臨床心理士の求人広告の書き方

求人広告は採用企業と求職者をつなぐスタート地点です。数多くの求人案件の中から、貴社の求める人材に貴社のポジションを見つけてもらうためにはどんな工夫が必要なのでしょうか? ここでは効果的な求人広告を書くためのコツやサンプルを紹介していますので、ぜひご参考になさってください。

求人を掲載

お仕事をお探しの方はこちらから求人検索

臨床心理士の職種名

職種名を書く際にはできるだけ一般的な用語を使いましょう。その分野で最も検索ワードとして利用される言葉に合わせると検索結果にもヒットしやすくなります。また、募集しているポジションのレベルやおおよその仕事内容、必要とされる知識や経験なども簡潔に表現されていることが望ましいです。特に専門的な職種の場合はそれを明示しましょう。逆に社内用語や略語は避けましょう。一般的に理解されない職種名は求職者からも選ばれにくくなります。

臨床心理士の職種名の例

    臨床心理士
    クリニック勤務の臨床心理士
    総合病院勤務の臨床心理士
    大学病院勤務の臨床心理士
    心理カウンセラー

臨床心理士の仕事の概要

まず、導入部分として、そのポジションの概要や社内での役割を簡潔に説明します。求職者の最初の関心を引く部分なので、説得力のあることが重要です。会社の概要、募集背景、このポジションに期待されることなどを書きます。活動内容や責任範囲を読んで、求職者は自分に適している仕事かどうか、自分にもできるかどうか判断できます。

臨床心理士の仕事概要の例

開業1年、最新設備の揃った当クリニックで、臨床心理士として働いていただける方を募集しています。患者さんの心を支え、サポートを行う仕事です。チームで医療を行なうため、それぞれの担当者が協力し、スキルアップを目指しています。実務経験の浅い方、ブランクのある方もお気軽にご相談ください。スキルアップのためセミナーへの参加や、外部の講師による勉強会も行なっております。

臨床心理士の職務内容

求人広告において職務内容は最も大切な部分です。このポジションの人が日々遂行する職務の内容、組織の中でどのように機能するのか、誰に報告するのかなどを詳しく説明します。

臨床心理士の職務内容の例

    カウンセリング
    予診(インテーク)
    心理検査
    各種書類作成補助
    電話対応業務

臨床心理士の応募要件

このポジションに必要なスキルや資格を説明します。学歴、過去の経験、資格、技術スキルなどが含まれます。それ以外のソフトスキルや個々の特性なども詳しく説明することで、求める人材に近い候補者が応募するようになります。しかしながら、あまりに多くの要件を書き連ねると、よい候補者まで応募を躊躇してしまうかもしれません。応募要件は簡潔に保つつ、関連性の高いキーワードや用語を含めることがコツです。

臨床心理士の応募要件の例

    臨床心理士免許をお持ちの方
    電子カルテに対応できる方(研修あり)
    当院の理念に沿って頑張れる方
    明るくチーム医療のできる方
    新しいチャレンジに意欲的な方


臨床心理士の求人を投稿する準備はできましたか?

求人を掲載

こちらもあわせてお読みください。


Card image cap

ペルソナ作成で
候補者を獲得

Card image cap

求人を強化するための
マーケティング戦略

Indeed に求人広告を
掲載する方法