予算も時間もない! 中小企業・店舗こそIndeedを活用すべき理由とは?


中小企業や店舗が採用にかけられるお金や時間は、大手企業に比べるとどうしても少なくなります。思い切って求人サイトに出稿しても、企業の知名度が低いために、効率よく求職者の興味をひきつけるのは難しいと考える会社も多いでしょう。しかし、そんなお悩みを抱えている中小企業や店舗運営者にこそ、ぜひIndeedを活用していただきたい理由があります。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

中小企業が抱える採用の悩みをIndeedが解決


中小企業や店舗が抱える採用の悩みといえば、「採用にかけるリソース(お金、時間)が少ない」「知名度が低い」ことに集約されます。
 
規模が小さい企業や店舗ほど、それは顕著でしょう。そもそも専任で採用活動にあたる人員を確保できず、総務や経理などの担当者が兼任していることも珍しくありません。また採用にかけられるコストも少ないため、「求人広告を出したいけれど、お金がないから小さな広告枠で」となりがちです。知名度がない中小企業・店舗が求人広告にお金をかけられないとなると、求職者にアピールし、「求職者に見つけてもらう」手段が限られます。これでは応募者が少なくなってしまうのも、無理はありません。
 
さらには、思い切って求人広告を出したところで、大手企業の求人と並べば、魅力が埋もれてしまう恐れもあります。従来の求人広告は、お金をかけるほど大きく目立ち、表示される頻度も増えていく、というものでした。となると、採用にかけられるお金が潤沢にある大手企業の広告の方が有利にならざるを得ません。
 
このように、「採用にかけるリソース(お金、時間)が少ない」「知名度が低い」中小企業にこそおすすめしたいのが、Indeedです。理由は次の2つです。

 

  • 求人掲載が「無料 *」。採用コストを大きく削減できる
  • 知名度とは関係なく、「検索キーワード」で見つけてもらえる


それぞれ具体的に見ていきましょう。

 
 

Indeedなら「無料」で「簡単」に求人が出せる


Indeedなら、求人の掲載を「無料」で始めることができます。初期費用、掲載費用、採用成功費用などはかかりません。有料になるのは「スポンサー求人」という有料オプションを契約したときのみです。
 
Indeedに求人を掲載する方法には2つあります。Indeedのサイト上に、自社の求人情報を直接投稿する「直接投稿型」と、自社HPの求人情報をIndeed内に掲載する「クローリング型」です。
 
2つの掲載方法のうち、より簡単なのは直接投稿型です。Indeedのページから「求人掲載(無料)」にアクセスし、用意されているフォーマットにしたがって仕事内容や勤務先などの求人情報を入力し、求人票を投稿します。自社の採用ページを立ち上げる必要もなく、時間や予算の負担を最小に抑えながら募集をスタートできます。

 
Indeed「求人掲載(無料)」のページイメージ


一方のクローリング型は、自社ホームページ上にある求人情報をIndeedに掲載する、というものです。Indeedはネット上のあらゆる求人情報を収集する「求人検索エンジン」です。一般的な求人サイトとは異なり、企業HP内の採用ページや求人サイトの情報も収集し、検索できるようになっています。
 
なお、クローリングは自動で行われます。もともと採用ページを持っており、下記の条件を満たしていれば、すでにIndeedに掲載されている可能性もあります。

 

  • 実在する求人情報である
  • 求人情報がHTML形式である(PDFファイルは読み込まれる可能性はありますが、基本的にはHTMLをおすすめします)
  • 求人情報に応募ボタンなどの導線がある
  • 仕事内容、雇用形態、職種、勤務地、最寄駅、休日、勤務時間などがしっかり記載されている
  • 1職種、1勤務地、1URLでページが分かれている
  • 求人情報ページが自社サイトのURLである(別のサイトに転送をかけるなどしていない)
  • 「ユーザー登録」などの会員登録をしなくても仕事の詳細閲覧が可能・求職者が無料で応募できる


(参考)
https://jp.indeed.com/hire/c/info/how-indeed-works

 
 

Indeedなら知名度が低くても発見してもらえる


Indeedは、前述の通り「求人検索エンジン」です。ユーザーが検索したキーワードに合致する求人から優先検索結果として表示される仕組みになっています。つまり、企業の知名度や採用にかけられるコストに関係なく、応募者の目に触れるチャンスがあるということ。大手企業の求人に埋もれることなく、応募者を集められる可能性があります。
 
在宅勤務・ワークライフバランスのキーワードで、勤務地:東京で検索した例

 
「在宅勤務・ワークライフバランスのキーワードで、勤務地:東京で検索した例」のページイメージ


知名度や採用コストにかわってポイントになるのは、求人票の充実度です。Indeedの特徴は、求職者が求人情報を検索する際、「フリーワード検索」ができることです。”在宅勤務OK”、”ワークライフバランス”、などと、希望条件を自由に重ねていきながら、求職者は自分が理想とする求人情報を探していきます。裏を返せば、求職者の関心が高い検索キーワードを求人票に盛り込むほど、求職者の検索にヒットしやすくなり、求人票のクリック数も増えていくと期待できます。

 
 

まとめ


中小企業・店舗こそ、Indeedを活用すべき理由をご紹介しました。Indeedを活用すれば、大手に比べて採用にかけるリソース(お金、時間)が少なく、知名度も低い中小企業でも求人情報を求職者に届けることができます。ただし本当に「欲しい人材」を採用できるかどうかは、求人票の作り込み次第。自社が求める人材が検索しそうなキーワードを求人票に盛り込み、アピールしましょう。
 
* 利用規約、掲載基準、使用制限が適用されます。

 

準備はできましたか? 求人を掲載