中途採用で筆記試験を実施するメリット・デメリット


新卒採用だけでなく、中途採用でも筆記試験を実施するケースがあります。キャリアや実績を重視する中途採用においても、果たして筆記試験を行うべきなのでしょうか。筆記試験のメリット・デメリットについて解説します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

筆記試験の役割


基本的な学力や知識を問う「一般常識」をはじめ、「能力・性格検査」など筆記試験の内容は様々です。IT企業や研究開発を行う企業では、専門的な知識やスキルを測る「専門領域試験」を実施するケースもあります。筆記試験の結果から、面接だけでは見極めにくい基礎的な能力を判断できます。
 
また、「能力・性格検査」では応募者の内面がデータで可視化されるので、自社に合った人物なのかを見極めたり、内定後の人事異動に役立てたりすることも可能です。
 
新卒採用の場合、学生は職務経歴がないことから、筆記試験は能力を測るために重要な役割があります。一方、中途採用は前職での経歴やスキルをもとに判断できるため、筆記試験の重要性が低いと考える企業もあるかもしれません。しかし、対面ではわかりにくい部分をクリアにするのは選考を行う上で大切なポイントでしょう。

 
 

中途採用で筆記試験を実施するメリット・デメリット


筆記試験の実施により、採用活動を行う企業側にはいくつかメリットがあります。

 
 

◆応募者の人数を絞れる


不定期で行われる中途採用の場合、新卒採用と比べて応募者数は少ないものの、人気企業や職種には多くの応募が集まります。応募者が多数いる場合は、その分だけ選考にも時間を要します。しかし、初期選考の段階で筆記試験やWeb上で適正検査を実施すると、応募者をある程度選定できるので、選考の効率化につながります。

 
 

◆採用基準を設定しやすい


面接官や担当者によって選考の評価方法や判断基準にばらつきが出るケースも見られます。しかし、知識を問う内容の筆記試験では、明確に数値として優劣がわかります。はっきりとした採用基準が設定できるので、公平に選考を進めやすくなります。

 
 

◆応募者の人柄をより詳しく知れる


応募書類や面接だけでは、本来の人柄はなかなか把握しづらいものです。性格検査を実施すれば、対面だけではわからない応募者の内面を知ることができます。自社への適正・将来性の有無などをデータで可視化でき、より精度の高いマッチングが期待されます。
 
ただし、筆記試験には「結果のデータを重視しすぎてしまう」というデメリットもあります。試験結果が優れていても、必ずしも求めている人材とは限りません。単純に試験に慣れていて結果が良い人もいれば、緊張で本来の力を発揮できない人もいます。自社にとって必要な人材をふるい落とさないためにも、適性検査の採否判定や結果だけで判断せず、面接で検査結果の不安な点などを確認する材料として活用するのが望ましいでしょう。

 
 

筆記試験の結果はどの程度重視すべきか


筆記試験を実施したものの、どの程度結果を重視するべきなのかは悩むポイントです。合否判断の基準は、企業によって様々です。技術職で特定のスキルを持つ人材を求める場合や、急な欠員により即戦力を求める場合は、試験結果を重視した方が良いでしょう。筆記試験によって、応募者の実務能力をより正確に把握できるからです。
 
それ以外のケースにおいては、たとえば応募者の数を絞るために実施するなら、合格ラインは最低限に設定し、参考程度に留めておくのが良いでしょう。
 
目的が曖昧な状態で筆記試験を実施すると、かえって合否の判断が難しくなるかもしれません。結果をどの程度考慮するのかは、筆記試験を実施する目的によって決めるのが望ましいです。

 
 

中途採用でも、筆記試験は選考で重要な判断基準になる


筆記試験は、採用の効率化や応募者の能力をチェックできる重要な役割があります。しかし、入社してほしい理想の人物像と関係のない試験を行ったところで、あまり意味はありません。どんな試験を行うのか、またどの程度結果を考慮すべきかなどは採用活動前に明確にしておきましょう。
 
とはいえ、試験結果はあくまでも判断材料の一つです。採用の精度を高めるためにも、実績や面接などの評価とあわせて選考してください。

 
 
 

監修:有限会社キャリアドメイン 代表取締役 谷所 健一郎さん
TEXT:稲垣恵美
EDITING:Indeed Japan + 成瀬瑛理子 + ノオト


 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。