バイト・パート用/履歴書の見本

アルバイト・パートの面接に欠かせない「履歴書」。 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します。

「履歴書を書きたいけど、どう書けば良いか分からない」と悩んだ経験はありませんか? そんな悩みを解決できるように、アルバイト活動に必要な履歴書の見本と、よくある質問・注意点をまとめました。 履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。 履歴書作成をする時、ぜひ参考にしてください。

バイト・パート用 履歴書の見本

バイト・パート用・履歴書の作成ポイントとは?

POINT1:文字の書体・大きさを揃え、適度な余白を入れる。
POINT2:ふりがな・カタカナの表記は、フォーマットに記載している表記に統一する。
POINT3:履歴書に記載する年月日は、西暦・元号どちらか選び全体で統一する。
POINT4:履歴書全体が「見やすい」「正確」であるかどうか。

最低限、上記の4つのPOINTを押さえましょう。 バイト・パートでは、応募者が多い場合、履歴書で書類選考が行われるケースがあります。 いかに「一度会ってみたい」と思われるかが、合格を勝ち取る第一歩です。

履歴書における各項目・記入例の詳細は、以下の各項目・見本サンプルを参照ください。

以下は、履歴書を作成する時、よくある質問・注意すべき点です。 履歴書を作成する前に見本としてチェックしましょう。

よくある質問・注意すべき点

1

履歴書は手書きにするべき?

ただし、採用担当によっては「人柄が出る手書き履歴書にすべき」「パソコンスキルを判断する為にパソコンで作成すべき」と意見もさまざまです。 傾向として、「大企業・老舗企業は手書き履歴書」「WEB業界・ベンチャー企業はパソコンで作成した履歴書」が好まれやすいと言われています。履歴書をどちらで作成するかは、応募先の企業によって使い分けると良いでしょう。

2

履歴書を手書きする際の注意点は?

履歴書は公的な書類になるので、シャーペン・鉛筆・修正液は使用してはいけません。

シャーペン・鉛筆は、文字が擦れて消える可能性があるため、滲みにくいボールペンを使用しましょう。また、修正液を使用すると見栄えも悪くなる上に、誰が文字を修正したのか判断ができません。

そのため、履歴書で書き間違えた場合には、修正ペンではなく二重線と訂正印で対応します。 二重線は、必ず定規を使って黒のボールペンで線を引きましょう。

ただし、採用担当によっては履歴書の書き損じをマイナスポイントに見られやすいため、なるべく最初から書き直す事が望ましいでしょう。

3

履歴書は自作していい?

応募先からの指定がなければ、履歴書は自作しても問題ありません。 必須項目(氏名・連絡先・学歴・経歴・証明写真)を入れる他に、「見やすさ」を意識して自作するのがポイントです。

4

履歴書をパソコン・スマホで作成するには?

履歴書を手書きで作成するのが一般的でしたが、履歴書を手書きで書くと、時間や手間、書き損じのリスクもあるため、パソコンで作成する人も増えてきました。

Indeed履歴書アプリでは、テンプレートに沿って質問事項に入力するだけで履歴書を自動作成できます。スマホやタブレットで簡単に履歴書を作成したい人にオススメです。

詳しくは、こちらを参照ください。

5

履歴書を使いまわしていい?

一度使用した履歴書を、使いまわしてはいけません。 志望動機や自己PRが、前に応募した企業に沿った内容、日付が古い状態だと印象が悪くなるからです。使いまわしせず、応募先の企業に沿った内容・情報を更新した新しい履歴書を作成しましょう。

6

履歴書に空欄はNG

空欄は、記入漏れ・志望意欲が低いと判断されるため、空欄にせずすべて埋めます。資格・本人希望・扶養家族・賞罰欄で書くことがない場合でも、「特になし」「0人」など記載しましょう。

7

略語ではなく正式名称で記載する

一般的に略称で使用する言葉であっても、履歴書に略称で記載するのはNGです。履歴書は公的な書類なので、採用担当者は名称に注意してチェックしています。正式名称でなければ印象は悪くなるでしょう。

8

バイト経験の記載は省略してOK

複数のバイト経験・1日で退職した場合は、あえて履歴書に記載しなくても問題ありません。 ただし、ウソのバイト経験を記載し、応募先に発覚された場合、信頼関係がなくなり解雇・退職に繋がりかねません。 履歴書は必ず真実のみ正直に記載しましょう。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up