有料化で広がる世界。Indeed(インディード)のスポンサー求人


無料*で利用できるIndeedですが、有料オプションを利用することで採用活動をより効率的に行えるようになります。有料オプションとは「スポンサー求人」を使うことを指しますが、それに伴い、いくつかの付随機能も利用ができるようになります。
本記事では、料金の仕組みやメリット、付随機能の内容をご紹介します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

Indeedの有料利用とは?


Indeedは一般的な求人サービスとは異なり、無料で求人情報を掲載することができます。掲載した求人情報から採用が決まった場合も、成功報酬がかかることはありません。

 
 

◆ 有料オプションと料金発生の仕組み

 

・有料になるのは「スポンサー求人」を利用した場合だけ


Indeed利用で料金が発生するのは「スポンサー求人」を利用し、求職者に求人情報がクリックされた場合に限られます。

 

・料金の仕組み


「スポンサー求人」にかかる料金は「クリック課金型」という方式で、「スポンサー求人」がクリックされてはじめて料金が発生する仕組みです。
例えば、上限クリック単価が100円の場合、100回求人情報がクリックされると、最大10,000円の請求となります。
実際のクリック単価は、求職者からの需要や他社の入札状況によって変動します。

 

・支払いのタイミング


スポンサー求人にかかる費用は、利用金額が40,000円に達するごとに請求され、40,000円に満たない場合は月末締め・翌月月初払いとなります。
例えば求人情報の上限クリック単価が200円の場合、ひと月に100クリックされると、翌月に利用分として20,000円の請求が行われます。300クリックされた場合は、60,000円のうち40,000円がその月のカードの利用分として請求され、残りの20,000円は当月末締め翌月初めに請求となります。自動調節設定の場合、毎月1日に利用金額はリセットされます。
 
Indeedの料金の仕組みについて、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
Indeed(インディード)料金の仕組みを解説

 
 

◆ スポンサー求人のメリットと活用方法

 

・目立つ位置に掲載される


「スポンサー求人」を利用すると、求人情報がIndeedの検索結果上で表示されやすくなります。これにより多くの求職者の目に留まりやすくなります。

 

・「注目の企業」機能


「スポンサー求人」で一定以上の金額を使用すると「注目の企業」という機能が使えるようになります。Indeedで「自社の求人」が検索された場合に、検索結果に求人情報とともに企業ロゴが表示されるようになり、より求職者を惹きつける効果が期待されます。

 

・スポンサー求人のキャンペーン化


「スポンサー求人」を掲載する際、複数の求人を「キャンペーン」としてグループ化して管理することも可能です。これによって予算配分やスケジュール設定がしやすくなり、より効率的な求人の管理が行えるようになります。
 
Indeedの有料利用と活用方法について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
Indeed(インディード)の有料オプションを使って、無理なく効率的な採用を!

 
 

有料利用のパターン紹介


採用活動と一言で言っても、事情はさまざまです。
 
「費用はかけられるが予算が決まっているため、その中でなるべく効果を上げたい」「どの程度応募が来るか分からないので、少額から始めて徐々に費用を投入していきたい」など、それぞれのニーズがあることでしょう。
 
Indeedの「スポンサー求人」はクリック課金型のため、あらゆる状況にあわせた柔軟な利用が可能です。

 
 

◆予算が決まっている場合の利用例


複数の拠点を展開する雑貨店の運営会社のケースでは、採用予算は40万円で、1ヶ月半の間にできるだけ多くの「販売スタッフ」を採用したいという課題がありました。
 
Indeedの担当者と相談し、クリック単価を約250円と設定し、そこから、閲覧数1,600名、応募率0.4%、応募数6名という目標を立て、「5名の採用」を目指すことになりました。
 
最終的に閲覧数2,000名、応募数12名という目標を大きく上回る結果となり、9名の採用につながりました。

 
 

◆採用目標が決まっている場合の利用例


ある自動車部品メーカーのケースでは、これまで一人あたり16~17万円かけていた採用コストを抑えつつ、2.5ヶ月間で機械オペレーター5名を採用したいという課題がありました。
 
Indeedの他社実績(メーカーでの機械オペレーターの採用)から算出し、一人当たり10万円で、目標5名の採用ということで総額50万円の予算で求人情報を展開。結果として、50万円だった総予算を下回り、約37万円で応募人数17名、採用5名を達成し、残った予算は、別の職種の採用に充てることができました。
 
予算に応じたIndeedの活用方法について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
Indeedの利用料金はいくら?予算に応じた効果的な求人採用の活用法

 
 

有料利用で使えるその他の機能


「スポンサー求人」で一定以上の金額を使用すると、以下のような機能も利用できるようになります。

 
 

◆企業ページプレミアム

 
求人検索エンジン「Indeed」の企業ページプレミアム画面

Indeed内に作ることができる自社の採用ページである「企業ページ」のアップグレード版で、以下のようなメリットがあります。
 
メリット1.
無料版よりも多くの写真や動画を掲載することができることに加え、オリジナルの配色やイメージを使用したレイアウトを作ることもできるようになります。これにより、他の企業との差別化を狙うことができます。
 
メリット2.
強調したい求人情報を目立つ位置に表示することができます。
 
メリット3.
目立たせたいクチコミを「注目のクチコミ」として強調することができます。
 
「企業ページプレミアム」について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
採用ミスマッチはどう防ぐ?Indeedがサポートする効果的な企業文化の発信

 
 

◆採用市場レポート

 
求人検索エンジン「Indeed」の採用市場レポート画面

「募集職種」と「勤務地」に調査したい内容を入力することで、以下の9項目について前月のデータを確認できる機能です。

 

  • 採用難易度スコア
  • 求人
  • 求職者
  • 求人あたりの求職者数
  • 求職者のデバイス
  • 平均給与
  • 採用企業
  • 人気検索キーワード
  • 人気採用企業


たとえば、エリア内での募集職種の競争度合いを示す数値「採用難易度スコア」から、拠点ごとの採用にかける予算額の設定や、スケジュール決定の目安にするなどといった使い方ができます。

 
 

「スポンサー求人」を活用して、より効率的・積極的な採用活動を進めよう


採用活動の一通りを無料で行えるIndeedですが、「スポンサー求人」とそれに付随する有料オプションを使えば、予算や目的に応じた形でより効率的に求職者へアピールできます。ぜひ活用してみましょう。

 
 
 

* 無料掲載の場合、利用規約・弊社が定める掲載基準・及び使用制限が適用されます。

https://jp.indeed.com/legal?hl=ja#tos
 
Indeedが人材募集を サポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。