職務経歴書の書き方/医療業界

今までの経歴・実績・業務内容を詳細に記載する職務経歴書。 転職活動では、この職務経歴書でいかに自分のスキル・経験をアピールできるかが採用を左右します。

医療業界の経歴をアピールできる「医療業界向けの職務経歴書の書き方」を紹介します。「採用担当者はどこをチェックするの?」「アピールするコツは?」など、気になる疑問点・書き方のポイントを押さえましょう。履歴書・職務経歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

例文・サンプル
職務経歴書の基本の書き方は、この記事を参照ください。

採用担当者のチェックポイント

1実務経験・専門性の有無
2担当した施設・業務内容との関連性
3マネジメント経験の有無

上記3つのポイントは、医療業界の判断軸なので必ず記載しましょう。採用担当者は「採用後にどんな活躍・貢献ができるのか?」を軸に、今までの医療業界の経歴をチェックします。

看護師・薬剤師などの医療業界は、実務経験・専門スキルと一緒に即戦力を求められます。勤務した病院・クリニックの規模・担当業務・新人研修の経験なども記載し、自分の強みをアピールしてください。

医療業界でも、専門性が高い知識・求められるスキル・業務が幅広いので、面接担当者にイメージされやすいよう、担当した業務内容を詳細に記載しましょう。具体的にエピソードがあると、より説得力・信頼性を増す職務経歴書になります。

また医療業界への転職をする場合、即戦力を期待される職種のため、専門性が高い知識やマネジメント経験の有無・過去の経験・スキルを「入社後には具体的にどう活かせるか?」へ結びつけることがポイントです。

民間企業や他の業界・職種への転職を希望する場合、PCスキルが求められるケースが多いため、Microsoft Office(Excel・Word・PowerPoint)など使用レベルを詳細に記載するのがオススメです。

経験をアピールできるコツ

1工夫した事・結果を具体的に記載する
2ホスピタリティ精神・学習意欲の高さ

医療業界は患者やクライアントと接する中で、「何が求められているか」「患者のために何ができるか」などホスピタリティ精神が求められます。マニュアル通りにいかない業務も多いため、臨機応変に対応し解決できたエピソードを記載すると危機管理能力・柔軟性を高く評価されるでしょう。

また採用担当者は「自主的に考え・行動し、貢献できるか」をチェックするため、職務経歴書だけでなく面接時にも医療業務への工夫した点を用意すると良いでしょう。

医療業界は患者の命を預かる業務なため、つねに新しい知識・スキル勉強が欠かせません。スキルアップ・自己研鑽のために取り組んだ事があれば、記載しましょう。積極性・向上心があることは、医療業界に必要不可欠な姿勢です。

職務経歴書を簡単に作成する方法

「職務経歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up