採用にかかるコストを適切に抑えるためには?

採用にかかるコストの抽象的なイメージ


人材採用にもコストがかかります。採用の手法によってその金額は様々ですが、コストはできるだけ抑えるに越したことはありません。
 
採用コストにはどのようなものがあるのか、また、それを適切にコストダウンして効率化するにはどうすればいいのかについて、人事業務・プロジェクトの支援を手掛けるアルドーニ株式会社・代表の永見昌彦さんに解説していただきました。

 
 

求人を掲載

採用にかかるコストとは?


人材採用において発生するコストは、外部への支払いと内部で生じるものに大別できます。
 
まず外部コストについては、求人メディアの掲載料をはじめとする広告費を筆頭に、人材エージェントや採用コンサルタントなど、業務の一部を社外にアウトソースした場合に発生するマージン(委託料、紹介料)が挙げられます。また、会社説明会を催す際に発生する会場費や、採用パンフレット作成時に印刷会社に支払う印刷費なども、外部コストのひとつです。
 
これに対して社内で発生する内部コストとは、面接や就活イベント、内定者フォローなど、採用に関するあらゆる領域で稼働する社員の人件費、それに伴う交通費や飲食代などが中心となります。さらに広義では、遠方の人材を採用した際の、引っ越しその他に要するコストもこれに含まれるでしょう。
 
内部コストについては明確に算出することが難しく、少なくない金額が費やされていても意外と見過ごされがちなので、注意しておきたいポイントです。

 
 

採用コストを抑えるためのポイント


では、採用コストから無駄を省き、効率化を図るためにはどうすればいいのでしょうか。
 
まず外部コストについては、現在活用している求人メディアが本当に効果的なのか、そして成果に繋がっているのかどうかを検証する必要があるでしょう。もしコストと成果が見合わないのであれば、費用対効果を鑑みてメディアを変えたり、あるいは出稿自体を取りやめたりすることも選択肢のひとつです。
 
人材エージェントや採用コンサルタントと契約している場合も同様で、現在の契約内容が自社にとって適切なのかどうかを検証し、コストに見合わないようなら契約内容を見直す必要があります。

 
 

採用コストを適切に使うための注意点


採用は必ずしも一定のコストを要するものではなく、工夫や手法次第で金銭面を効率化することは可能です。たとえば、求人メディアを使うのではなく自社のホームページやSNSを活用すれば、掲載料はかかりません。あるいは、社員の人脈から人材の紹介を受けるリファラル採用も効果的でしょう。
 
また、前回の採用の際に惜しくも採用から漏れてしまった人材に、あらためて企業側から声をかける手法も有効です。そのためには、高い能力を持ちながらふさわしいポストが空いていないために採用を見送った人材を、ある程度ストックしておくことが必要です。タイミングがずれたことで縁を逃すこともあるでしょうが、コスト削減に繋がる手段として覚えておきましょう。
 
傾向として、採用コストに無駄の多い企業には、求人やコンサルティングなど、採用関連業務の大半をアウトソースしているケースが目立ちます。細かくチェックしていけば、外注せずとも自社内でまかなえる作業も少なくないはずです。コストカットを意識するのであれば、無理のない範囲で採用関連業務に対する社内リソースの稼働率を上げることが重要です。
 
そして何よりも最大のコストカットは、採用した人材をできるだけ離職させない努力をすることです。必要な人員が保たれていれば、新たに採用活動を行う必要はなく、結果的に採用コストはゼロになります。このように、採用コストを見直す際には、採用法から社内の体制までトータルに見定めなければならないのです。

 
 
 

<取材先>
アルドーニ株式会社・代表取締役 永見昌彦さん
外資系コンサルティングファームなどで人事コンサルタントとして勤務した後、事業会社(ラグジュアリーブランド持株会社)で人事企画担当マネージャーとして人材開発・人事システム・人事企画を兼務。事業会社、コンサルティングファームの両面から人事に20年携わった経験を活かして、2016年にフリーランス人事プランナー・コンサルタントとして独立。2018年に法人化。現在、人事全般のプランニング・コンサルティング・実務に携わっている。
 
TEXT:友清哲
EDITING:Indeed Japan + 波多野友子+ ノオト


 
マンガで解説 Indeedで求人をはじめよう!ダウンロードはこちら 

求人を掲載
準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。