような情報が第三者と共有されますか ?

Indeed アプリのインストール、ダウンロード、使用を行うと、一定のサービス提供と適切な広告の表示のため、一部のユーザーデータを当社のサービスプロバイダーと共有することがあります。そうしたデータには、IP アドレスやその他特定の識別子、Indeed アプリのインストールに関わるイベントデータが含まれます。

これは、第三者のアカウントによるユーザーログインの簡略化などのさまざまな目的で行われます。また、以下の事項によって Indeed がユーザーのカスタマージャーニーの全体像を把握し、最適化することを補助するための処置でもあります。(1) ユーザーが Indeed のページを訪れた道筋の把握 (ii) 広告のパフォーマンスのより正確な評価 (iii) ユーザーがさまざまなデバイスから Indeed にアクセスした地点の把握

Indeed アプリをダウンロードあるいはインストールすると、個人情報がこれらのサービスへ転送される可能性について認識し同意したものとみなされます。また、Indeed の Cookie ポリシー、プライバシー規約、利用規約にも同意したものとみなされ、プライバシーポリシーの第 10 条に詳しく記載されているとおりの権利をいつでも行使できるという通知を受けたものとされます。こうした権利には、マーケティングを目的とした個人データ使用による正当な利益に異議を申し立てる権利が含まれます。

こうした動作に対応する技術として、Facebook SDK などのソフトウェア開発キット (SDK)、ピクセル、javascript スニペット、Cookie などがあります。

個人情報の削除を要請するにはどうすればよいですか? また、正当な要請を行った場合、どのような情報が削除されますか?

Indeed のユーザーは、本サイト上で Indeed により保持される個人情報の大部分を、編集および更新することができます。質問や苦情がある場合は、こちらからお問い合わせください。または、Indeed へのお問い合わせではなく、正式に、Indeed が保持する個人情報の削除を要請することもできます。この手続きについては、プライバシー規約の 10.5 項で詳しく説明しています。

LGPD とは何ですか?

LGPD (Lei Geral de Proteção de Dados。以下、「LGPD」) とは、ブラジルにおけるプライバシーに関する法律の1つで、すべてのビジネスが準拠すべき枠組みを規定することによって、個人情報の取り扱いを規制することを目的に制定されています。同法は、ブラジル国内で収集または取り扱われるデータ、または、ブラジル国内の個人への商品またはサービスの提供を目的として取り扱われるデータに適用されます。

Indeed では LGPD に準拠するためにどのような取り組みを行っていますか?

Indeed では、ユーザーのプライバシー、および LGPD などの法律によりユーザーに認められている権利を保護するためのアプローチをグローバルに実施しています。Indeed とその関連サイトは、個人情報へのアクセスやその削除を求める権利など、ユーザーが LGPD により認められている権利を行使しやすいサービスの提供に努めています。また Indeed では、DPO (データ保護責任者) の選任、適切な透明性の確保などを含め、LGPD が義務付けているその他のさまざまな要件に準拠するための対策も行っています。

Indeed は欧州からの個人情報の移転をどのように管理していますか?

Indeed は、米国で設計、開発されたシステムを使い、就職活動の支援をしています。ユーザーが望む仕事に就けるよう支援するために、EU やスイスから米国やその他の国への個人情報の移転が必要となります。Indeed は、個人情報が EU 圏外に移転される時に適切に保護されるように義務化されているさまざまな法的メカニズムを使用しています。 

必要に応じ、Indeed は欧州委員会の標準的契約条項と、GDPR 第5章(および該当する場合は第28条)で定められている保護の両方を採用したデータ移転ならびに処理契約に従います。これにより、EU のデータ保護要件も組み込まれ、個人情報の移転に関する十分な保護が確保されます。

さらに Indeed, Inc. は、EU加盟国およびスイスから米国に移転される個人情報の収集、利用、保持に関するEU-米国プライバシー・シールドの枠組み、並びにスイス-米国プライバシー・シールド枠組みを遵守します。Indeed  Inc. は、通知、選択、第三者への移転に関する説明責任、セキュリティ、データの完全性および目的の制限、アクセス、依頼、履行および責任に関するプライバシー・シールド原則の遵守に関する認証を取得しています。Indeed Inc. のプライバシー・シールド枠組みの遵守について、詳しくはプライバシー・ポリシーの第11条をご覧ください。プライバシー・シールド枠組みについての詳細並びにIndeedの認証についてはこちらをクリックしてご覧ください。

EU・米国間プライバシーシールドに関して裁判所が下した最近の判定は、Indeed にどのような影響を及ぼしますか?

Indeed はユーザーのプライバシー保護に真剣に取り組んでいます。この取り組みには、 Indeed の欧州ユーザーの個人情報を米国に移転する際に、最近の判定の焦点でもあった適切な保護を確保することも 含まれています。

これを履行するために、Indeed では欧州委員会の標準的契約条項と、EU・米国間プライバシーシールド枠組みの両方によって保護措置を行っています。裁判所の判定を受け、こうした個人情報の移転は引き続き、裁判所により有効なデータ移転の手法であると認められた欧州委員会の標準的契約条項の対象となります。

Indeed は個人情報をどの程度の期間保持しますか?

Indeed は、プライバシー規約で定めている個人データの収集または処理の目的に関連して必要な範囲で、あるいは法的義務を遵守するために必要な場合に個人データを保持します。たとえば、事業取引や取引関係の詳細を記した記録は、適用法で認められる範囲で保持します。保存している個人データを、上記の理由で保存する必要がなくなった場合、Indeed は該当する個人データを、適用される法的要件に従って削除します。

Indeed はどのようなセキュリティ対策を講じていますか?

Indeedは、インターネットを通じた情報送信方法または電子的な情報保管方法は100%安全であるとは言えないものの、Indeedの管理下にある個人情報への不正なアクセス、開示、破棄、不慮の損失を防ぐための合理的なセキュリティ対策をしています。Indeed が行なっている取り組みは、データの性質、処理の状況、リスク、および利用可能なテクノロジーにより、多岐にわたります。 

データ移転に関しては、Indeed は欧州委員会標準的契約条項と、GDPR 第5章(および該当する場合は第28条)で定められている保護の両方を採用したデータ移転ならびに処理契約に従います。また、Indeed Inc. は EU・米国間のプライバシー・シールドのもとで認証を受けており、セキュリティに関するものも含め、適用されるプライバシー・シールドの原則に従っています。 

Indeedが取っている対策について、またユーザーの求職活動時の個人情報保護に役立つアドバイスについて、詳しくはIndeedのセキュリティページをご覧ください。

Indeed が導入する変更は、Indeed 履歴書の現在の使用に影響しますか?

「公開」に設定されている履歴書は引き続き、Indeed の各条項で定めている現在の限度内でご利用いただけます。Indeed は前述のとおり、適用される規則に従って合法的な処理を行い、ユーザーの権利を保護するために、必要な変更を行いました。

Indeed は国際的なプライバシー規則を遵守していますか?

Indeed では、ユーザーのプライバシーを非常に尊重しており、個人情報を保護するための努力の一環として多くのリソースを投じています。これには、Indeed の Cookie ポリシー、プライバシー規約、利用規約で適用を定めているプライバシー規則を厳重に監視し、慎重に遵守することが含まれます。Indeed では、求人検索支援に関して求職者から寄せられる信頼と、優秀な人材の獲得を支援することに関して採用企業から寄せられる信頼を重く受け止めています。Indeed のプライバシー規約では、そのような信頼を守り、ユーザーの個人情報を保護するための Indeed の業務のあり方について説明しています。