Indeed(インディード)の応募受付方法の設定とは?応募プロセスの調整で効率的な採用活動を


「求人情報を掲載して応募は増えたが、応募者への対応に時間がとられ、ほかの業務に手が回らない」ーーそんな悩みを抱える採用担当者も少なくないでしょう。今回は採用活動を効率的に進めるための、Indeedにおける応募受付と応募者管理の機能をご紹介します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

Indeedを使った採用活動

 
 

◆「求人検索エンジン」であるIndeed


一般的な求人媒体と違い、求職者が気になるキーワードを入力するだけで的確な求人情報を表示する「求人検索エンジン」であるIndeed。求人サイトや企業の採用情報ページから集めてきた何百万もの求人情報が掲載されているため、求職者はさまざまな求人サイトにアクセスすることなく、Indeed内で求人情報を検索できます。
 
月間平均訪問数3,000万以上(※1)で、非常に多くの求職者がIndeedを閲覧しているため、企業側にとっても、掲載した求人情報を多くの求職者へリーチできる可能性があるというメリットがあります。
 
(※1)SimilarWeb 総訪問数 2020年1月時点

 
 

◆より自社のニーズに合った応募者の割合を高めることが重要


多くの求職者にリーチできた場合、その分より多くの応募が見込めます。
 
応募数が多いことは基本的には好ましいことですが、自社が求めている人材のイメージと異なる人物からの応募も増える可能性があるということです。そうした場合、採用基準を満たしていない応募者への対応で、人事担当者の負担が増えてしまうというケースも考えられます。
 
採用担当者の負担を増やさないためにも、ただ単に応募者の数を増やすのではなく、応募者全体の中で自社が求めるターゲット層の割合を高めることが重要になります。そうすることによって、より効率的な採用活動が可能になります。

 
 

ターゲット層の割合を高めるための応募受付方法

 
 

◆募集目的に沿った応募数になるよう適切なハードルを設ける


ターゲット層と異なる人材からの応募が多い場合、自社の求人情報が、誰でも簡単に応募できるような状態になっている可能性があります。
 
そのような時はまず、なるべく自社の募集目的に沿った応募が集まるように、適切なハードルを設ける必要があります。
 
Indeedでは応募受付の方法の細かい設定ができるため、応募までのプロセスを調整することで、募集目的に合わせたハードルを設けることが可能です。受付方法の設定で確認するべきポイントは以下の2点となります。

求人検索エンジン「Indeed」の求人の応募受付方法登録画面
 

・応募受付方法の選択


まず掲載中の求人情報の応募受付方法を確認しましょう。
その中で、「応募方法」の設定が「Indeedカンタン応募」になっている場合は、求職者は名前やメールアドレスなど最低限の情報を入力するだけで応募することができます。飲食店やアパレルショップなどの新規店舗のオープンに合わせた募集や、急に退職者が出てしまった時のスタッフの補填など、とにかく早く多くの人数を集めたい場合などは有効です。
 
一方「Indeed履歴書応募」では、応募にあたり履歴書の提出が必須になります。社員の採用や、専門性の高い業務を想定しているケースなど、職務経歴書などと併せて応募者の詳細な情報を事前に確認したい場合に有効です。
 
よって、本当に自社で活躍する人材を見極めて採用を行っていきたい場合には、「Indeed履歴書応募」に設定すると良いでしょう。その際、履歴書に記載しておいて欲しい内容があれば、その旨を求人情報内に盛り込むことをおすすめします。記載の方法と内容の例については以下のとおりです。
 
必須記載項目例:
本求人への応募には履歴書・職務経歴書の提出が必須となります。
下記の項目を必ず記載の上ご応募ください。

  • 志望動機
  • 前職の職務内容
  • 保有資格

 

・「応募資格」の設定

 
求人検索エンジン「Indeed」の求人の応募資格設定画面

応募方法の選択に加えて、応募の段階で確認しておきたいことを「追加質問事項」を必須入力項目として設定することも可能です。設定できる項目は以下のとおりです。

 

  • 生年月日
  • 氏名のふりがな
  • 職務経験
  • 言語
  • 資格、免許  など


これにより、求職者が自社のニーズに程度合っているかを、応募の段階でより詳細に確認できるようになります。

 
 

その後の応募者の管理もできるIndeed


Indeedではさらに、それぞれの応募者の管理も行うことができます。

 
 

◆応募者のステータス管理


Indeedでは応募者のステータスを一覧で管理することができます。
例えば「(自社がその応募者に)関心がある」「(選考段階を進めるか)保留中」など、応募者に対する自社としての関心度合いを色分けして管理できたり、「書類審査済み」「電話面接済み」といった選考段階ごとに並び替えができたりなど、どの応募者がどのような状況にあるのかすぐに把握することができます。
 
さらに応募者とのコミュニケーションツールも充実。応募者とのやりとりをチャット形式で保存しておけるメッセージ管理機能や、面接の予約からそれまでにやっておくべきことのまとめも含めたスケジューリング機能など、求人情報の掲載だけでなく、応募から採用までのフローにおいても効率化をサポートします。
 
ご紹介した内容の詳細やこのほかの機能については、以下の記事をご参照ください。
募集要項の掲載だけじゃない。Indeedの管理画面の便利機能

 
 

応募状況に合わせて設定を使い分け、柔軟な採用活動を進めよう


自社のニーズに合わせ、適切な基準で応募者管理を行うことが重要です。Indeedの応募者管理の機能を使いこなすことで、より効率的な採用活動を目指しましょう。

 
Indeedが人材募集を サポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。