バイト・パート用/基本情報の書き方

アルバイト・パートの面接に欠かせない「履歴書」。 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します。

履歴書の最初に記載する「基本情報」の書き方を解説します。 氏名・ふりがな・日付・生年月日・住所などの書き方のマナー・ルールなど、重要なポイントを押さえましょう。 履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。 ぜひ参考にしてください。

バイト・パート用 基本情報の書き方
1

日付

履歴書の右上にある日付です。日付は、履歴書を提出する日。郵送の場合は投函日を記載します。職務経歴書にも日付を記載する場合、履歴書の日付と統一させましょう。西暦・元号どちらで表記しても問題ありませんが、履歴書全体で西暦・元号を揃えてください。
2

氏名

戸籍に登録している名前を記載します。姓と名の間に、スペースをあけて記載しましょう。旧字体であっても略字を使用せず、旧字体のままで記載してください。「ふりがな⇒ひらがな」「フリガナ⇒カタカナ」で記入します。
3

生年月日

自分の生年月日を記載します。日付時点の年齢を記入しましょう。履歴書全体で西暦・元号を揃えてください。
4

証明写真

証明写真は、縦36mm~40mm・横24mm~30mmサイズを貼ります。 3カ月以内に撮影したカラー写真を使用しましょう。 証明写真の撮り方は、こちらを参照ください。
5

現住所

現住所を正式名称で記載します。番地・マンション名など、略字を使用してはいけません。ふりがなは数字以外に対して記載すると良いでしょう。
6

連絡先

連絡先が現住所と異なる場合、別途記載します。現住所と同じであれば「同上」と記入しましょう。
7

電話番号

日中に連絡が取れやすい電話番号を記載します。固定電話がなければ、携帯電話のみで問題ありません。
8

メールアドレス

応募先からのメール連絡がくる可能性があるため、連絡を確認できるアドレスを記載しましょう。個人で取得したフリーアドレスなどが良いでしょう。
ただし、迷惑メールへ振り分けられないよう、メール受信設定には注意してください。会社専用のメールアドレスを記載すれば、公私混同と見られ社会人としての常識を疑われるため避けましょう。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up