転職用/履歴書 志望動機の書き方

転職活動に欠かせない「履歴書」 採用担当経験者が、履歴書の書き方・ルール・マナーを分かりやすく解説します

転職の際、大きなアピールポイントになる「志望動機」の書き方を解説します。どんな志望動機が採用担当に響くのか、書き方のマナー・ルールと一緒に重要なポイントを押さえましょう。履歴書を簡単に作成できるindeed履歴書アプリも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

志望動機を書くポイントとは?

1応募職種の仕事を志望する理由は?
2応募企業ならではの強み・特徴を捉えているのか
3経験やスキルをアピールできているか?
4会社にどのように貢献できるのか

上記1~4を、具体的かつ客観的に記載しましよう。今までの経験・スキルが、どのように貢献ができるのかを記載すると自己PRにも繋がります。そのために、応募先企業が「どのような人材を求めているのか?」を求人票・企業情報から必要なスキルや人物像イメージを理解するのがポイントです。

競合他社にはない、応募先だからこそ入社後にしたいこと・入社したい気持ち・熱意をアピールしましょう。

もし、志望動機を書くのに困ったらindeed履歴書アプリの利用がオススメです。志望動機の記入欄にある3種類以上の“例文”を選ぶと、志望動機の例文テンプレートを自分好みにカスタマイズできます。詳細は、indeed履歴書アプリについて参照してください。

志望動機でNGな書き方とは?

「経営理念に共感しました。」

よく聞く志望動機の一つですが、論理的に説明できなければNGです。志望動機が漠然とし過ぎている、ほかの企業でも当てはまるため、明確な答えを出せないと、採用担当者から「本当に共感しているのか?」「適当に書いたんじゃないのか?」と怪しまれ志望度が低いと見なされるでしょう。

「経営理念に共感しました」と書く場合は、どのような部分で、根拠は、その背景は?など“共感”の部分を、自分の言葉で奥深く説明できるよう準備しておきましょう。

「~学ばせて頂きたいです。」

「御社で学ばせて頂きたいです。」という表現は、謙虚に聞こえますがNGです。企業は学校や職業訓練の場所ではなく能動的に働くビジネスの場なため、志望動機として「学ぶ」という表現は、「受け身」「企業任せ」なマイナスイメージを持たれてしまいます。

とくに社会経験が浅いビジネスパーソン・未経験職種への転職に多くみられるため、注意しましょう。

スキルアップ・向上心の高さをアピールするなら「自分の経験・スキルが役立てるなら、積極的に貢献し、周りとも高め合えるような人材になるべく精進します。」など謙虚さ・真面目さ伝えると良いでしょう。

「○○の条件が合う・長く働きたいから。」

条件や待遇面は企業選びの重要なポイントです。しかし、志望動機には仕事内容やキャリアなど応募先の事業・仕事内容に関連した動機を記載しましょう。

(例)
・家が近い
・福利厚生があるから
・高収入でボーナスがあるから

上記のような条件・待遇面などを押し出した志望動機は、「条件が良ければ、どこでも良いのか?」「働く意欲が見られない」とマイナスに判断される可能性があります。

履歴書を簡単に作成する方法

「履歴書を簡単に作成したい」と思ったらIndeed履歴書アプリの利用がオススメです。スマートフォン・タブレットでIndeed履歴書アプリをインストールすれば、テンプレートをもとに簡単に履歴書を作成できます。ブラウザで作成したい方は、下記リンクより作成することもできます。志望動機・自己PRのサンプル例文もあるので、履歴書作成の参考になるでしょう。

アプリの場合は、近くのコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で直接印刷もOK!履歴書の作成後にPDF形式でダウンロードすれば、自宅のプリンターからも印刷できます。

ブラウザでの作成の方はこちら
いますぐブラウザで作成
アプリで作成する方はこちら
詳細は、Indeed履歴書アプリについて参照してください。

履歴書をダウンロードする方法

Indeedでは、無料で履歴書テンプレートをダウンロードできます。JIS規格の履歴書、転職用の職務経歴書のテンプレートをご用意しています。こちらは手書きで履歴書を作成する場合にご活用いただけます。

詳細はこちら⇒
chevron up