ユニークな求人方法を考えるべき理由とは?具体的なアイデアも紹介


「継続的に求人を出しているけれど、なかなか人材が集まらない」と悩む採用担当者は多いようです。人材不足は年々深刻化しているため、いかに必要なマンパワーを効率的に確保するかを考える重要性が増しています。
 
また、企業によっては、「自社の求人がほかの求人に埋もれてしまうことが課題」と感じているところもあるかもしれません。求職者の目にとまるようにするためには、独自性のある求人方法を実践することが大切です。
 
そこで今回は、ユニークな求人方法を考えるべき理由や求人のアピール方法、求める人材を集めるためのアイデアについて詳しく説明します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

ユニークな求人方法を考えるべき理由


ユニークな求人方法を考えるべき理由には、以下の2つが挙げられます。

 

  • 採用コストを抑えられる可能性がある
  • 企業の認知度を高められる


これらの理由を知ったうえで独自の求人方法をおこなえば、求職者から注目を集める企業へと成長できるでしょう。

 
 

◆採用コストを抑えられる


ユニークな求人方法には採用コストを抑えられるメリットが期待できます。他社と違った求人方法をしていることがWebやSNSで話題になれば、広告宣伝費を抑えて広く求人情報をアピールできるからです。
 
また、自社の社員で転職エージェントなどを利用しない求人方法を考えられれば、外部委託費用を抑えることもできます。

 
 

◆企業の認知度を高められる


業種にもよりますが、人材不足が深刻化している業界では、企業の認知度を高めることもポイントです。認知度が高い企業の求人のほうが、求職者の目に止まりやすくなるからです。
 
ユニークな求人方法をおこなって他社との差別化を図り、メディアなどに取り上げられて世の中に認知されれば、求職者に企業の印象をアピールできます。求職者以外にも広く認知されれば、売上アップや取引先を拡大する可能性も期待でき、将来的な成長につなげられるでしょう。

 
 

ユニークな求人方法のアイデアを紹介

 
オンラインでミーティングをするPCの画面に映る男性


ユニークな求人方法のアイデアとして、以下のようなものが挙げられます。

 

  • AIを用いた求人方法
  • 複業経験者の採用
  • 過去に経験した困難に立ち向かった経験をプレゼンさせる
  • エイプリルフールに嘘の履歴書を募集する
  • ゲームが上手い人材を募集する
  • インフルエンサーを優先的に採用する
  • オフィス全体を使用して人材を見極める


これらの求人方法が具体的にどのようなものかを知っておけば、オリジナリティある求人方法を考えるためのきっかけになるかもしれません。ここからは、ユニークな求人方法のアイデアについて詳しく説明します。

 
 

◆AIを用いた求人方法


企業によっては、インターネットを用いたAI面接を活用するところもあるようです。AI面接では、AIがパソコンやスマホの画面越しに面接を行い、求職者のコミュニケーション能力や協調性などをデータとして算出。採用担当者がそれをもとにレポートを作成し、最終的には企業が合否を判断するというものです。
 
応募者の能力を数値化して客観視できるので、「面接官の好みでバイアスがかからない」というメリットがあります。
 
加えて、AIを用いれば面接の工数が減るので、採用担当者の負担を軽減することが可能です。また、AI面接は基本的にオンラインで行われるので、応募者にとっても「離れた地域から面接を受けられる」「交通費や移動時間がかからない」などのメリットが生じます。

 
 

◆複業経験者の採用


働き方改革が推進される現代では、多くの人が多様な働き方を選べるようになっています。企業によっては、従来の中途採用と異なり「現在進行形で複業している人」を正社員として積極的に採用しているところもあるようです。そうすることで、さまざまな経験を持った人材を集めて新たな知見を取り入れようとしています。
 
既存の枠組みにとらわれない発想や他業種の経験からイノベーションを起こせれば、より大きな成果を出せる企業へと進化できるでしょう。

 
 

◆過去に経験した困難に立ち向かった経験をプレゼンさせる


過去に経験した困難に立ち向かった経験をプレゼンさせるユニークな採用方法もあります。先の見えない時代でさまざまなプロジェクトに挑戦し続けるためには、いくつもの壁が立ちはだかってもあきらめずに挑戦し続けられる人材を確保することが大切です。
 
強い精神力を持って仕事に取り組める人材を確保するためには、応募者のチャレンジ力を見極めることが重要。これまでどのようなことで苦労したのか、解決困難な課題を乗り越えるためにどのような取り組みをしたのかをプレゼンさせて確認するといった方法が代表的です。

 
 

◆エイプリルフールに嘘の履歴書を募集する


エイプリルフールに限定して、経歴を詐称した履歴書の応募を受け付けるという方法もあります。
 
応募フォームに記載する氏名や経歴、特技や趣味などを詐称することを認め、ユニークな応募をしてきた人を採用するというものです。募集要項に「面白い嘘をついた人を採用します」と記載して嘘をつかせることで、応募者の発想力やユニークさを測れます。実際に、このような募集から採用につながるケースもあるようです。
 
また、このような求人方法をSNSで拡散すれば、企業名を世間に広くアピールできるでしょう。企業の知名度が高まり、「今後の応募が増える可能性がある」という副次的な効果も期待できます。

 
 

◆ゲームが上手い人材を募集する


中には、「テレビ・PCゲームが上手い人材を募集する」という方法もあります。一般企業では馴染みがありませんが、ゲーム、Web事業などを行う企業で実際に採用されている方法です。
 
ゲームの上手さは一見、社会人としての能力には関係ないように思われます。しかし、ゲームのやりこみ具合からは、「一つのことに打ち込む根気」を測ることが可能です。また、どのように攻略したか、などの取り組み方からは「問題解決能力」「発想力」などが測れます。このような求人を出すことで、問題解決能力や発想力を持った人材が集まりやすくなるなるでしょう。
 
また、こちらも嘘の履歴書を募集する方法と同様、SNSやWebで拡散すれば企業の知名度がアップする効果も期待できます。

 
 

◆インフルエンサーを優先的に採用する


SNSなどのアカウントで、一定以上のフォロワー数やいいね数を獲得した経験のある人材を優先的に採用する方法も、オリジナリティがある求人方法だといえます。
 
インフルエンサー的な要素を持った人材は、時代の変化に応じたトレンドに敏感であったり、発信力や影響力があると考えられます。特にマーケティング力を高めたい企業にとっては、このような人材を獲得することによって、効果的に企業や商品を世間にアピールできるようになるでしょう。

 
 

◆オフィス全体を使用して人材を見極める


採用時の面接では、オフィスの会議室など、選考場所は限定しています。そこでオフィス全体を使って探検や宝探しといったゲーム性のある採用方法を通して、従来とは違った観点で候補者を絞ることができます。
 
たとえば、社員とのコミュニケーションの状況や社会人としての基本的なマナー、チームワークやリーダーシップといった点を評価することが可能です。履歴書や面接だけでは見えない応募者の特性を見極めたり、応募者に社内の雰囲気を感じてもらったりできるので、就職後のミスマッチを予防しやすくなります。

 
 

求人方法をアピールする手段とは?

 
RECRUITMENTのイメージイラスト


求人方法を思いついたら、それをアピールし、求職者に認知してもらわなければいけません。求人の具体的なアピール方法には、以下の8つがあります。

 

  • 自社サイトで求人をおこなう
  • SNSを活用して求人する
  • Web求人媒体に求人情報を掲載する
  • 従業員に紹介してもらう
  • 人材紹介会社に登録する
  • ハローワークを利用する
  • 紙媒体で求人する
  • 合同企業説明会に参加する


これらの求人のアピール方法を知っておけば、応募への期待がより高まります。ここからは、求人方法をアピールする手段について詳しく説明します。

 
 

◆自社サイトで求人をおこなう


自社サイトでの求人は、ほかの求人媒体のように規定のフォーマットが存在しないため、企業のオリジナリティを出しやすいのが特徴です。
 
また、最近は、どの媒体から応募するかにかかわらず、求職者の多くが企業のサイトを閲覧するといわれています。ほかの方法で求人するとしても、企業サイトにも求人情報を掲載しておいたほうがよいでしょう。

 
 

◆SNSを活用して求人する


SNSを活用した求人方法は、ほかの方法よりも大幅にコストが抑えられる可能性があります。SNS経由でやり取りをすれば事前に求職者の投稿から人物像や考え方をチェックできるメリットがあります。
 
また、SNSで企業の求人情報を定期的に発信すれば、まだ就職・転職活動を行っていない潜在層にもアプローチすることができるでしょう。潜在層にアピールすることで、今後応募者が増える可能性もあります。

 
 

◆Web求人媒体に求人情報を掲載する


Webの求人媒体を利用すれば、全国の幅広い求職者に企業の求人情報をアピールすることが可能。仕事のジャンルや条件を絞って仕事を探すこともできるので、就職後のミスマッチを防ぎやすいのも特徴です。
 
また、採用人数に関わらず料金を一定にしているところもあります。どれだけ採用人数が多くても採用コストが圧迫されないので、大量に採用したい場合に適しています。必要に応じてオプションを利用すれば、他社よりもアピール力を高られるので、よりスムーズな人材確保につながるでしょう。

 

・Indeedなら無料(※)で求人情報を掲載可能


費用を抑えつつ企業が求める人材を確保したいのであれば、Indeedに求人を掲載するのがおすすめ。Indeedは、求人情報に特化した検索エンジンです。オプションを利用すれば、求人情報を多く表示できるので、さらに効率的に人材を集められる可能性が高まります。
 
また、Indeedは無料(※)で企業の採用ページを作成できるため、自社ホームページを作成する必要がありません。ウェブサイト作成の専門知識得たり手間をかけることなく求人掲載を始められます。
 
Indeedで求人広告を掲載する

 
 

◆従業員に紹介してもらう


企業の従業員であれば、ユニークな求人方法を実施していることを知人に伝えてもらいやすくなります。
 
具体的な業務内容や入社するメリットデメリットなど、現場の視点から企業の様子を説明してもらうこともできるので、採用後のミスマッチを防いで長期的に活躍してもらえるでしょう。

 
 

◆人材紹介会社に登録する


人材紹介会社に求人を登録しておけば、たくさんの求職者の中から求める人材を探してもらうことが可能。
 
応募に関するやりとりも代行してくれるので、企業側の負担を抑えることができます。成功報酬型の料金システムを設けているところを選べば、たとえ応募者が現れなかったとしても費用が発生しないので安心です。

 
 

◆ハローワークを利用する


公的機関であるハローワークは、求人情報を無料で掲載できるというメリットがあります。求人にかけられるコストが限られているという企業でも、気軽に求人情報をアピールできます。
 
国から「トライアル雇用助成金」を受給できる点も押さえておきましょう。ハローワークを通して雇用した場合、3カ月間所定の助成金を受け取りながら雇用できます。万が一、企業と従業員のミスマッチが生じたとしても、採用コストのロスを最小限に抑えることができるでしょう。

 
 

◆紙媒体で求人する


最近は、Web媒体を利用して求人する方法が主流になりつつあります。しかし、紙媒体を利用すれば、エリアや対象年齢といったターゲットを絞って求人することが可能です。
 
地域限定の情報誌などに求人を掲載すれば、地元のコンビニや駅といった場所で企業の情報をしっかりアピールできます。インターネットの取り扱いに不慣れなシニア層の応募も集めやすいので、必要に応じて紙媒体の活用も検討しましょう。

 
 

◆合同企業説明会に参加する


合同企業説明会は、大手求人サイトや地方自治体などが多数の企業を集めて、一斉に求職者に求人をアピールするイベント。主催者や開催地によって規模が異なるため、集まる企業や学生などの数に差がありますが、企業の魅力を多くの求職者にアピールできる理想的な機会となっています。場合によっては説明会で面接をおこなうところもあり、イベント中によい人材に出会うこともあるでしょう。
 
しかし、合同企業説明会が開催される地域は大都市に集中しがち。人が集まりやすいイベントは出展費用も高額な場合があり、さらに他社との差別化のため企画や装飾などに大きなコストをかけなければならないケースもあるので注意が必要です。採用担当者のスケジュール調整や移動時間などの労力も必要な点は言うまでもありません。

 
 

企業が求める人材を集めるためのアイデア

 
人物のアイコンが描かれたパズルをはめる手のアップのイメージ


企業が求める人材を集めるためのアイデアとして、以下の3つが挙げられます。

 

  • 求める人材をはっきりさせる
  • 採用目標を設定する
  • 求人内容が企業の方針とあっているか確認する


企業の戦力となる人材を集めるためには、適切な求人方法を考えられるようにしておくことが大切です。ここからは、魅力的な人材を集めるために知っておくべきポイントについて、詳しく説明します。

 
 

◆求める人材をはっきりさせる


求人方法を考える前に、まずは求める人材をはっきりさせておくことが重要。
 
ターゲットを明確に設定しておけば、どの媒体で求人をするか、どのようにアピールするかといった求人方法を考えやすくなります。一貫性のある求人ができていれば、候補者を選別する際の判断基準がブレるリスクを抑えて、必要な人材を効率的に確保できるでしょう。

 
 

◆採用目標を設定する


必要な人材を明確化させておくことも重要ですが、いつまでに何人採用するかといった採用に関する目標を数値化することも大切です。
 
目標を達成するためには、応募者数や内定辞退率、面接合格率といった細かい部分まで掘り下げて目標を設定することも考えておきましょう。採用計画を立て目標1つひとつに具体的な対策を設けて、必要な人材を期限までに確保できれば、スムーズに事業運営を続けられるようになります。

 
 

◆求人内容が企業の方針と合致しているか確認する


企業にとって戦力となる人材を集めるためには、今後の企業の方針に沿った求人を出す必要があります。企業の方針と異なる内容の求人を出してしまうと、入社した人材が活躍できない可能性があるからです。また、そうした人材の育成にコストがかかり、事業運営を妨げてしまうケースもあるでしょう。先述したユニークな求人方法においても、企業の方針と求人内容のすり合わせは必須となります。
 
時代の変化によって、企業にとって必要な人材は変化するものです。毎年同じような方針で人材を募集するのではなく、その都度企業の方針に合った内容で求人を出しましょう。

 
 

まとめ

 
ビル街でスーツを着た男性がジャンプしている様子を下から写したイメージ


ここでは、ユニークな求人方法を考えるべき理由や、オリジナリティある求人方法のアイデア、企業が求人する際に押さえておくべきポイントなどについて説明しました。
 
今後は働き手がさらに少なくなると予想されていることから、他社とは違ったアプローチをすることで、求職者に魅力を感じてもらえるような求人方法を考える重要性は高まっています。ここで説明した内容を参考にして、必要な人材を効率的に集められるような求人方法を考えられるようにしておきましょう。

 
 
 


 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。