求人情報の掲載料金がかからないIndeed(インディード)とは


求人情報を掲載するときはコストをできるだけ抑え、効率的に採用活動をしたいと考える方もいると思います。ここでは求人媒体を探している採用担当者向けに、Indeedの料金の仕組みや掲載するための方法、有料掲載を有効活用する方法を解説します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

Indeedとは


Indeedは全世界で2.5億ユニークビジター(※1)、日本国内でも3,000万以上訪問がある(※2)「求人検索エンジン」です。最近ではテレビコマーシャルを中心に広報活動をしており、名前を知っている人は増えてきました。
 
(※1)comScore 訪問数 2019年3月時点
(※2)SimilarWeb 総訪問数 2020年1月時点
 
Indeedはクローリング(※3)によって求人情報を収集しているため、掲載は無料です。

Indeedのクローリングによる掲載方法について

(※3)「クローリング」とは、プログラムがインターネット上のリンクからサイトを巡回し、情報を複製・保存すること。

 
 

Indeedの掲載料金の仕組み


前述したクローリング以外にも、料金がかからずIndeedに直接投稿する方法もあります。直接投稿する方法は簡単です。「jp.indeed.com/求人広告」へアクセスし、アカウントを作成して、必要情報を入力していきます。

求人検索エンジン「Indeed」の求人投稿画面

<Indeedで求人票を作成する>
jp.indeed.com/求人広告
 
ここでは、無料掲載とあわせて利用できる有料版の「スポンサー求人」について紹介します。

 
 

◆有料掲載の「スポンサー求人」


以下のような場合は、無料掲載だけではなくスポンサー求人(有料オプション)を検討してみましょう。

 

  • 急ぎで採用したい
  • 無料掲載を実施したがクリックされない
  • 応募が来ない
  • 応募はあるが、求める人材からの応募が来ない
  • 応募はあるが、採用につながらない


Indeedのスポンサー求人の料金形態はクリック課金型で、求職者がページをクリックしたときにはじめて料金が発生する仕組みです。クリック単価は入札形式で決まり、需要や競合状況によって変わります。
 
また、掲載場所はクリック単価の料金設定によって変わります。入札単価を高く設定すれば検索結果に表示されやすくなりますが、入札単価を抑えすぎると掲載位置が下がりクリックされる確率が低くなります。自社にとって適正な入札単価がどれぐらいなのか見極めて効率的な運用を目指しましょう。

 
 

◆有料掲載のメリット


Indeedの有料掲載を利用すると表示されやすくなるので、より多くの求職者の閲覧が期待できます。

 
 

Indeedに有料掲載する方法


Indeedの有料掲載へ登録するためには無料掲載の場合と同様、アカウントを作成し、求人情報を入力しましょう。
 
次に、予算額を設定します。予算額を設定するためには、Indeedのアカウントにログインし、求人情報のタイトルが表示されている画面右から2列目の「有料オプションを使って目立つ位置に求人を表示する」をクリックします。

求人検索エンジン「Indeed」に有料掲載するには

続いて広告予算を設定します。設定方法にはあらかじめ予算を設定しその予算内で求人を掲載する「自動調節設定」と「上限クリック単価」「求人広告総予算」を任意で設定する「手動設定」があります。一度設定しても、必要に応じていつでも変更可能です。
 
広告予算を設定したら、広告費の請求先・支払方法を入力します。広告費は原則クレジットカード決済のみなので、あらかじめ準備しておきましょう。ただし、審査が済み、広告掲載が開始されるまで請求は行われません。

 
 

Indeedの有料掲載を有効活用する方法


有料掲載を有効活用するためには、「クリック単価」「広告ユニット」「ATS(採用支援システム)」が重要です。

 
 

◆クリック単価の調整を行う


1日の予算が使い切れていない場合は、クリック単価を上げてみましょう。競合している企業のページがあり、クリックされにくくなっている可能性が考えられます。また、そもそも求職者が少ない求人情報を掲載しており、1日の予算額が高すぎることもあります。予算額が使い切れているかどうか、しっかりチェックしましょう。
 
また、1日の予算額が使い切れている場合は少しクリック単価を下げて様子をみてみましょう。「ちょうど消化しきれる」クリック単価を見極めることで、広告費の無駄を省けます。さらに多くの応募者を募りたい場合は予算の引き上げを検討してもよいでしょう。

 
 

◆広告ユニット「注目の企業」を活用する


Indeedの最も目立つ場所に企業ロゴと求人情報を表示することができるという強い訴求力があります。この広告ユニットは、有料掲載の求人情報が表示されたときの画面、または求職者が「注目の企業」をダイレクトに検索したときに表示されます。
 
また、「注目の企業」を利用すると、「採用労働市場分析機能」が使えるようになります。管理画面上から「職種」×「勤務地」の組み合わせで、前月のIndeed全体の求人数や求職者数を出せる仕組みになっています。これにより、よくクリックされる人気検索「キーワード」を知ることができます。自社の企業ページに不足しているキーワードがあれば追加し、より多くの求職者からの閲覧を期待できるようになります。

 
 
 

Indeedに求人を掲載する
jp.indeed.com/求人広告

 
Indeedが人材募集を サポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。