中途採用の給料を決定、待遇や条件の交渉にはどう対応するべき?

話し合う男性社員と女性社員

中途採用を行う企業にとって、採用したい候補者からの待遇・条件交渉の対応は悩むポイントでしょう。認識の違いや入社後のトラブルを起こさないためにも、双方が納得できる落としどころを見つけるのが重要です。
 
中途採用における待遇や諸条件の交渉方法について、企業の採用支援コンサルを行うSeguros・代表コンサルタントの粟野友樹さんに伺いました。

求人を掲載

中途採用における給料の決め方

中途採用者の給料の決め方は、企業によっても様々です。一般的には、以下に挙げた3つの方法があります。

◆自社の人事制度に基づく

中途採用における社員の給与は、自社の人事制度に基づいて決めるのが最もポピュラーです。基準が明確なため、既存社員の給与とバランスが取りやすいメリットもあります。

◆転職市場を調査する

転職サイトや転職エージェントなどを通して、採用担当者が転職市場を調査する方法もあります。同業他社ではどのくらいの給与額に設定しているのかを確認できます。

◆厚労省「賃金構造基本統計調査」を参考にする

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」を参考にするのも一つの方法です。業界や従業員数、学歴・性別ごとに労働者の賃金の実態がまとめられています。

待遇・条件を交渉されたときはどのように対処する?


選考が進むと、採用したい候補者から年収などの待遇・条件について交渉されるケースがあります。候補者の要求にどのくらい応じるべきか、企業側で事前に検討しておきましょう。

◆交渉に応じるかは採用の緊急度・重要度で判断する

候補者が交渉してきたとしても、基本的には提示した金額から変更しないほうがいいと言われています。社内の人事制度が意味を成さなくなってしまったり、今後の採用における給与設定にも影響したりするためです。しかし、募集している職種やプロジェクトの緊急度・重要度が高いときは、交渉に応じることも検討せざるをえないでしょう。企業にとって無理のない金額を提示するようにしてください。

◆年収や待遇以外のメリットを提示する

交渉に応じられない金額を提示された場合には、「仕事内容の面白さ」「企業の将来性」など、金銭面以外のメリットを伝えるようにしましょう。自社や業務に魅力を感じてもらうことは、実際に入社した後のモチベーション維持にもつながります。

◆調整手当や入社一時金などでフォローする

場合によっては、「調整手当」や「入社一時金」などの一時的な手当で納得してもらうやり方もあります。入社後はどのくらいの期間で昇給するかなど、将来的な情報を伝えてフォローのも有効でしょう。

◆交渉の内容が事実かどうかを確認する

面接時などに口頭で交渉された場合は、交渉内容が事実かどうかを確認することも大切です。たとえば「現職年収が500万円で、3カ月後には600万円に上がる予定」「B社からは800万円でオファーが出ている」といった内容で交渉されることがあります。しかし、提示された金額が事実かどうかは判断しづらいものです。
 
この場合、源泉徴収票や直近3カ月の給与明細を提出してもらうことで確認できます。交渉に応じるか応じないかを正しく判断するためにも、企業側は遠慮せずに事実確認をしましょう。

中途採用の候補者と交渉を進める際の注意点

採用の優先度が高い候補者から交渉されれば、そのまま話し合いを進めることになるでしょう。ただし、交渉に応じる際はいくつか注意が必要です。
 
まず、中途採用者の年収は「既存社員とのバランスを取ること」が重要です。もし社内で前例のない条件で採用してしまうと、その情報が社内に伝わった場合、他の社員のモチベーションを下げてしまう可能性があります。さらに、企業側は採用した社員への期待が過度に高まり、働く側がプレッシャーに感じてしまうなど、両者にとってもあまりメリットがありません。
 
調整手当や入社一時金を出す条件で採用する場合も、手当がなくなったときに離職のリスクが高まります。手当や一時金がなくなってからも働き続けてくれるかどうかを、慎重に判断しましょう。
 
求職者にとって、給与は入社を決める上で大きなポイントです。そのため、中途採用ではときに金額を交渉される場面があります。しかし、後々のトラブルを避けるためにも、既存社員とのバランスを見ながら交渉を進めることが大切です。

 

 
参考:
厚生労働省『賃金構造基本統計調査』
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html


<取材先>
組織人事コンサルティングSeguros・代表コンサルタント 粟野友樹さん
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。
 
TEXT:稲垣恵美
EDITING:Indeed Japan + 成瀬瑛理子 +ノオト

 
“マンガで解説 

求人を掲載
準備はできましたか?求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。