転職用/履歴書 封筒の書き方

転職活動に欠かせない「履歴書」 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します

転職の際、ビジネスマナーをチェックされる「履歴書の封筒」の書き方を解説します。様・御中の違い、「履歴書在中」の書き方など、履歴書の封筒だからこその常識的なビジネスマナー・ルールなど、好印象を与えられるポイントを押さえましょう。履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

◆Indeed履歴書サンプルイメージ

履歴書の封筒の書き方・注意点

1個人宛に送付する場合、「△△株式会社 採用ご担当者 ○○様」と記載*
2企業・部署宛に送付する場合、「△△株式 人事部 御中」と記載*
3封筒の表面・左下に赤ペンで「履歴書在中」を記載
4封筒の裏面・左下に自分の名前・住所を記載
5企業名・部署名・住所は略語を使用せず、正式名称で記載*
6履歴書はクリアファイルに挟み封筒へ入れる
7封筒には、横書きではなく縦書きで記載
8送付状+料金分の切手を準備する*

*は郵送時のみ封筒に記載する。持参・手渡し用の封筒には、どこ宛かを記載する必要はありません。履歴書の手渡し方について、こちらを参照ください。

採用担当者が、履歴書を見る前に封筒の書き方・入れ方で「社会人としての常識はあるか?」をチェックします。とくに、ビジネスマナーの一般常識として、「様」・「御中」の併用はNGです。上記項目の通り、他のルール・マナーに注意しましょう。

履歴書の封筒の書き方・入れ方にも、採用担当者の立場になって見やすさ・丁寧さを意識するのが重要です。

例えば、

・誤字脱字がない・封筒と履歴書の入れる向きが反対になっていないか・封筒サイズが小さくて履歴書が3つ以上の折り目をつけていないか

上記の項目等、チェックしましょう。

採用担当者がスムーズに書類選考を行える封筒の書き方・入れ方であれば「配慮ができる・常識がある」とプラスイメージに繋がります。

履歴書・送付用の封筒が作成できたら、最後にもう一度チェックしましょう。小さなミスであっても、採用担当者から見ると大きなマイナス評価に繋がりかねません。最後まで細心の注意を払いましょう。

履歴書のメールの送り方・手渡し方については、こちらを参照ください。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up