求人原稿のわかりやすい書き方と例文

求人原稿のわかりやすい書き方と例文


採用活動にあたって必須となる求人原稿。しかし、どのような内容を盛り込めば、理想の人材が応募してくれるのかわからない……と悩んでいる採用担当者もいるのではないでしょうか。求人原稿を書く上で押さえておくべきポイントや、職種別の例文をご紹介します。

 

求人を掲載

採用につながりにくい求人の共通点


応募者が集まらなかったり、応募があっても希望する人物に出会えなかったり。いざ求人を掲載しても、人材を確保できないケースが多々あります。より求める人材像に近い求職者からの応募を増やすためには、求人原稿で自社の魅力や希望を伝えなくてはいけません。
 
採用につながりにくい求人原稿には、このような共通点があります。

 
(1)仕事内容が明確に書かれていない
(2)抽象的でわかりにくい(具体的な数字などが記載されていない)
(3)情報が少ない(勤務地住所、交通アクセスなどが記載されていない)
(4)未経験歓迎と謳いながら、専門用語が多い

 

内容の薄い求人を見て、企業側の熱意のなさを感じてしまう求職者もいます。まずは求人票の各項目をしっかりと埋め、求人原稿は会社の仕事内容のプレゼンだと思って作成することが大切です。
 

求人原稿に書くべき項目


求職者に「ここで働きたい」と思ってもらうために、まず自社の魅力や採用したい人材像、仕事内容をしっかりと伝える必要があります。求人原稿には、以下の項目を必ず書きましょう。

 
 

◆求人原稿に必ず書くべき項目


(1)仕事内容
一般事務」と職種名を書くだけでは、求職者がその職場で働くイメージを持つことが難しいでしょう。仕事で取り扱う商材やサービスの説明、仕事を進めるための手法・手段などを具体的に記載しましょう。
 
(2)求める人材
業務を行う上で、どんなスキルや技能、資格が必要なのかを明確に提示しましょう。
 
(3)勤務時間
出勤と退勤の定時、平均残業時間を記載します。1日の業務の流れを記載すれば、より職場の雰囲気が伝わりやすいでしょう。
 
(4)交通アクセス
勤務地の住所や最寄り駅からの所要時間を記載しましょう。
 
(5)給与・待遇・福利厚生
給与は「月給○○万円〜」と下限だけ書くと、高給が見込めないと捉えられる可能性があるので上限の金額も書くことをお勧めします。昇給・賞与などの待遇(福利厚生)は自社のアピールポイントになるので、詳しく記載しましょう。

 
 

◆必要に応じて書くべき項目


必須項目だけではうまく採用に繋がらない場合、下記項目を参考に内容を深掘りしてみるのも有効です。

 

  • 職務のポジション名
  • 仕事の目的
  • 仕事の裁量と責任
  • 仕事内容と範囲
  • 求めるスキルや技能、資格
  • 残業代支給の有無
  • 年間休日数の記載


特に「仕事内容と範囲」については、「どんな業務をどのように行うのか」「業務の範囲はどこまでなのか」等々、なるべく詳細に記述しましょう。
 
また、採用したい人物像を明確にし、伝えたい相手(ターゲット)が検索しそうな文言や訴求した情報を求人票に入れたり、入社後のミスマッチを防ぐために企業の雰囲気や文化を言語化して書いたりすることもお勧めです。文章で伝えきれない場合は、写真をうまく活用しましょう。

 
 

求人原稿におけるNGワードと表現


求人原稿は、厚生労働省のガイドラインに従って執筆する必要があります。厚労省では最低限明示しなければならない労働条件の項目のほか、年齢や性別を限定することを禁止した採用・選考時のルールも公表しています。そのため、以下のようなワードを求人原稿に入れてはいけません。
 
「20代歓迎」
「年齢不問 (若手歓迎)」
「女性歓迎・限定」
「学生限定」

 
 

模範となる求人原稿の例文3選


求人に書くべき項目とNGワードを理解したら、いよいよ求人原稿を書いてみましょう。ここでは、模範となるような求人原稿を職種別にご紹介します。なお、例文では勤務時間や交通アクセスなど企業ごとに異なる項目は省いています。

 
 

◆営業職の例文


こちらの原稿は、ライフワークバランスに言及している点や、職種にありがちなデメリットを払拭している点がポイントです。
 
【求人原稿の内容】
経験不問! 学歴不問! 研修制度も充実しているので、安心して長く働ける環境です。ノルマなし! 成果に応じて歩合給もありますので、やりがいを持って働くことができます。また、社内レクリエーションなども豊富で、スタッフは明るい雰囲気で働いています。スタッフ全員が働きやすい環境づくりに力を入れていますので、残業や休日出勤はほとんどありません。ご家族のいらっしゃる方は、家族と過ごす時間もしっかり作ることができます。人と接すること、明るく会話ができることに自信がある方、歓迎です。
 
【具体的な仕事内容】

  • 訪問、電話等を使ったお客様への営業
  • 営業先の選定、管理業務
  • お見積もり作成、プレゼンテーションとその準備
  • お仕事の受注、手配
  • 集金、アフターフォロー

 
 

◆エンジニア職の例文


こちらの原稿は、具体的な業務内容や必要なスキルの情報が入っているのがポイントです。
 
【求人原稿の内容】
Webシステムエンジニアとして下記の仕事をお願いします。

  • Webシステムにおけるコンサルティングや設計
  • Webシステムの開発
  • クラウドサーバーやVPSの設計
  • ITに関するその他各種コンサルティング


【開発環境】
AWS上にLaravelやcakePHPを用いてWEBシステムの構築を行っています。
 
【社内ツール】
G suite、Slack、Git、Jiraなど技術者が働きやすい環境となるように、クラウドをベースに社内ツールを常に進化させています。
 
【PRポイント】
クライアント先常駐なし、直取引のお客さまがほとんどで、良好な関係を維持することによってほぼ残業のない環境を実現しています。今回は業務拡大に伴い、システムエンジニアとプログラマーを募集しています。
 
【応募条件】
<必須>コンピュータ言語の学習、およびプログラミング経験(経験1年以上)がある方

  • PHPでの経験がある方優遇、実務ではなく個人的な開発でも大丈夫
  • 服装自由、髪型自由、髪色自由、ヒゲOK、ネイルOK、ピアスOK
    (クライアント打ち合わせ時は、スーツやジャケットの着用をお願いすることがあります)

 
 

◆サービス職(フロント)の例文


人気キーワード等が入っている点、職場の雰囲気が伝わる点を意識してみましょう。
 
【求人原稿の内容】
新規スタジオオープンにつき、フロントスタッフを募集中。お客様対応業務に従事いただきます。社員が業務全般やお客様との話し方など丁寧に教えていきますので、未経験の方も安心。お客様に楽しみながらご利用いただくサポーターとして、明るい雰囲気で働ける職場です。オープニングスタッフとして、みんな揃ってのスタートになります。スタッフ全員で楽しい職場を作りましょう。フロント勤務経験がある方は歓迎。また、学歴不問・第二新卒の方も歓迎します。
 
【具体的な仕事内容】

  • 接客、レジ業務
  • お客様へ施設内の説明
  • 新規のお客様への案内
  • 書類作成、データ入力業務
  • 各種手続きの対応

 
 

求人原稿は求職者への自社のプレゼン資料! 抜かりない求人票を


採用活動は雇用側が求職者をただ選べばいいのではなく、求職者からも選ばれる必要があります。採用活動の最初のステップともいえる求人原稿は、不特定多数の求職者に自社を知ってもらえる有効な手段。ぜひこれらのポイントを押さえて、求職者の心をぐっと掴むプレゼン資料のような求人原稿を書いてみてください。

 
 
 


参考文献:
厚生労働省『採用・選考時のルール』

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/saiyou_senkou_rule.html


<取材先>
Indeed Japan クライアントサクセス
 
TEXT:中森りほ
EDITING:Indeed Japan + ノオト

 

求人を掲載
準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。