Indeedのひとつ上の使い方。求職者を振り向かせるテクニック3選


採用活動にIndeedを使い始め、求人情報の掲載が自由にできるようになったところで、もう少し多くの求職者に見てもらえるようにしたいと考えている採用担当者の方も多いのではないでしょうか。
そんな時、Indeedを使って求人情報を探す時の求職者の目線に立ってみると、自社の情報をより魅力的に発信するためのポイントが見えてくるかもしれません。ここではIndeedでの採用活動をさらにレベルアップするために活用したい機能やノウハウを解説します。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

クチコミ掲載:求職者は第三者目線の情報に信頼性を感じる


自社にとって都合の良い情報だけを発信していても、入社後に「話が違う」と早々に退職されてしまう可能性があります。そのため、求職者にとって重要な情報源である企業に寄せられるクチコミは、求人企業にとっても情報の透明性という観点からも価値あるものと言えるでしょう。

 
 

◆Indeedの「クチコミ」機能

 
求人検索エンジン「Indeed」のクチコミ掲載画面

Indeed内に作成される「企業ページ」には、ユーザー投稿による企業に関する評価と「クチコミ」が掲載されます。従業員に自社に関する「クチコミ」を書き込んでもらうことで、企業風土や待遇面などの情報を第三者目線からアピールできます。
 
企業ページからは、自社についた「クチコミ」へ返信することもできます。
 
また、「スポンサー求人」で一定以上の金額を使用した場合に利用できる「企業ページ」のアップグレード版「企業ページプレミアム」を使えば、 目立たせたい「クチコミ」を「注目のクチコミ」として強調して表示させることもできます。
 
Indeedの「クチコミ」機能について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
Indeed(インディード)の「企業クチコミ」を利用して、情報の透明性を高めよう

 
 

タグ表示:検索結果では多くの求人情報が表示される。他社の求人に埋もれない工夫が必要

 
求人検索エンジン「Indeed」のタグ掲載画面

Indeedの検索結果には、入力したキーワードに該当する求人情報が一覧で表示されます。多数の求人情報が該当する場合、もしかしたら自社が掲載している情報が求職者の目に留まらずクリックされない恐れがあります。
 
そこで活用したいのが「タグ」機能です。「昇給・昇格あり」「即日勤務OK」「急募」など、企業の求人情報のうち注目すべき項目をピックアップして目立たせて表示することができます。

 
 

◆「タグ」の設定方法

 

・直接投稿の場合


最大3個まで「タグ」を手動で設定することができます。選択できる「タグ」は次の9つです。

 

  • シニア応援
  • 社員登用あり
  • 昇給・昇格あり
  • 残業なし
  • 週1日からOK
  • 週2〜3日からOK
  • シフト自由
  • 高収入
  • 交通費支給
  • 即日勤務OK
  • 急募
  • 駅から5分以内

 

・クローリングの場合


上記9つの「タグ」に該当する文字が求人情報に含まれている場合、自動で「タグ」が表示される場合があります。
 
Indeedの「タグ」機能について、活用方法など詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
クリックしたくなる求人情報とは?Indeed(インディード)でスルーされないタグの使い方

 
 

写真の掲載:職場の雰囲気や業務の内容をより正確に伝えるために写真は重要


求人情報を掲載する際、テキストだけでは表現することが難しい要素もあると思います。特に職場の雰囲気や詳細な仕事内容などは、求職者としては気になるポイントですが、言葉で正確に伝えることは簡単ではありません。
そんな時にはぜひ、写真を上手に活用してみてください。Indeedではスマートフォンページで求人情報に写真を掲載することができます。

求人検索エンジン「Indeed」スマートフォンページでの写真掲載画面
 
 

◆写真掲載のメリット

 

・文章で表現しにくい情報を、ひと目で伝えることができる


たとえば、オフィスの景観を伝える場合、「広い」や「開放感」といったワードだけではすぐにイメージするのは難しいでしょう。また「オフィスの広さ」といっても、気になるポイントは求職者一人ひとり異なるので、それら全てに対応した情報を盛り込むことはできません。
 
そんな場合でも、写真を掲載することで、オフィス全体の広さはイメージがつきますし、作業スペースや収納も一目で分かります。「オフィスの様子」以外でも、「社員の雰囲気」「業務で扱う商品や道具」なども、写真を掲載することでより多くの情報を与えられるでしょう。

 

・採用したい人材に、より適した情報を発信できる


法律により、人材募集の条件として性別、国籍、出身地などを限定できないことになっており、また原則的に年齢制限を行うことも禁止されています。(※1)加えて、Indeedの「求人掲載に関する一般規約」でも「差別に関する規約」として定められています。
 
その一方で、たとえば「女性向けの商品を扱っていて、女性の気持ちが分かる人に来てほしい」といったの課題を抱えた企業もあるでしょう。そのような場合は、女性向けの商品を販売するスタッフを求める際、女性向けだと分かる商品や店舗を選んで写真に載せましょう。20代の若い人を採用したいのであれば、「同年代との接客が主な業務である」など業務内容の詳細と採用にあたっての目的を明記した上で、欲しい人材に近い年齢層の社員が複数名映った集合写真を掲載するなどの工夫が有効です。
 
このように文章で表現できなくても、採用したい人材に適した情報を発信できるのが、写真の強みです。企業と求職者のミスマッチを防ぐことも期待できます。
 
(※1)職業安定法第3条、第5条の4、雇用対策法第10条など

 
 

◆写真の掲載方法

 

・Indeed内から直接掲載


Indeedの申請フォームに直接入力して、自身のスマートフォンなどから画像を投稿する方法です。
アカウント開設後、「オリジナル採用ページ」を作成することで写真を掲載できるようになります。

 

・クローリング


自社サイト内にある求人情報ページをIndeedに直接読み込んでもらう方法です。
こちらの方法では、Indeedで企業の求人情報の詳細を見ようとした求職者を、自社の求人ページへ誘導することが可能になります。
なお、このクローリングを行うには、「求人情報に応募ボタンの導線がある」など、一定の条件を満たしている必要があります。

 
 

◆ 写真掲載の注意点

 

  • 像形式はPNGもしくはJPGのみ
  • 写真サイズは300×300ピクセル以上を推奨
  • 画像の容量は2MBまで
  • 掲載可能な写真は最大5枚まで


写真がうまく表示されない場合は、この4つのポイントを確認するようにしてください。
お手持ちのスマートフォンで撮影いただいた写真であれば、基本的には掲載が可能な場合が多いです。
 
写真掲載について、掲載方法の詳細や活用例などについて知りたい方はこちらをご覧ください。
Indeed(インディード)のスマホ求人に「写真掲載」をする方法。魅力的な写真のコツも解説

 
 

ちょっとした工夫で、採用活動はもっと効率化できる


以上、Indeedに用意されている採用活動を効率化するための便利機能を解説しました。
 
どの機能もシンプルで、使いこなすために専門知識は必要ありません。求職者の目線に立って工夫すると、きっと採用活動を効率的に行えることでしょう。

 
Indeedが人材募集を サポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。