職務経歴書の書き方/技術職

今までの経歴・実績・業務内容を詳細に記載する職務経歴書。 転職活動では、この職務経歴書でいかに自分のスキル・経験をアピールできるかが採用を左右します。

技術職としての経歴をアピールできる「技術職向けの職務経歴書の書き方」を紹介します。「採用担当者はどこをチェックするの?」「何をアピールしたら良いの?」など、気になる疑問点・書き方のポイントを押さえましょう。履歴書・職務経歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

例文・サンプル
職務経歴書の基本の書き方は、この記事を参照ください。

採用担当者のチェックポイント

1経験・知識の幅広さ
2担当した業務の詳細
3取り組んだ実績・成果
4改善に工夫したポイント

上記4つのポイントは、技術職としての判断軸なので必ず記載しましょう。採用担当者は「採用後にどんな活躍・貢献ができるのか?」を軸に、今までの技術職としての経歴をチェックします。

技術職は、生産技術・機械設計・品質管理などプロジェクトや担当業務の幅が広いため、担当した業務を詳細に記載しましょう。自社で取り組んだ業務が、他社では取り扱わない業務の可能性があるため、どんな小さなスキル・経験も記載するのがオススメです。

また、技術職は専門的な知識・経験のほかに、コミュニケーション能力も重視されます。各部署との連携・現場社員・顧客からの問い合わせ対応など人との関わりが多いため、対応力・マネジメント経験があると大きく評価されます。

業務への貢献・実績の中に、「どのように周りと連携し、達成できたか」エピソードを記載すると、入社後の活躍をイメージされやすいでしょう。

経験をアピールできるコツ

1使用できるツール・システムは詳細に記載
2業務向けの専門用語でも記載

現場スタッフのみしか使用しない専門用語・ツール・システムであっても職務経歴書に記載して問題ありません。技術職は、専門的な経験・知識を求められる業務なため、現場責任スタッフにも職務経歴書のチェック・面接の担当をされるケースが多いでしょう。

技術職は専門性が高い職種であるため、同業であっても取組方法や分野がまったく異なる場合も珍しくありません。自分が過去に担当した業務内容・使用ツールが、応募職種と関連性が低いと感じる可能性もあります。しかし、技術職は経験の幅広さがプラスに評価される・応募先企業の独自の業務取組と繋がりがある可能性があるため、経験した業務・ツールなど全て記載するのがオススメです。

自分が「どんな業務・プロジェクトを」「ツール・システムを使って」「工夫した点」「その結果」を棚卸ししてください。

専門的な知識を持たない採用担当者にも、経歴・実績を分かりやすく伝えるために、実績を数字で記載すると貢献度をイメージされやすいでしょう。

職務経歴書を簡単に作成する方法

「職務経歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up