転職用/履歴書 履歴書の手渡し方

転職活動に欠かせない「履歴書」 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します

転職の際、ビジネスマナーをチェックされる「履歴書の手渡し方」を紹介します。「履歴書は封筒のまま手渡しでOK?」「受付で提出を求められた時の渡し方は?」など常識的なビジネスマナー・ルールなど、好印象を与えられるポイントを押さえましょう。履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

履歴書の手渡し方・ポイント

1履歴書はクリアファイル+封筒に入れて持参する
2手渡しには送付状は必要なし
3受付で提出を求められたら封筒のまま
4面接官に直接提出を求められたら、封筒から取り出す

面接当日に履歴書を持参する場合、上記4つがポイントです。まず、履歴書はクリアファイルに挟み、封筒に入れて持参しましょう。カバンの中で、履歴書が汚れる・折り曲がってしまう可能性があるためです。

封筒に入れる書類の順番は、「履歴書⇒職務経歴書⇒その他応募書類」で入れると良いでしょう。※送付状は郵送時に入れるため、手渡し時には必要ありません。

注意点として、履歴書を持参する場合の封筒は、のり付け等してはいけません。面接では履歴書をもと確認・選考を進めるため、のり付けをはがす手間が発生し、スマートな印象にならないためです。

履歴書を入れる封筒の書き方について、こちらを参考にしてください。

受付での提出は封筒ごと手渡す

応募企業先に訪問した際、受付で履歴書の提出を求められる場合があります。その際は、カバンから履歴書が入った封筒のまま、両手で持ち相手側に向かって丁寧に手渡します。指示がなければ、封筒から履歴書を取り出した形で手渡さない方が良いでしょう。

応募企業先に到着する前に、いつでもスムーズに取り出せる位置に準備するとスマートな印象を与えることができます。

面接官に直接提出する時は封筒から取り出す

面接官から履歴書の提出を求められた際、封筒から取り出し手渡しします。クリアファイルに挟んだままの履歴書(応募書類一式)の下に封筒を添え、相手側に向かって両手で丁寧に手渡ししましょう。

「こちら履歴書をお持ちしました。本日は宜しくお願い致します。」と一言お辞儀をして手渡すと礼儀正しい丁寧な印象を与えられるでしょう。

封筒から履歴書を取り出して手渡す理由は、面接官に封筒を開ける手間を無くすためです。面接・選考にかけられる時間は限られているため、細かい事でも相手の時間・手間を取らせない配慮や行動が、合否を分けるポイントと言えます。

履歴書の持参を求められたにも関わらず、「履歴書の提出をお願いします。」と言われなかった場合、「履歴書を持参しましたが、いかがいたしましょうか?」と尋ねてみましょう。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up