求人はどうやったら集まる?人材の募集方法について解説


「はじめて採用業務をおこなうが、どうしたら良いのか分からない」「売り手市場のなかで採用業務が思うように進まない」といった悩みを抱える採用担当者は多いようです。採用業務は、今後の企業の発展を大きく左右する重要な仕事です。
 
採用業務をスムーズに進めるためには、知っておくべき求人方法の種類とコツがあります。限られた時間とコストのなかで、効率的に採用業務をおこなうためには、これらの知識を身につけておくことが大切です。
 
そこで今回は、採用業務における求人方法とその特徴、求人活動を成功させるポイント、コスト削減のアイデアについて詳しく説明します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

効果的に人を集めることのできる求人方法


求人方法には、さまざまな方法がありますが、代表的なものとして以下の7つが挙げられます。

 

  • 求人サイト
  • 人材派遣
  • 人材紹介
  • 紹介(リファラル採用)
  • 自社ホームページ
  • 説明会、イベント


求職者の特性や求人情報へのアクセス数、費用などがそれぞれ異なるため、求人方法ごとの特徴を知ったうえで、企業に適した求人方法で採用業務をおこなうことが重要です。
ここからは、代表的な7つの求人方法について、メリットとデメリットを含めて説明します。

 
 

◆求人サイトに求人を出す


求人サイトは、求人に特化した情報を掲載している媒体に求人情報を出す方法。近年では、特化型の求人サイトもあり、特定の業界や業種に絞ったものもあるのが特徴です。
 
登録している求職者の多い有名サイトに求人広告を出せば、多くの人に企業の求人を見てもらえる可能性が高いのが大きなメリットです。しかし、求人広告の掲載費は定額制が多く、必ずしも応募につながるわけではないことに注意しておきましょう。

 
 

◆人材派遣から企業のスタッフを派遣してもらう


人材派遣会社から企業のスタッフを派遣してもらえば、アルバイトや正社員を採用することなく人員を補充することが可能です。その場合、派遣元の企業に対して報酬を支払うようになります。
 
派遣でスタッフを補充する場合、社会保険や雇用保険などの保険関連や給与計算といった労務関連は、派遣会社が責任を負うことになっているため、正社員よりも派遣社員として採用したほうがコストを抑えやすくなります。また、依頼する業務量や必要なスキルがある程度決まっていれば、教育にかかる時間も削減できるでしょう。
 
また、この方法は、必要な期間に必要な人材を集めることができるため、繁忙期などの補充として活用することも可能です。時期に応じて柔軟に人員を調整できるため、効率的な事業運営をしやすくなります。

 
 

◆人材紹介サービスを利用する


人材紹介サービスは、人材紹介サービスに登録している人の中から、条件にあう人を紹介してもらえるのが特徴です。転職活動に精通している担当者が企業と求職者の間に立ち、スムーズな転職を支援してくれるので、ミスマッチを抑えて人材を獲得しやすくなっています。
 
また、人材紹介サービスを通して採用を決めた場合、紹介手数料として人材紹介サービスを運営する企業に対して報酬を支払うようになっているところが一般的です。目安としては、採用した人材の年収の30%前後といわれています。ほかの求人方法よりも採用コストが比較的高いため、「費用をかけてでも人材を手に入れたい」という企業が多く利用している傾向があります。

 
 

◆知人から紹介してもらう


親族や企業の社員に人材を紹介してもらう方法は、「縁故採用」や「リファラル採用」と呼ばれています。知人からの紹介なので安心感や信頼感があり、業務を理解した社員の推薦であれば、職場に適応する可能性が高いと近年注目が集まっている求人方法です。
 
企業が求める人材を明確にしていれば、業務内容をよく理解した従業員が適切な人材を連れてきてくれる可能性もあるので、即戦力として企業に大きな成果をもたらしてくれるかもしれません。ただし、面接や書類選考といった一般的な流れを飛ばして採用してしまうと、ミスマッチなどのトラブルが起きるリスクが高まるので注意が必要です。

 
 

◆自社のサイトで募集する


自社のウェブサイトに求人ページを作成し、人材を募集する方法です。仕事探しの際に興味を持った企業のホームページをチェックする人も多く、自ら企業を調べてくれる志望度の高い人材にターゲットを絞り、アプローチしやすいのがメリットだといえます。また、企業独自のサイトを持つことで、自社のミッションやビジョンも含めて伝えられるため、企業のことをより深く知ってもらい、ミスマッチを防ぐことも期待できます。
 
ただし、ホームページは一般的に外注制作を依頼することが多いため、内容によって費用が大きく変動します。費用は10万円以上かかると想定しておいたほうが良いでしょう。

 
 

◆企業説明会などのイベントを開く


企業説明会は、就職イベントや合同説明会でブースを出展し、求職者を募集するという方法です。来場した求職者と直接会話することができるため、企業の魅力をダイレクトにアピールすることが可能です。知名度が低い企業でも、一定数の求職者へアピールできるチャンスになるので、参加するメリットは大きいでしょう。
 
イベントの規模によりますが、出店費用やブースの設営などコストはある程度かかるのがデメリットです。エンジニア向け第二新卒向けなど求職者を限定したイベントも開催されているので、狙う人材層を明確にして参加することで、費用対効果の高い採用業務がおこなえるでしょう。

 
 

求人方法の選び方


求人方法にもさまざまな種類がありますが、適切な方法で人材を集めなければ思ったような成果が出ないかもしれないので注意が必要です。
 
なるべく計画通りに人材を確保するためにも、正しい求人方法の選び方を知っておきましょう。

 
 

◆応募が足りない場合


人材を募集しても応募してくる人が足りない場合は、露出が十分ではないことが考えられます。この場合は、求人サイトの掲載期間を延長したり、複数のメディアに掲載して露出を増やしたりすることで、求職者の目にとまる機会を増やすのが効果的でしょう。
 
また、給与条件や待遇が相場と大きくずれていないかどうかをチェックすることも大切です。同業界や同職種の募集要項と比較し、求職者が求めるニーズを調査しましょう。広告代理店や人材紹介会社に相談してみると、時代の流れに応じた求人の傾向や対策を把握できるかもしれません。

 
 

◆スムーズに採用したい場合


必要な人材をスピーディに集めたい場合は、人材派遣企業や転職サイトを利用するなど、一定の能力を持つ人材を集められる方法が適しています。企業サイトなどで求職者からのアクセスを待つだけではなく、多くの派遣社員を抱える派遣企業を通すことで、より効率的に求める人材を集められるようになるでしょう。

 
 

◆質の高い人材を集めたい場合


豊富な経験や希少なスキルを持った人材を見つけるのは簡単ではありません。中間管理職など、質の高い人材選びをしたい場合は、ダイレクトソーシングや人材紹介などで募集する方法も一手です。人材紹介などプロの意見も交えながら、確実に必要な人材を確保できるように採用業務を進めましょう。

 
 

◆紙媒体かWeb媒体で迷っている場合


紙媒体かWeb媒体かで迷っている場合は、どちらの方が求める人材に効果的にアピールできるのかを検討しましょう。
 
近年、インターネットでの転職活動が一般的になってきているため、基本的にはWeb媒体を活用するのがおすすめです。しかし、ターゲットによっては新聞やチラシで求人情報をチェックしている人もいるので、必要に応じて紙媒体も併用すると良いでしょう。

 
 

人材募集を成功させるためのポイント


採用業務を円滑に進めるためには、次の4つのポイントを押さえておくことが大切です。

 

  • 採用したい人物像の明確化
  • 求職者にとってのメリット
  • 複数の求人方法の併用
  • 採用代行の利用


これらのポイントを把握しておけば、求める人材をスムーズに集められる可能性が高まります。ここからは、人材募集を成功させるためのポイントについて詳しく説明します。

 
 

◆採用したい人物像を明確にする


どのような人を採用したいのかを伝えるためには、採用したい人物像を明確にすることが重要です。具体的な人物像として、以下のような項目が挙げられます。

 

  • 年齢(20代後半~30代前半、40代以上など)
  • 経歴(営業、経理、マネジメント歴など過去の経験)
  • スキル(英語、プログラミング、デザインなど)
  • パーソナリティ(客観的、社交的、情熱的など仕事に対する向き合い方)
  • 転職理由(どのようなことに不満を感じているのかなど)


採用ターゲットが明確であるほど、求める人材に届く求人を出しやすくなります。ターゲットに響く求人が出せれば、おのずと応募者数が増えていくでしょう。

 
 

◆求職者にとってのメリットを伝える


企業が伝えたい内容を一方的にアピールするのではなく、求職者にとってメリットだと感じることを伝えるのも重要です。「売上高〇〇億円!」や「海外展開!」といった企業アピールをするのも良いですが、求職者が本当に知りたいと思っている情報を伝えられなければ、応募に結びつけることが難しくなるからです。
 
たとえば、働く女性のキャリアパスを紹介し、仕事と家庭の両立が可能であることを実例を交えて紹介すれば、長く働きたいと考えている優秀な女性を獲得しやすくなるでしょう。求職者が「この企業で働くとしたら」と想像したときに、知りたい情報が掲載されていれば、企業に興味を持ってもらいやすくなると期待できます。

 
 

◆複数の求人方法を採用する


求人方法によって、求人情報を目にする求職者の属性や人数は変わります。より多くの求職者に興味を持ってもらうためには、有料と無料の求人方法を組み合わせるのもおすすめです。
 
有料の求人方法には、求人媒体・人材紹介・人材派遣・イベントなどがあり、コストはかかるものの、ある程度の応募者数確保が期待できます。一方、ハローワークの利用やインセンティブを設けないリファラル採用といった無料の求人方法では、採用コストは抑えられるものの、有料の求人方法よりも注目を集めにくいかもしれません。両者のメリット・デメリットを認識し、企業の採用業務にかけられるコスト・時間や期限を考慮したうえで、複数の方法を駆使して求職者にアピールするとよいでしょう。

 
 

◆採用代行を導入する


「どうしても採用業務がうまくいかない」、「採用手続きをスムーズに進められない」といった状況であれば、採用業務を専門の企業に依頼するのも選択肢のひとつです。
 
採用代行に「求人を出す媒体の選定」や「面接日時の調整・管理」など業務の一部を依頼すれば、採用担当者の負担を軽減しながら採用手続きを進められるようになります。募集条件の考案や面接など、企業の利益に直結する業務に集中できるようになるので、採用の生産性がより高まるでしょう。

 
 

人材募集のコストを抑えるには


企業が必要とする人材を効率的に集めるためには、求人にある程度のコストをかけなければなりません。
 
しかし、企業ごとに採用活動に充てられるコストは限られているもの。人材募集のコストを抑える方法を知っておけば、予算の範囲内で必要な人材を確保できるようになるでしょう。

 
 

◆無料のハローワークを利用する


ハローワークとは、国が運営している「公共職業安定所」のことです。無料で求人を掲載できるだけでなく、求人掲載数や掲載期間に制限がないため、利用している企業は多いようです。
 
また、ハローワークは一定のエリアごとに設置されており、それぞれ管轄している地域が決まっているのも特徴です。特定のエリアに住む人たちをターゲットにしたいのであれば、ハローワークに求人を出すことで効率的に人員を集められる可能性が高まります。

 
 

◆Indeedに求人を掲載する


Indeedは、月間訪問数が3,000万(注1)を超える世界No.1(注2)の求人検索エンジンです。幅広い求人情報が検索できるだけでなく、キーワードやジャンルごとに求人情報を検索できるので、求職者のニーズに合った企業が表示されやすいサービス特徴となっています。
 
また、無料(※)で求人を掲載することもできるので、予算が限られている企業でも気軽に求人情報を掲載することが可能。有料オプションを利用すれば、表示回数を増やすことができるため、求める人材を効率的に確保できる可能性が高まります。
 
利用規約、Indeedが定める掲載基準、及び使用制限が適用されます。

 
 

◆大学や専門学校の掲示板やシステムを利用する


大学などの就職課や学内サイトで求人を掲示してもらうという方法もあります。申し込みの手続きは大学や専門学校によって異なりますが、申込書をFAXするか、ホームページから申請することで求人情報を掲載してもらうことが可能です。
 
学内の求人票設置コーナーには無料で求人情報を掲載してもらえるところが多いため、採用コストを抑えやすいのも良い点です。学校ごとにどのような学生が多いのかという特徴をつかめるので、特定の能力を持った学生を集中的に集めたい企業におすすめです。

 
 

◆SNSを活用する


企業によっては、SNSを利用して情報発信と採用業務をおこなっている企業もあります。
 
SNSを活用した採用方法では、採用にまつわる外部コストを抑えて求人情報をアピールすることが可能です。利用するSNSによってユーザー層が異なるため、ターゲットに応じて利用するSNSを決めることが大切です。
 
求職者とコミュニケーションを取りながら関係構築を進められるので、内定辞退を予防したり、採用後のミスマッチを防いだりしやすくなるのもメリットだといえます。

 
 

◆張り紙で募集する


駅やスーパーなどに張り紙をするのも、効果的な求人方法だといえます。地元の人や施設の利用者に求人を見てもらえるので、地域密着のアプローチができるからです。
 
目を惹くようなデザインや色づかいなど工夫すれば、コストをかけなくてもより多くの人に認知してもらうことが可能です。必要に応じてデザイナーに制作依頼すれば、魅力的な張り紙で求職者にアピールできるかもしれません。

 
 

求人方法の活用で人材不足を解消しよう


ここでは、求人方法の種類やそれぞれの特徴について解説するとともに、求人方法の選び方や成功するポイント、コストを抑える方法などについて説明しました。
 
決して簡単ではない採用業務のなかで、コストを抑えつつ優秀な人材を採用するためには、採用方法についてよく理解し、求めるターゲットに適切なアプローチをしていく必要があります。ここで説明した内容を参考にして、企業が求める人材をスムーズに確保できるようにしておきましょう。
 
(注1)Similar Web, 総訪問数, 2020年1月
(注2)comScore, 訪問数, 2019年3月

 
 
 


 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。