株式会社カネマツ

"Indeedを求人活動の中心にして有効活用することで、求人効果の可能性はさらに広がると思います。"

小貫仁詞さん, 業務管理課 課長 株式会社カネマツ
すべてのケーススタディを表示

背景:

ライジンググループは、北海道・東北・関東の各エリアで「ラ イジング」の屋号で30店舗のパチンコホールを運営していま す。「パチンコ」は人に潤いや活力など「恵み」を与えてくれる 日本特有の「文化」だと考える当社では、「パチンコ」という文 化・娯楽を通して地域社会とのコミュニケーションを図り、 “ お客様の大切な余暇の時間を快適に過ごしていただくこと” を重要な使命として掲げています。実際、今年9月の北海道胆 振東部地震では、被災後に安全を確認し営業可能な店舗か ら順次営業を再開し、携帯の充電に必要な電源やトイレなど を無償提供して、地域住民の方々が安心できるコミュニティ スペースとして開放しました。

当社には創業者が残された四つの言葉があります。「一枚岩 」「組織人」「真摯」「使命」。「弊社スタッフはこの四つの言葉 を行動指針として活動しています。」と話すのは、業務管理課 課長 小貫(こぬき)仁詞さん。「特に一枚岩で真摯に仕事に 取り組む姿勢が社風としてありますので、チームワーク・協調 性のある方、まじめに仕事に取り組める方を求めています。」 さらに当社では、新人社員研修や先輩社員とのOJT研修を通 して、未経験者の方でもチャレンジできる環境を準備してい るため、明るくコミュニケーション力に富んでいる方なら、楽しい職場として大いに活躍できるはずと小貫さんは付言します。

アプローチ:

今までの求人は人員不足の都度、ハローワークを中心に求 人誌媒体や一定期間のウェブ媒体の掲載を実施していまし た。ただし従来の方法だと、近年の人手不足による求人増加 のため掲載が埋もれてしまう、求人誌ではエリアが限定され て広く告知ができない、掛けた費用に対しての効果が予測で きない、という問題がありました。しかも複数の事業所で求人 した場合、充足した事業所をリアルタイムで削除できずに無 駄な費用が流出することも大きな課題でした。そこでより費用 対効果のある媒体を探し、同時に求人広告全体がウェブメデ ィアに移行してきたことを考慮し、Indeedの有料掲載に踏み 切りました。

「はじめは活用の仕方がわからず、とまどいもありました」と小貫さん。「しかし、クリック課金制度や人員補充優先度の 選択、リアルタイムに掲載ON・OFFが可能でHPや他求 人との連動が出来ることなど、掲載者の意図をウェブ上で表す ことが可能なため、今では非常に使い勝手の良い掲載サイト として活用しています。」従来の掲載期間という「時間」に対しての支払いから、「クリック=効果」に対しての費用発生に変 わったことで、「クリックさせる費用の掛け方」を実践するスタ イルに採用活動が変化したと小貫さんは言います。

結果: 

Indeed導入後、告知エリアの拡大と上位掲載を自由に入れ替えることができるため、小貫さんは戦略的に掲載を行うこ とができるようになったそうです。「戦略的とは、求人する事 業所ごとに課金優先順位を決めて、応募・採用の状況により 課金額や優先順位を入れ替えるメンテナンスを自分ででき ることです。」こうして複数の事業所募集や求人職種について 、アナリティクスデータを基に単品管理することにより、導入 以前より応募数が3倍、採用数が2倍と飛躍的に増加し、また費用対効果の改善にも繋がりました。

「他の媒体の掲載も検索出来るIndeedを求人活動の中心に して、“求人専用検索エンジン”と“露出度の一番高い求人メデ ィア”の二面性を有効活用することで、求人効果の可能性は さらに広がると思います。」と、小貫さんは期待を寄せます。そして最後にこう言い添えてくれました。「ただ、このように発想し工夫出来るのも、導入当初の試行錯誤の段階で、Indeedの担当の方が丁寧に順序立ててアドバイスしてくれたおかげ なので、これからもIndeedの的確かつ有効なフォローが結 果を出す大きなポイントだと捉えています。」

"求人する事業所ごとに課金優先順位を決めて、応募・採用の状況により 課金額や優先順位を入れ替えるメンテナンスを自分ででき ることです。"

小貫仁詞さん, 業務管理課 課長
株式会社カネマツ