バイト・パート用/履歴書 志望動機の書き方

アルバイト・パートの面接に欠かせない「履歴書」。 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します。

バイト・パート応募時に、大きなアピールポイントになる「志望動機」の書き方を解説します。どんな志望動機が採用担当に響くのか、書き方のマナー・ルールと一緒に重要なポイントを押さえましょう。履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

志望動機を書くポイントとは?

1応募職種の仕事を志望する理由は?
2応募企業ならではの強み・特徴を捉えているのか
3経験やスキルをアピールできているか?
4企業やお店にどのように貢献できるのか

上記1~4を、具体的かつ客観的に記載しましよう。今までの経験が、どのように貢献ができるのかを記載すると自己PRにも繋がります。応募先の企業やお店が「どのような人材を求めているのか?」を求人票・企業情報から必要なスキルや人物像を理解するのがポイントです。

応募先だからこそ入社後にしたいこと・入社したい気持ち・熱意をアピールしましょう。

もし、志望動機を書くのに困ったらindeed履歴書アプリの利用がオススメです。志望動機の記入欄にある3種類以上の“例文”を選ぶと、志望動機の例文テンプレートを自分好みにカスタマイズできます。詳細は、indeed履歴書アプリについて参照してください。

志望動機でNGな書き方とは?

「時給が高いから」

「ほかに時給が高いアルバイトを見つける、お金が貯まったらすぐに辞めんじゃないか?」など、マイナスイメージを持たれてしまうため、「時給が高いから」のみの志望動機はNG。時給が高いアルバイトがどうして必要なのか、その理由を振りかえって見てください。例えば、「奨学金の返済のため」「海外留学の資金集めのため」「住宅ローンの返済のため」など、理由がわかれば採用担当者も納得しやすく好印象になるでしょう。

「仕事が楽そうだから」

「仕事が楽そう」という言葉は、実際に応募先の職場で働いているスタッフに対して失礼な印象を与えます。「楽な仕事をしたい」と考える人から意欲や熱意を感じないため、不採用に繋がるでしょう。

「友達が働いているから」

「友達が辞めたら一緒に辞めるのではないか?」と思われるため、書かない方が無難です。書くとすれば、「きっかけは友人からの紹介ですが、貴店の接客・サービスのきめ細かさに惹かれ応募しました。」と、自分から進んで応募した姿勢を見せる意欲・熱意が伝わり好印象になるでしょう。

「未経験OKだと書いてあるから」

「未経験OKだから」だけでは志望動機として弱く、応募先にとっても経験者より未経験者を採用するメリットも薄いため書かない方が無難です。バイト未経験な場合は「バイトは未経験ですが、自分の粘り強さと積極性を活かし、1日でも早く仕事を覚え貢献したいです。」など謙虚さ・真面目さ伝えると良いでしょう。

「特になし」

「働けるなら、どこでも良いのか?」「働く意欲が見られない」とマイナスに判断されます。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up