職務経歴書の書き方/営業職

今までの経歴・実績・業務内容を詳細に記載する職務経歴書。 転職活動では、この職務経歴書でいかに自分のスキル・経験をアピールできるかが採用を左右します。

営業職としての経歴をアピールできる「営業職向けの職務経歴書の書き方」を紹介します。「採用担当者はどこをチェックするの?」「実績がない場合の対処法は?」など、気になる疑問点・書き方のポイントを押さえましょう。履歴書・職務経歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

例文・サンプル
職務経歴書の基本の書き方は、この記事を参照ください。

採用担当者のチェックポイント

1ターゲットは? (法人・個人・エリア・業種・新規・既存など)
2商材は? (サービス・商品の詳細を具体的に記載する)
3営業スタイルは? (飛び込み・テレアポ・反響営業など)
4実績は? (年・月間の売り上げ・達成率・成約件数・表彰歴など)

上記4つのポイントは、営業マンとしての判断軸なので必ず記載しましょう。採用担当者は「採用後にどんな活躍・貢献ができるのか?」を軸に、今までの営業職としての経歴をチェックします。

営業職は、業種・ターゲット・商材などによって営業スタイルは様々です。業界が異なれば同じ営業職であっても、応募先にとって馴染みがない分野の可能性があります。「ターゲット」「商材」「営業スタイル」「実績」を具体的・詳細に記載すれば採用担当者は、あなたが今まで培われたスキル・経験を具体的にイメージできるでしょう。いかに客観的で分かりやすく簡潔に記載できるかがポイントです。

営業経験をアピールできるコツ

1実績は箇条書きで分かりやすく
2達成率・前年比など様々な角度で営業力をアピール
3売り上げ達成への工夫・強み・得た経験を簡潔に伝える

営業の具体的な実績を数字・箇条書きで記載するのがポイントです。営業成績に自信がない場合、「前年対比」「部門売り上げ」など、自分がアピールしやすい角度で工夫してください。さらに営業成績の中で、工夫したこと・どのように達成してきたかを職務経歴書の一番下の自己PR欄に記載しましょう。問題解決スキル・積極性・交渉力・企画力など、営業成績の説得力も相まって効果的にアピールできます。

社会人経験が浅い・業界全体の売上が落ち込んでいる傾向であれば、営業成績を数字でアピールしにくい場合も考えられます。数字でのアピールが難しければ、売り上げ達成のために努力したこと・自分の強み・得た経験を具体的に記載しましょう。

(例文)
「顧客が求めているニーズ・情報収集を心掛け、最新情報があれば定期的に顧客へ共有して参りました。次回契約を頂いた際スムーズなお取引ができるよう顧客との良好な関係性づくりを心掛けています。結果、既存の顧客からの信頼を頂き、ご紹介を頂くことが増えました。」

上記の例文であれば採用担当者は、実績が数字で出せなくても、あなたの顧客へのきめ細かいフォロー姿勢、粘り強さ・仕事への意欲を評価する可能性が高くなります。採用担当者は「前職で何を学んだか、採用後にどう活かし・貢献できるか?」を判断するため、目標に向かってどのように努力したかを主軸にアピールしましょう。

職務経歴書を簡単に作成する方法

「職務経歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up