ホワイトベアー株式会社

「採用活動における Indeed の優位性、一度使ってみれば、分かるはずです。」

代表取締役 横尾 秀徳 氏, ホワイトベアー株式会社
すべてのケーススタディを表示

IT 業界にとって人材確保は重要な経営課題のひとつです。
東京都内に会社を構える IT ベンチャー「ホワイトベアー株式会社」の代表取締役、横尾秀徳さんに、これまでの採用の悩みと人材確保に至るまでを聞きました。

人が集まらない、定着しない

6年前、SEOコンサルティングを主業務とする会社「ホワイトベアー」を設立しました。得意先のウェブサイトの検索優位性を高め、検索エンジンからたくさんの見込み客を顧客サイトへ継続的にアクセスさせるための企画から、コンテンツ設計、検証・解析など、幅広くサービスを提供しています。これまでに500社以上の企業から依頼を受ける一方、従業員は10数名で、人材確保は常に課題でした。IT業界は人材の流動性が高く、向上心が高い人ほど短期間でノウハウを修得して独立するため、定着しにくい現状もあります。

今年 3月から Indeedを利用

創業以来さまざまな求人情報サイトで人材を募集してきました。我々のような資本の少ないベンチャー企業にとって求人広告費の負担は重く、その割に反応は薄い。掲載までに時間もかかる。もう少し安く速く、いい人材を集められないかという思いは常にありました。そうした中、得意先の警備会社の方から「いいよ」と教えていただいたのがIndeedです。すぐに調べて登録。無料で求人掲載したのが今年3月です。想像以上に反応が良かったので、有料に切り替えて露出を増やしてみることにしました。

「採用活動における Indeed の優位性、一度使ってみれば、分かるはずです。」

代表取締役 横尾 秀徳 氏,
ホワイトベアー株式会社

優れた費用対効果で、採用コスト削減

これまでの求人広告は取材を受けて原稿をまとめてもらい、内容をチェツクして…と掲載までに時間がかかりましたが、Indeedは自分で入力した当日から掲載ですから、とてもスピーディーです。また、応募が多い場合、いったん掲載を中止して面接に専念。求める人材が見つからないときは掲載を再開するなど、フレキシブルに活用できます。しかも、求人情報はクリック課金の料金設定のため、最も安価なケースでは1人当たりの採用単価が2万円弱だったことも。従来の媒体に比べ、非常に効率が良いと感じています。

検索エンジンのサイト評価も上昇中

私は仕事柄、検索エンジンを毎日チェツクしていますが、「職種名」と「求人」のキーワードで検索すると、Indeed が最上位に表示されることが増えてきました。これは単純にサイトに集客力があるだけではなく、Indeed の認知度が高まり求人件数が増えているからでしよう。Googleはポピュラリティーを反映したアルゴリズムをつくっていますから、そこで Indeed が上位に表示されるということは、社会的な評価が上がってきている証拠。今後この傾向はますます加速するだろうと考えています。

(2017年 11月 21日 北海道新聞掲載)