面接後に辞退の連絡 一体どのような原因で起きるのか?

辞退の抽象的なイメージ


面接した求職者に内定を出したら辞退の連絡が来るケースがあります。なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか。面接後の辞退の原因や対策について、採用ブランドの向上を総合支援するcore words 株式会社の佐藤タカトシさんに伺いました。

 
 

求人を掲載

面接後に辞退される主な原因とは


面接後に辞退されてしまう原因としては、主に3つの理由が考えられます。
 
1. 聞いていた仕事内容や条件と違う
 
求人広告や事前に聞いていた話と、実際に面接で聞いた仕事内容が違ったり、賞与や報酬などの条件面が想定と違っていたりなど、事前に求職者が抱いていた期待と面接で得た情報にギャップがあることで辞退されてしまうケースは多いです。
 
2. 面接官の態度が合わなかった
 
企業側は選ぶ立場ではありますが、選ばれる立場でもあります。不遜な態度をとることはもちろん、求職者のレジュメを見ていないなど準備不足のまま臨んだりと、基本的に求職者へのリスペクトがない対応はNGです。
 
さらに、面接官が複数人の場合、面接官同士の雰囲気や人間関係がぎこちなかったり、意思疎通ができていなかったりすると、それが求職者からも見えてしまい、マイナスな評価につながりやすいでしょう。
 
3. ほかの企業で内定が出た
 
「ほかで内定が出たのでこちらを辞退します」というケースもよくあります。ただ、これは求職者が他社のほうにより魅力を感じたからこその相対的な判断でもあります。競合他社のほうが惹きつけが上手であればそちらに行かれてしまうので、自社の惹きつけが他社よりも劣っていた可能性はあります。

 
 

面接後に辞退されないための対策

 
 

◆面接の場でしっかりと情報提供する


求職者が、既存社員や部長、役員と実際の業務について話せる面接の場は、本来ならばコミュニケーション量や情報量に比例して入社意向の向上につながっていくべきものでしょう。それにも関わらず、面接後の辞退が起きてしまう背景には、面接前と面接後のギャップがあるかもしれません。
 
面接は求職者が知りたい情報を提供し、魅了する場でもあります。それができる人材を面接の場に入れたり、企業側がプレゼンできる素材を用意しておいたりなど、求職者の入社意向を高める努力をしましょう。

 
 

◆「ここぞ」という面接では、対面での場を活用する


近年は面接もオンラインが増えてきていますが、最終的に職場に出向いてもらうことで得られる効果はやはり大きいものです。例えば、感染対策などは前提としてきちんとした上で、面接と職場見学を一緒に行うなど、自社の雰囲気を伝える機会を作ると、魅力を感じてもらいやすいかもしれません。
 
実際に会った方が立ち居振る舞いや話し方、雰囲気などで仕事のスキル、実務能力を判断しやすい面があるため、面接官の魅力で惹きつけて「この人と働きたい」と思ってもらえる可能性も高いです。ぜひ入社してほしいという求職者に対してや、最終面接のような重要なときにはリアルの場を活用するという手もあります。

 
 

◆求人段階では誤解のない情報ナビゲートを心がける


まず、人事が募集段階でできることとしては、求人票やスカウトメールをきちんと作成する、人材紹介を利用するなら人材紹介会社へのインプットを丁寧にやるということが挙げられます。オウンドメディアリクルーティングという、自社のホームページを充実させることも必要です。
 
ただ、企業側がどれだけ情報を出していても、求職者側がきちんと見ていないケース、誤解しているケースも意外とあります。ホームページを充実させるだけではなく、「これを見ておいてください」と面接の前に改めて伝えることも重要となります。複合的な情報提供や人為的なプッシュをしておかないと、伝わらないことも多いものです。面接の前から、おもてなしの精神で期待値を調整するための情報をしっかり提供していく、「情報ナビゲート力」が必要になります。

 
 

◆面接後も求職者へのアフターフォローを丁寧に


面接を終えてしばらくたってから辞退されることもよくあります。求職者の不安を和らげるためには、面接後にメールで「何かほかに聞きたいことはなかったですか」などとフォローすることが有効です。
 
紋切り型の御礼メールではなく、面接を実施した中での疑問点を解消してあげるような、求職者の迷いや不安に応じたコミュニケーションをしっかりとっておくといいでしょう。

 
 

面接前から面接後まで求職者への丁寧なフォローを


抱いていた期待と、面接で告げられた、あるいは感じられた現実とのギャップから、求職者は「辞退」という選択をとります。面接前からの準備はもちろん、面接の間も面接の後も必要な情報提供を行い、「これくらいわかっているだろう」という前提で進めずに、丁寧にコミュニケーションをとっていきましょう。

 
 
 

<取材先>
core words 株式会社 佐藤タカトシさん
 
TEXT:小林麻美
EDITING:Indeed Japan + ミノシマタカコ + ノオト


 
マンガで解説 Indeedで求人をはじめよう!ダウンロードはこちら 

求人を掲載
準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。